東京ドームシティ 屋内型キッズ施設 「ASOBono!(アソボ-ノ)」10周年リニューアルオープン!-館内の一部リニューアルと新遊具を導入-

 東京ドームシティの屋内型キッズ施設「ASOBono!(アソボ-ノ)」は、2021年8月に開業10周年を迎えます。アソボ~ノ!では、10周年を記念して、館内の一部リニューアルと新遊具導入を実施し、7月1日(木)にリニューアルオープンします。

 10周年を迎えるアソボ~ノ!は、開業以来「親子がいっしょに楽しめる・遊べる」をコンセプトに今後さらに、安全安心で使いやすい施設として、お客様のさらなる満足度向上を目指します。
 

 


●リニューアルオープン日:2021年7月1日(木)
  ※6月17日(木)~30日(水)の14日間は工事・準備のため休館

●館内リニューアル概要
 アソボ~ノ!の5つのエリア(アドベンチャーオーシャン、トイフォレスト、プレジャーステーション、カラフルタウン、ハイハイガーデン)の全てのエリアで一部リニューアルを行います。

アドベンチャーオーシャン -体を使って元気に遊ぶ海のエリア-
 エリア全体を海に見立てた、思い切り体を使って楽しむエリアです。都内最大級のボールプールには、高さ約  10メートルの船が浮かび、さまざまな仕掛けを楽しめます。また、クライミング(壁登り)やすべり台など、広いエリアならではのアトラクションが充実しています。

 今回のリニューアルでは、ボールプールの仕組みを一部変更、複合遊具の入れ替えに加え、音楽が楽しめるミュージックエリアが新たに加わり、体のほかに感性を刺激する遊び機能がさらに充実します。
※アドベンチャーオーシャンエリアのボールプールは、すべてのボールに抗菌コーティング(デルフィーノ)を実
   施しております

デルフィーノとは・・・光触媒(酸化チタン)、抗菌触媒(銀)、三元触媒(プラチナ)などの触媒を組み合わせることで、それぞれの触媒反応が持つ効果を相乗的に発揮させながら、それぞれの弱点を補うという発想の抗菌・防臭剤です

◎船のリニューアル
 船の帆にあるいくつかの穴にボールを投げ込み、一定程度たまると上からボールが降ってきます。
また、帆のデザインが開業以来、初めて変更されます。

◎複合遊具の入替え
★橋のかかった2つのタワー。登る・渡る・くぐるなどの動きなど、多様な動きを引き出す複合遊具。
全長4m、高さ2mを誇る遊具は、遊び場全体を見渡す港の監視塔のような存在として、ごっこ遊びの舞台にもなります。
 

タワー

バランスポール

★バランスポールは、繰り返し試してみたくなるネット遊具。
 全身でバランスを取りながら、4本のロープ・ディスクを使って渡っていきます。足をかけるごとに揺れるロープをうまく伝いながら、こども同士で渡る順番を決めるなど、コミュニケーションの場にもなります。

◎ミュージックエリア新設
 「音×からだ」のゾーンに加え、新たな遊びの可能性をひろげます。

★パーカッションミュージックパネル
 太鼓が3つ設置されたパネル。隣のシロフォンと合わせて、
大きく体をうごかしながら、演奏を楽しめます。

★シロフォンミュージックパネル
 ゴムの部分を弾いたり、叩いたりして音を鳴らすパネル。どの順序で叩いても心地よい曲に聞こえる音で構成されています。
 

パーカッションミュージックパネル
 

シロフォンミュージックパネル
 

アドベンチャーオーシャン

トイフォレスト -いろいろなおもちゃで楽しく遊ぶ森のエリア-
 ボードゲームや知育玩具、組み立て遊びなど、さまざまなおもちゃがそろったエリア。
   
   今回のリニューアルでは、玩具の入れ替えとともに、居心地の良い空間演出を充実させます。

◎レールブロック導入
 一人遊びだけでなく、協力して1つの作品をつくることもでき、協調性も育まれる特長があります。ボールを転がすことで、ピタゴラス装置と呼ばれるからくり装置を作ることができて、遠心力などの科学的な動きも体感します。このような遊びは、学力(特にプログラミング教育)の土台となります。
 


◎居心地の良い空間演出
 その場にとどまりたくなる居心地の良い空間に。全面人工芝に張り替え、プロジェクションマッピングを導入。「親子で休める」要素を付加します。
 

トイフォレスト

プレジャーステーション -発想力を育てる駅のエリア-
   約100㎡の広いエリアで自由に電車のレール(プラレール)を展開できたり、さまざまな種類のミニカー(トミカ)を走らせたり。発想次第で遊び方が広がります。

