LVMHジャパン 女性の再就職とキャリアアップをサポートするプログラムを2021年4月15日より始動

国際ファッション専門職大学および専門学校 モード学園とのパートナーシップのもと実施

LVMHジャパンは2021年4月15日より、女性の再就職とキャリアアップをサポートする「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」をスタートいたします。本プログラムは、主に結婚・出産・育児・介護などの理由で離職せざるを得なかった女性および性自認が女性の方を対象とし、その再就職をサポートするため、ファッション、コスメティックス、ウォッチ&ジュエリーの販売における専門的な知識と経験を得るための学習機会とトレーニングを提供するものです。4月15日にスタートする第1回目の「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」には、ファッション業界での経験者に限らず、さまざまなバックグラウンドを持つ12名を迎えます。


本プログラムは50年以上にわたりファッションと美容の分野における才能を育成する学校法人 日本教育財団の国際ファッション専門職大学および専門学校 モード学園とのパートナーシップのもとに実施され、知識や理論の学習と実務でのトレーニングの両面から受講生のスキルアップをサポートします。参加者は1年間にわたり両校の総合校舎コクーンタワー(50階)にてファッションと美容の基礎知識を学ぶ座学授業や、接客やメイク、スタイリングの実習授業、国内外のビジネスリーダーによる講義などの特別カリキュラムを受講。同時に LVMH傘下ブランドまたは部門のスペシャリストをメンターとして店舗でのトレーニング(インターンシップ)を実施、クライアント・アドバイザーとしての実務経験を積みます。
 

4月15日記者会見。左から柴田誠(東京モード学園校⾧) 後藤京子(学校法人日本教育財団理事) 近藤誠一(国際ファッション専門職大学学⾧) ノルベール・ルレ(LVMH JAPAN 代表取締役社⾧) ステファン・ヴォワイエ(LVMH JAPAN HR SVP)4月15日記者会見。左から柴田誠(東京モード学園校⾧) 後藤京子(学校法人日本教育財団理事) 近藤誠一(国際ファッション専門職大学学⾧) ノルベール・ルレ(LVMH JAPAN 代表取締役社⾧) ステファン・ヴォワイエ(LVMH JAPAN HR SVP)

「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」受講生は、特別カリキュラムの授業料は免除され、さらに職場実習期間には生活支援の手当が支給されます。本プログラムの1年間にわたる授業およびトレーニングを終了すると卒業証書が授与され、LVMH傘下ブランドでクライアント・アドバイザーとしての就職チャンスを得ることができます。2021年のプログラムでは「ブルガリ」「セリーヌ」「クリスチャン・ディオール・クチュール」「フェンディ」「フレッド」「ゲラン」「ロエベ」「ロロ・ピアーナ」「ルイ・ヴィトン」「マーク ジェイコブス」「パルファン・クリスチャン・ディオール」「タグ・ホイヤー」が参加しています。


LVMHジャパン代表取締役社長 ノルベール・ルレは本プログラムについて以下のようにコメントしています。
「このたび日本で、国際ファッション専門職大学と専門学校 モード学園とのコラボレーションの下、『ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム』をローンチできることを大変嬉しく思います。LVMH では常に、パーソナルライフ バランスを踏まえた上で、女性のプロフェッショナル キャリアを実現することに情熱を注いでいます。その観点から、女性の復職を支援することは非常に重要であると同時に、高い意欲を持つ新しい才能を迎え入れ、LVMHならではの専門的な知識を継承することを目指しています。女性の活動を支援することにより、日本社会全般に貢献し、すべての人にとってより良い未来へ繋がると確信しています」。

「日本では、働く女性の約3分の2が結婚や出産を機に離職しており、また経済危機やリストラの影響を最初に受けるのも女性です。多くの女性たちが復職を望まれていますが、フルタイムの仕事に戻ることは容易ではありません。LVMHにとって、『ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム』の設立を通じて日本の女性の復職を支援することは、重要な使命だと考えています」とLVMHジャパン 人事担当シニア・バイスプレジデント ステファン・ヴォワイエは語っています。
 

学校法人 日本教育財団 理事 後藤京子は本プログラムについて「今回のLVMHのプログラムに我々の教育内容が認定されたことで、人材育成を通じて社会全体への貢献につながる教育活動ができることを嬉しく思います。本学では卒業生が活躍することが何よりの財産だと考え、在学中の就職指導だけではなく、卒業後の転職や再就職の就職指導をサポートする『生涯バックアップシステム』を導入し、これまで結婚や出産後のタイミングで就職指導を活用した卒業生もいます。またキャリアアップに必要なスキルを身につけることができるよう夜間や土曜に短期コースも設置するなど、これからも女性はもちろん、社会人の学び直しにも貢献していきたいと考えています。」とコメントしています。

「ME(Métiers d’Excellence)」インスティチュートはLVMHがパリにて2014年に創設した独自の職業訓練プログラムで、若い世代や新たなキャリアを模索する人々のクラフツマンシップや販売技能の習得などを図り、雇用開発することを目的としています。これまでにヨーロッパ4か国で31のプログラムを実施し、約1000人が受講してきました。「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」は、アジア初のプログラムとなります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン株式会社 >
  3. LVMHジャパン 女性の再就職とキャリアアップをサポートするプログラムを2021年4月15日より始動