EC受注管理と物流倉庫管理システムを1つのパッケージにしてワンストップで利用できる 「これからのWMS」 SunLOGI (サンロジ)が、業界最安値で正式にサービスを開始。今後はAI倉庫連携も・・・

株式会社サンシーア(所在地:東京都台東区・代表取締役:望月 敏行)は、EC店舗の受注から発送可能な受注に限り倉庫側へ情報を送り、自動出荷を実現させる「SunLOGI(サンロジ)」を正式にサービス開始いたしましたので、お知らせいたします。

EC店舗運営者と物流倉庫の使いやすさに注力し、両者の立場に立った改善を繰り返し作られた物流管理システムです。自動出荷を実現することで、EC店舗運営者は売上増に対する業務に時間を使え、物流倉庫は業務効率の向上によりサービスの質を改善、経費削減、配送ミスが少なくなることでの、荷主の継続利用率を上げます。
■SunLOGI について

SunLOGI は、後発なWMS※(Warehouse Management System)として、さらに多くのEC事業者と物流倉庫事業者に対して、低コストで業務効率を上げる事をコンセプトに、業界最安値(当社調べ)にてサービスを提供いたします。ECや倉庫の課題を解決することができるWMSは多く存在しますが、コストが掛かり導入を見送っている事業者に対して、ハードルを下げることで、多くの物流倉庫で利用していただきたいと構想し、開発進めてきました。今年1月からの試験運用も開始。物流倉庫と自社ECショップによりテスト運用し、実運用課題をクリアして安定したサービスの提供が可能になりました。またサービスイン記念として、「1ヵ月の試用キャンペーン」も行っています。

ECが拡大していく状況はしばらく続きそうで、その条件としてEC店舗のリソース不足と物流倉庫の設備投資の壁を低くすることでEC全体の成長速度を加速させるツールになれたらと考えております。
※WMS(=倉庫管理システムまたは在庫管理システム)とは、Warehouse Management Systemの略で、倉庫業務の物流品質や生産性の向上につながるシステムです。WMSは、入庫、出庫、在庫管理などをデジタル化することができます。

<受注~出荷メール送信までの業務を自動化>



■国内のEC市場

経済産業省が2020年7月に公表した「電子商取引に関する市場調査の結果」によると、2019年BtoCのEC市場で「物販分野」の伸び率は8.09%ととなり、ここ10年で最大の伸び率になっています。

さらに、コロナの影響もあり、ECに対して追い風は強さを増しています。それによって店舗のリソース、ECへの新規参入による競争力の激化、倉庫スペースの確保などの課題も出てくることが予測されています。益々業務を効率化し自動出荷を可能とすることで、より多くの商品を販売することが大切です。ECサイト運営に店舗が全力で力を注げるよう、SunLOGIの導入を物流倉庫へいち早く届けることが弊社の役割だと考えております。

 
■特徴

楽天、Yahooショッピング、Amazon、Shopify、BASE、EcForce、ECCUBE、NEXT ECGINEなどの複数のモールやカートシステムとAPI連携しており、店舗の受注や在庫などを倉庫側へリアルタイムに反映することで、倉庫は今までのように店舗から受注リストを待つことなく、リアルタイムに作業が行えます。また、店舗はお客様の対応や新商品の開発、商品登録などの仕事に時間を使え、店舗の売上UPに対する仕事に注力できます。

 
誰にでもわかりやすい管理画面により、1日の研修で基本業務を覚えることが出来ます。

倉庫側は荷主アカウントを管理画面から作成し、随時荷主をを増やすことや、荷主も入庫を管理画面から簡単に倉庫に依頼することが出来るなど、今まで電話やFAX、エクセル管理などの作業をすべてデジタル化が可能になります。

 

■料金について

大きく分けてWMSの料金体系は2つ、「EC店舗が契約し料金を支払う」と「倉庫が契約し料金を支払う」に分かれますが、SunLOGI は後者となります。通常は倉庫業は荷主に対してWMS利用料金を請求しますが、当然倉庫側が支払う料金が少なければ、EC店舗の負担も下がるということになります。さらに倉庫側はスペースをレンタルする収益と梱包や荷受け、送料などに対しての手数料も収益となる為、WMS利用料金は業務効率の観点から倉庫側が負担するケースも多く。それが導入見送りのネックにもなっているようです。その課題を少しでも早く克服し、物流のスピードを上げていく事が「SunLOGI(サンロジ)」の使命だと考え、業界最安値(当社調べ)でご提供させていただくことでより多くの倉庫業様に自動化や効率化を進めていきたいと考えております。

<1倉庫が月間1000件の出荷を行った場合の料金比較>
 



■開発、今後の展開

東京都台東区で16期目を迎える株式会社サンシーアは、多くのシステム開発経験を持ち、大手ポータルサイトの開発運用保守も行っています。中国西安によるオフショア開発も行っており、高い技術力と長年の実績と経験により、効率的で高品質な開発を実現しています。

今後も順次SunLOGI に新しい機能を実装し、より良いシステムへと変化させていきます。

さらに、世界の工場でもある中国とのパイプにより、日本と中国間の物流にも着手していき、中国の圧倒的な物流量では当たり前になっている倉庫業務の最適化(WES)に欠かせないAi倉庫ロボットの日本販売代理店としての活動も行っています。SunLOGI(サンロジ)とAi倉庫ロボットを連携し最小限の人員で、最大限の出荷数を可能にする仕組みへと変化させていきたいと考えております。

 

 
■説明会の予定:

2021年6月10日(木) 16時~17時30分 オンライン説明会

説明会お申込みフォーム https://wms.sunlogi.com/seminar-add/

製品説明ページ https://wms.sunlogi.com

■問い合わせ

株式会社サンシーア

TEL :0066-9718-0066

Mail :sunlogi@sunseer.co.jp

担当者:長谷川

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サンシーア >
  3. EC受注管理と物流倉庫管理システムを1つのパッケージにしてワンストップで利用できる 「これからのWMS」 SunLOGI (サンロジ)が、業界最安値で正式にサービスを開始。今後はAI倉庫連携も・・・