   今回のリニューアルでは、丸みのあるやわらかいブロックのポリエムを導入、新たな乗り物も導入し触れるジオラマを設置します。

 ◎ポリエムの導入
  ポリエムは、大きな丸みのあるやわらかいブロックです。とがったエッジがなく、幼児でも曲げることができます。安全安心を徹底追求し、高い知育効果が期待されます。
 


 ◎新たな乗り物の導入
 トミカ、プラレールとは違う少し大きめのスケールの乗り物玩具を導入します。
カーペットをロードマップへ変更し、情景がなくても世界観が作られ遊びやすくなります。
 


◎触れるジオラマ増設
 自分でレールを組みたてられないお子様にも、ジオラマで遊んでいただけるように設置します。

カラフルタウン -ごっこ遊びで想像力アップ!街のエリア-
   ヨーロッパの街並みをイメージした本格的おままごと遊びのエリア。お家のお庭、お店や市場などで自由にごっこ遊びが楽しめます。また絵本を楽しむライブラリーもあります。

 今回のリニューアルは、対面式のお店屋さんを増設します。

◎対面式のお店屋さんを増設
   対面式にすることで、「お店屋さん」と「お客さん」を保護者の方、または他のお友達といっしょに遊ぶことができます。また、現在のレストランのままごと以外にもお花屋さん、おすし屋さん、ドーナツ屋さんなどのお店のバリエーションを広げ、さまざまなシチュエーションを体験できます。
 


ハイハイガーデン -赤ちゃんも安心!ベビー専用エリア-
  「中庭」をイメージした赤ちゃん(0~24ヶ月)のためだけのエリア。赤ちゃん特有の行動パターンを考慮し、 五感を刺激するようないろいろな遊具をそろえました。授乳やおむつ替えに便利なベビールームも隣接しています。

   今回のリニューアルは、プレイハウスデンやつかまり立ちバーの導入など赤ちゃんがより動き回るきっかけになる遊具を導入します。
 
◎プレイハウスデン導入
   動かすことができるハウス。空間のしきりとしての役割を果たし、落ち着いて過せる空間をつくります。また、ハイハイ・ヨチヨチ歩きの子ども目線で「見え隠れ」をつくり、「向こうに何があるのかな?」の興味が動き回るきっかけになります。
 


◎つかまり立ちバー導入
 バランス感覚を養い、初めての一歩を踏み出すのに理想的なつかまり立ちバー。小さな子どもでも握りやすいように設計されたデザインです。
 

 


その他

◎マルチファンクショントンネル導入
 U字型のくぼみの部分に乗り、揺れる動きをダイナミックに体験しながら、バランス感覚を育めます。
 



◎ベビールームおむつゴミ箱設置 ※最新の匂いのしないもの
 ボタンひとつで紙おむつをラミネート処理。悪臭の発生を防ぎ、ノンタッチ設計で二次感染を防止します。
 



アソボ~ノ!公式サイト:https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/  ※リニューアルに関する公開は6月中旬となります

※画像はイメージ
※リニューアルと新遊具の導入に関しては、変更になる可能性があります
※東京ドームシティでは、お客様およびスタッフの安全を守るため、業界団体のガイドライン等に準じた感染予防
   対策を実施いたします。感染予防対策の詳細につきましては、東京ドームシティ公式サイトをご覧ください

 
◎名     称:ASOBono!(アソボーノ)

◎所 在 地:東京都文京区後楽1-3-61

◎営業時間:平日/10:00~18:00 土日祝/9:30~19:00

※催事などにより変更の場合あり

◎料     金:こども(6ヶ月~小学生) 60分 950円 ※以降30分毎に450円

                 おとな(中学生以上) 入館料 950円

                 こども1日フリーパス(特定期間を除く平日のみ) 1,800円

※混雑状況により、こども1日フリーパスの販売を中止する場合あり

※おとなのみ、こどものみの入場は不可(こどもは、扶養者または20歳以上のそれに準ずる方の同伴が必要)

◎推奨年齢:0~6歳くらいのお子様及びその家族

◎問い合わせ:東京ドームシティわくわくダイヤル TEL.03-5800-9999

◎U R L:https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/

◎報道関係の方からのお問い合わせ先:

(株)東京ドーム PRグループ 匂坂(サギサカ)・佐藤・岡・半田
〒112-8575 東京都文京区後楽1-3-61
TEL.03-3817-6031 FAX.03-3817-6182
E-mail:prg@gms.tokyo-dome.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ドーム >
  3. 東京ドームシティ 屋内型キッズ施設 「ASOBono!(アソボ-ノ)」10周年リニューアルオープン!-館内の一部リニューアルと新遊具を導入-