【新商品】好きな時に好きな場所で オトナの遊び心に応える 組み立て式焚き火スタンド

シーンに合わせて2通りの使い方が選べる、持ち運びも手軽なケース付きの組み立て式の焚き火スタンドです。

近年のアウトドやひとりキャンプのブームにより、コンパクトで手軽に焚き火を楽しめる「焚き火台」の人気が増えています。にもかかわらず、大きい・重い・ 耐久性や安全性が十分でないなど、既存の焚き火台に満足出来ないユーザーも多数いました。そんなニーズに合った新しい提案として、創業50年以上の板金加工の会社、株式会社小沢製作所(所在地:東京都青梅市、代表:小沢 昌治)が組み立て式焚き火スタンドを開発しました。
焚き火スタンドの発表に合わせて、応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を利用してクラウドファンディングに挑戦しています。
Makuakeクラウドファンディングページ

https://www.makuake.com/project/moss/

 

組み立て式焚き火スタンド11特長】
(1) 2WAY:組み合わせかたで2通りの形状・サイズに

 

 

 

同じ形のプレートが5枚で1セット。4枚で組み立てるとコンパクトで高さのあるタイプ、5枚で組み立てると開口部が広く地面に近いタイプ。シーンに合わせて2通りの使い方が選べる、組み立て式の焚き火スタンドです。

(2) デザイン:機能から生まれた無駄のない構造的な美しさ

熱によるプレートの変形を抑えるための通気孔の規則的な形状。軽量化と強度のバランス、焚き火の熱を脚部に伝わりにくくするためのトラス構造。細かな機能設計から導き出された、無駄のない洗練された美しさは、道具としての魅力を宿しています。

(3) ケース:15inchノートPCサイズのアルミケース

雑誌やノートPCのような感覚で、バックパックなどに入れて外へ持ち出せるアルミケース。使わない間に部屋の中やガレージ、車の中などに保管しておく時にも場所を取らず、コンパクトでスタイリッシュ。アルミ材にアルマイト処理を施すことで汚れや擦り傷に対し耐久性を高めています。

(4) 活用:ちょっとした工夫で色々な用途に使える

プレートの上面部分にはU字カットを複数設けており、お手持ちのスキュアー(串)等を活用することで色々な用途を楽しめます。スタンドに立掛けて串刺しのものを炙り焼きにしたり、横にブリッジに組んでケトルやメスティンを火にかけたりすることもできます。

(5) 燃焼力:独自の通気孔設計

独自の外気取り込み用の通気孔を設計しました。テストを繰り返す事で、サイズや配置を調整しています。ロストルの位置、ロストル下の開口面積の最適化などで美しい炎が立つ燃焼性を確保しました。また、通気孔は灰のセルフクリーニング用も兼ねているので、薪の隙間を確保するだけで空気が循環し、高い燃焼性を実現しています。

(6) 炎:薪組の楽しさと美しく安定した炎

箱型、V字型、皿型など様々な形状の焚き火台がありますが、四角形・五角形の多角形型を採用した理由は「炎」にあります。薪の組み方や炭の配置などを工夫することは直焚き火の楽しさのひとつ。基本的な薪組みから独自の組み方など、炎の強弱や持続性のコントロールを学びとともに楽しんでいただけます。また、火起こし時に少量の炭を加えておくことで焚き火の安定性と持続性が増します。

(7) 設置:設置柔軟性の高い構造
アウトドアでは石、岩、砂利、木の根など、設営場所が平坦だとは限りません。設置場所の地形へフィットしやすいように脚部の可動域がある構造に設計しました。脚部の可動域があることで地面との接地性を上げ、横転の危険性を出来る限り減らしました。

(8) 安全性:落下危険性・分解危険性・熱伝導性への考慮
火は危険なものという前提で、簡易な折り畳み式ではなく「組み立て式」を採用。組み立て後の安易な分解の危険性を下げられる強固な嵌め込み構造にしています。脚部に穴を開けることで、やけどの危険性をできる限り少なくするために熱伝導性を低減させ、同時に強度が保たれるようにトラス形状にしました。重量は、2Lのペットボトル飲料を下回る約1.9kg。持ち運びやすいだけでなく、製造業の「安全第一」視点から落下時の危険性を考慮して、できる限り軽量化をするためにプレート1枚の重量を細かく調整しながら設計しています。

(9) 材:幾度のテストから導かれた適材の選定
適材選定のための開発テストにおいて、幾度も高温度域燃焼テストと加減熱テストを実施。薪では得られない長時間の高温域で検出された中心温度は914.1℃ (国産メーカー赤外線高温測定機での測定)。このことからステンレス鋼の中でも耐熱温度980℃の高い耐熱特性と耐酸性を有するオーステナイト系ステンレス鋼SUS309Sを採用しています。

(10) 強度:工夫の詰め込まれた耐熱性能
ステンレスも金属である以上、必ず熱による膨張等変質は起きます。特に炭を使用して高温が持続する環境では起きやすくなります。通気孔の数と配置などを工夫し、加工や強度の見直しを何度も重ねることで歪みの可能性を限りなく抑えるとともに、同じ方向に歪みが発生するように集約し、熱による歪みと組み立て強度の低下を最小限にする工夫を施しています。

(11) 製作:薄板金属の匠が作る純日本製
長年にわたり薄板金属の勘合製造を生業としてきた金属加工業の会社が、金属の特性と真剣に向き合って開発した100% MADE IN JAPAN。アウトドアで使う道具でも品質には妥協せず、機能も外観も最高水準を目指して製造しています。

【商品概要】
組み立て式焚き火スタンド
■内容物 プレート5枚、ロストル2種(四角形用1枚、五角形用1枚)、専用アルミケース1 

■サイズ (高さ×幅×奥行)※組み立て時 4枚組 約195×210×210mm/5枚組 約145×340×323mm/ケース 約25×225×315mm
■重量 本体 (専用プレート5枚+ロストル2種) 約1.21kg/ケース 約0.69kg/合計 約1.9kg
■材質 耐熱オーステナイト系ステンレス鋼 SUS309S
■垂直耐荷重 4枚組 約10kg/5枚組 約7kg
■販売価格 ¥27,500(消費税込)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小沢製作所 >
  3. 【新商品】好きな時に好きな場所で オトナの遊び心に応える 組み立て式焚き火スタンド