小学生がスマホアプリを開発する!墨田区の採択事業としてクラウドファンディングを実施

子ども向けスマートフォンアプリ開発講座を開講します

株式会社セラピア(本社:東京都墨田区、代表取締役:田中圭、以下、当社)は、墨田区の「すみだの夢応援助成事業」の助成対象事業に採択され、2021年8月2日(月)よりガバメントクラウドファンディングを通じて子どもたちにスマートフォンアプリ開発教育の機会を提供するための活動資金を調達します。



実施内容
株式会社セラピアは墨田区の「すみだの夢応援助成事業」の採択事業として、子どもたちが自分でスマートフォンのアプリを作れるように支援する教育事業、「こどもみらいづくりプロジェクト」を発足いたします。当事業の活動資金の一部をクラウドファンディングによって調達いたします。
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1259

すみだの夢応援助成事業について
「地域を盛り上げたい」「地域の困りごとを解決したい」「新しいことにチャレンジしたい」といった地域を元気にする活動(すみだの夢)を応援する制度です。決められた金額が交付される一般の助成金とは異なり、区が提供するクラウドファンディングの機会を活用し、そこで集めた寄付金が助成金として交付されます。ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングにチャレンジし、自らの目的や思いをPRして支援者を募ります。クラウドファンディングで集めた寄付金は、全額を助成金として交付します。採択団体は助成金を活用して活動をすすめることができます。
https://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/sumida_kihon/governance/yumeouen_jyoseijigyo/index.html

こどもみらいづくりプロジェクトについて
スマートフォンのアプリ作りを通じて、子どもたちにものづくりの楽しさを体感してもらい、身の回りの問題を解決する力を身につけてもらうことを目指した当社が提供する教育事業です。当事業では2〜3時間の講義を毎週日曜日に合計8回、2ヶ月間に渡って提供されます。
対象者は墨田区に在住の小学4年生〜中学生。募集人数は20名。

9月1日より墨田区の小中学校に対して募集を開始します。申込人数が定員を超える場合は、申込者の中から抽選で受講者が選ばれます。講座の開講は10月10日より。
初回と最終回の講座は経営イノベーション専門職大学で実施し、残りの講座はオンラインで実施予定です。なお、実施方法はコロナウイルスの感染状況によって変更になる可能性がございます。

取り組みに至った背景
当社ではプログラミング言語を使わない、ノーコードツールを用いたアプリの開発を進めていました。これらの技術を子どもたちの教育に適応することで、子どもたちが身の回りの問題を解決できるようになり、地域全体の活性化に繋げたいと考えています。

株式会社セラピアについて
当社は「共にポテンシャルある社会を創る」ことをミッションに、2020年10月に設立されました。ウェルビーイングを高めることにより、生産性が高く、トラブルに強いチームを創る支援や、スマートフォンのアプリ開発支援を行っています。

【会社概要】
会社名:株式会社セラピア
所在地:東京都墨田区向島2丁目21-10
代表者:田中圭
設立:2020年10月1日
URL:https://therapeer.co.jp/
事業内容:ウェルビーイング事業・スマホアプリ開発事業

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セラピア >
  3. 小学生がスマホアプリを開発する!墨田区の採択事業としてクラウドファンディングを実施