国外への格安コーディング代行はどこがおすすめ?外注費や相場は?ベトナム・ミャンマー・タイなどの違いも紹介!6月4日より全額返金キャンペーンを開始したサービスをご紹介

ウェブ制作の際、規模にもよりますがコストの殆どはコーディング費用です。
一説にはコーディング7~8割り、デザインやUIが2~3割りと言われております。

このコラムの内容
・コーディング代行のメリット、デメリット
・コーディング代行の外注費・相場
・6月4日より全額返金キャンペーンを開始したサービスをご紹介
・コーディング代行の作業領域


まず、コーディングとは
デザインを実際にウェブブラウザで見られるようにHTMLやCSSなどを記述しデザインの通りコードを記述する作業の事を指します。
また、コーディングにはSEOという概念があり、ただ見た目に合わせてコードの記述をするだけではなくサイトのアクセスやお問合せを増やしたり見やすいページにしたり、商品やサービスの売上アップに繋がるサイト作りをしてくれます。

 


コーディング代行(ニアショア開発)とは
主に日本でのコーディング代行の場合をご紹介いたします、コーディング代行というのはHTMLやCSSでのコーディング代行業務のみを行う代行会社です。
デザインは行わず、コーディングのみに専念できるため専門性が高く、最新のコーディング要件に沿ったSEO向けのコーディング代行が可能です。
デザイン会社や個人のデザイナーなどHTMLやCSSが少し苦手という方は多く、利用者も年々増え続けています。

「格安ベトナムコーディング代行サービス」⇒https://vietnam.ex-clam.com/lp/

コーディング代行のメリット
  • 専門のコーディング代行会社もあり構造化データの扱いなどに慣れクオリティが高い
  • フリーランスで独立している場合もあり価格相談がしやすい
  • コーディング代行はSEOに特化しており、クオリティが統一出来る
  • コーディング代行は特化しているのでコストカットが見込める
しかし何事も良い面ばかりでは有りません。
コーディング代行会社が増えてしまった事に依って、下記のような失敗談も…。


コーディング代行のデメリット
  • 今まで依頼していたフリーランスと連絡が取れなくなってしまった…
  • 外注して納品物バグがあったら対応して貰えるのか不安…
  • 費用計算が毎回まちまちどんどん値段が上がっていく
今では国外に依頼するのが一般的!?国外コーディング代行(オフショア開発)とは
近年では多くの会社が利用しており、ベトナム・ミャンマー・タイなど様々な国が日本の制作会社とタッグを組み低価格で高品質なコーディング代行サービスを展開しております。
一般的には、デザインやUI設計などは国内で行いHTMLやCSSのみ国外に依頼するイメージです。
価格も日本で実際に人を雇うよりも60~80%のコスト削減を実現したケースもあります。


 


コーディング代行は国内より国外の方が良い理由は?
前述のとおりフリーランスの場合、リソースの問題もあり一定以上のボリュームはそもそも依頼が出来ないケースが出てまいります。
また他案件も抱えている企業の場合依頼しても繁忙期の場合そもそも受注拒否される場合も考えられます。
国外のコーディング代行会社は自社で数十人のコーディング会社を設けており月間のコーディング実績も150サイト以上とリソース面で国内のサービスを圧倒しております。
これはベトナム・ミャンマー・タイの人件費が日本国内の人件費相場の3分の1なので「費用が格安」で「リソースが豊富」でも十分利益を出せるのがその理由です。
国内サービスのデメリット部分である「コスト」「納期」「クオリティ」の不安を解決するのが国外コーディング代行なのです。


国別での主な契約方法
契約の方法やサポート内容も国やコーディング代行会社によって様々です。
※基本的にはどの国外コーディングサービスも必ず日本語が出来る現地スタッフがいるので安心して依頼が可能です。
 


ベトナム コーディング代行:デポジット型(小~大規模向け)
デポジット型とは、コーディング見積もりに対して半額を先にデポジットとして支払い、コーディングが納品された際に残りを支払う契約方法です。
日本でも「着手金」という言葉が有り、日本で実際に良く選ばれている契約形式もこちらが主流です。
ベトナムはITという分野では日本と同じ文化だと言えます。
メリットとしては見積もりが有り、承認を受けてスタートするので予想外に費用が膨れたりする場合が有りません、見積もりが高ければ断れば良いからです。
また、チームでのコーディングが主なので一つの業務に対しての作業分担がありクオリティにムラがなくスピードも有ります。

 

 


