クリニックフォアグループのオンライン診療・低用量ピルをご利用いただいている皆様へ

 クリニックフォアグループ(以下、当グループ)では、このコロナ禍において、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐという観点から、厚生労働省および関連行政機関の規制・ガイドラインを踏まえた上で、オンライン診療を行っております。

 国内未承認薬(海外より輸入する医薬品)について当グループは、
  • 既に多くの患者さまが、不審なサイトを通じて、海外より個人輸入で薬剤を購入している実情があること
  • 経済的に費用の高い医薬品の処方を受ける余裕がない方がいること
等を考慮し、女性への幅広い選択肢を用意する観点から処方を行ってまいりました。

 しかしながら、この度、令和2年12月の「第13回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」において、国内承認薬の適応外処方・国内未承認薬(海外より輸入する医薬品)に関しては、今後オンライン診療での処方を制限するという議論がなされました。

 現時点で国内未承認薬の処方がオンライン診療で制限されているわけではありませんが、検討会において示された今後の方向性は、重要かつ遵守すべきものと当グループは考えております。

 そこで当グループとしては、本議論結果を尊重し、ガイドラインが変更される前に、初診・再診に関わらず、国内承認薬の適応外処方・国内未承認薬(海外より輸入する医薬品)のオンライン診療での処方を順次終了する方針とさせていただくことにしました。

 また、既に海外製ピルを継続使用されていた患者さまの中にも、実際にガイドラインが変更されるのを待たずに、先行して国内製ピルへの変更を希望される方がいらっしゃるであろうことを考慮し、以下の対応を取らせていただきたいと考えております。
  • 「海外製マーベロン」「海外製ヤーズ」の処方を受けて定期配送を行っている患者さまは、医師の診察を改めて行い(診察は無料で実施致します)、新たに国内製ピルの処方を行います。
  • お手持ちの海外製ピルに関しては、医師の診察を行い(診察は無料で実施致します)、代替となりえる国内製ピルの再処方を含め、ご希望を踏まえながら適切に対応させていただきます。
以上に該当する方に関しては、下記のリンクより、当グループまでご連絡を頂くようお願い致します。

<お問い合わせフォームはこちら>
https://forms.gle/wXfdyUa6NVrAHNT87

 なお、これまで取り扱っていた海外製ピルに関しても、あくまで正しく行政機関の審査・手続きを通過し、適切な医師の診療および投薬内容についての説明を行なった上で処方させていただいていたものです。

 一部の業者において、不安を煽るような主張がなされていますが、事実とは明確に異なっております。この点に関して過剰なご心配を頂く必要はございません。

 国内製ピルへの変更をご希望される患者さまや、少しでもお薬にご不安を抱かれている患者さまにつきましては、当グループまで直接ご連絡頂くようお願い致します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クリニックフォアグループ >
  3. クリニックフォアグループのオンライン診療・低用量ピルをご利用いただいている皆様へ