スポーツやリハビリに励む皆さまへ「足守(あしまもり)」

〜 靴ひもに通してシューズに付けられるお守り 〜

足の神様 服部天神宮では、日々スポーツやリハビリに励む皆さまの足をご守護いただく足守(あしまもり)を授与開始いたしました。


大阪府豊中市に鎮座する足の神様をお祀りする服部天神宮。
菅原道真公が太宰府に左遷された際に、少彦名命(医薬の神様)がお祀りされる当地の祠に立ち寄り、足病平癒の祈願をされたところ、足の病からご快復され、無事太宰府まで到着されたことにちなんで、服部天神宮は「足の神様」として知られております。

 

足の神様には、ランナー、スポーツに励まれる方、リハビリに励まれる方など、足に想いを寄せる皆さまがお参りにいらっしゃいます。そんな想いを寄せる皆さまが、肌身離さず持てるようお守りを届けたいという思いから、出来上がったのが「足守(あしまもり)」。
 

色は赤、黄、青、黒、橙、赤蓄光、黄蓄光、白蓄光と全8色。色は赤、黄、青、黒、橙、赤蓄光、黄蓄光、白蓄光と全8色。


​「足守(あしまもり)」は日々スポーツやリハビリに励む皆さまの足をご守護いただくお守りです。実は、靴紐にお守りを通してシューズに取り付けることができます。

 


モチーフになっているのは梅の花。梅は服部天神宮にお祀りされる菅原道真公が生前に愛した花で、「梅の花開くように、皆さまの願いが花開きますように」そんな想いが込められています。
 


また、足の漢字は、隋時代に書かれたものをベースに制作しています。こちらの漢字を採用した理由は、足という漢字が、「人が前進している様子」を表現しているように見えるからです。スポーツに励まれる皆さまには「健脚で快走できますように」リハビリに励む方には「足の病から回復され、一歩前に進めますように」と祈りを込めて、手書きで台紙に揮毫しました。 
 

畜光のお守りは、暗闇で足元を照らしてくれます。畜光のお守りは、暗闇で足元を照らしてくれます。

全体のディレクションを担当したのは、大阪を拠点にさまざまなプロジェクトのアートディレクションやデザインを手がけるUMA/design farmの原田 祐馬さん、平川 かな江さん。服部天神宮がこれからUMA/design farmと協同でプロジェクトを進めていく第一弾として、足守をつくりました。

また、社会情勢により大阪までお越しになれないけど「足の悪いご家族にお渡ししたい」「スポーツに励む息子にプレゼントしたい」。そういった想いに応えるために、お守りをお届けできるようオンライン授与所を開設いたしました。 
【URL】服部天神宮オンライン授与所 https://hattoritenjingu.shop-pro.jp/

足守を身につけられた皆さまが、安心して一歩踏み出せますように。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 宗教法人 服部天神宮 >
  3. スポーツやリハビリに励む皆さまへ「足守(あしまもり)」