【極真空手】国内最大規模のジュニア大会「グランドチャンピオン選手権」開催のためにクラウドファウンディングプロジェクトを発足

コロナ禍で失われた子ども達の晴れ舞台を取り戻したい!

一般社団法人国際空手道連盟極真会館 関西総本部は、ジュニア大会開催に向けて準備の一環で2021年5月9日よりクラウドファウンディングプロジェクトを立ち上げます。
2020年『極真空手 グランドチャンピオン決定戦』は、新型コロナウィルスの影響で開催中止となりました。今年はその振替開催という位置づけで、運営スタッフともども今年の開催に向けて活動しています。昨年のクラウドファウンディングサービス「キャンプファイヤー」においてプロジェクトを立ち上げました。

【プロジェクトページ】
https://camp-fire.jp/projects/view/427195
 



『オープントーナメント グランドチャンピオン決定戦』とは


『オープントーナメント グランドチャンピオン決定戦』は、グランドチャンピオン決定戦は各都道府県の厳しい選考試合を勝ち抜いてきた、いわば少年少女のための全日本大会です。カテゴリは小学1年生から高校3年生まで年齢ごとに分かれ、同世代のライバルたちとしのぎを削り日本一を目指します。ジュニア大会としては一番歴史が古く、1996年から続く由緒ある大会です。

今では日本だけにとどまらず、わざわざ海外から遠征してくる選手も珍しくありません。日本という枠に捕らわれない、国際的な大会としてその意義はどんどん大きくなってきています。

この意義ある大会を成功させるため、クラウドファウンディングでは大会優勝者からのお礼の直筆メッセージメール、極真オリジナルグッズなどさまざまなリターンを用意しています。

 


大会概要


【日程】
6/26 グランドチャンピオン決定戦(小学生)
6/27 グランドチャンピオン決定戦(中学・高校生)・全日本ウエイト制
【会場】
エディオンアリーナ大阪
【感染症対策内容】

大会開催にあたって、当日は感染症対策を徹底します。

  • マスクの着用を義務化
  • 選手の付添人数の制限
  • 消毒・検温の徹底
  • 追跡システムの実施
  • 午前と午後に試合時間を分けての開催&選手の入場規制
  • 座席のソーシャルディスタンス実施
  • 選手と小学生以下の選手の付き添いのみ会場内入り可能、それ以外は観戦席で観戦
  • セコンド無し
  • 声をあげての応援無し


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人国際空手道連盟極真会館 関西総本部 >
  3. 【極真空手】国内最大規模のジュニア大会「グランドチャンピオン選手権」開催のためにクラウドファウンディングプロジェクトを発足