タイ コーディング代行:1人工型(小~中規模向け)
1人工型とは、案件ごとに最適な人数のコーダーを選定し、1人日当たり(日当)で請求する形です。
メリットは人員が変動するのでデポジット型同様に固定費という物が御座いません。
デメリットとしては、途中で人員を増やす場合にクオリティのブレが大きくなってしまう点です。
もともとチームでは無く、普段は別案件で動いているスタッフ同士なので初回の打合せに参加していない途中参加はリスクがあります。
しっかり要件定義を行い人員管理が出来る企業などにおススメのプランです。

 


ミャンマー コーディング代行:月額固定型(大規模向け)
月額固定型とは、コーディング案件が一定以上ある企業におススメの契約です。
月額でミャンマーのスタッフのリソースを契約するイメージです、ただし問題があり他社案件も抱えている事から全ての案件に対してスピード感が下がってしまう場合も有ります。
一人当たりの月額は会社によってまちまちですがスタッフ一人当たり月額15~20万円ほどと国内の月給の約半分です。
デメリットは月額の固定費が発生する点です、試しに1件頼んでみるという利用方法は有りません。
メリットは月額固定型は大手企業が間に立っている場合が多くサポートなどが受けられる場合が御座います、事前にサポート内容を確認しましょう。

国によってかなり契約方法は異なりますね、どちらも良いところがあり悩むところです。
企業の案件ボリュームに応じて契約方法を見定めてみては如何でしょうか?


 


コーディング費用は徹底的に抑えるべき
前述の通り、コーディング費用はサイト制作の70~80%ほどかかり、クリエイティブ部分に掛けられる費用は20~30%…。
ユーザーにとっての使いやすさや読み安さはUIやデザインが大きくかかわってくるのにそこ掛かる費用が重要度に沿っていない気がするのは私だけでしょうか?

コーダーとして人材教育を行いコーディングができるようになるまでは大体3ヶ月ほど、思い通りのコーディングできる様になるには実務上で1年掛かかると言われています。
人を雇うとなればコストが28~40万円程度かかります。

最近ではウェブコーダーになる為のスクールなどが活発になっておりますが、期間は3カ月~半年ほどで費用は40~60万円にも。

ですが、国外のコーディング代行を利用するとなると案件発生から見積もりまでスピーディに対応して貰えて、契約内容によっては(デポジット型、1人工型など)スポットでの依頼が可能なので月額のコストが掛かりません。

 

 


コーディング代行の外注費・相場は?

A社と、B社の名称はふせておりますが、国内のコーディングを専門としている企業のお見積りです。
実はコーディング一つをとっても企業ごとに費用はまちまちです、面倒くさがらずに幾つかお見積りを出す事をおススメします。
費用が大幅に異なる場合はSEO対策や作業内容に差が生まれている場合が有りますので作業内容の内訳なども提出できるかなど相談してみましょう。

 

 


おすすめのコーディング代行サービス
「6月4日より全額返金キャンペーンを開始したサービスをご紹介」

現在主流な契約方法であるデポジット型を採用している国内のサービスエクスクランの
「格安ベトナムコーディング代行サービス」⇒https://vietnam.ex-clam.com/lp/

現在、キャンペーン中となっており、驚きはなんと「全額返金対応可能(6月4日からスタート)」という点です。
初回に限り、納品物に満足いかなかった場合は、事前入金分のデポジットを全額返金するという事です。


利用方法は?
こちらも簡単で下記URLの遷移先のLPのURLをSNSでシェアするだけ!
そんな簡単な方法で全額返金できるのは今だけ!

「格安ベトナムコーディング代行サービス」⇒https://vietnam.ex-clam.com/lp/


コーディング代行会社が行う業務
  • レスポンシブコーディング:PC、スマホに対応したサイト作り
  • SEO対策:サイト検索で上位に表示する施策をしてくれる
  • LPコーディング:商品やサービスの売上を高められるLP作成
  • HTMLやCSSを用いたコーディング:段落や見出しを用いた見やすいサイト作り
  • WordPress:WordPressを用いたコーディング
上述の通り、コーディング代行会社はコーディングという部分では殆どの作業を行ってもらえる上に、
WordPressの組み込みなどまで行えるのでPHPやMySQLなどプログラミング領域の作業まで行えるコーディングだけでは無い技術者集団と考えるべきでしょう。


コーディング代行会社が行わない業務
  • デザイン:専用ソフトを使ったデザイン業務、日本語の言い回しなどゼロイチを国外に任せると失敗するケースに繋がります。
  • ディレクション:一般的には間に国内企業が入りそこがディレクションする事でコーディング代行はコーディングに専念でき、クライアントもやり取りが安心です。
  • システム設計:国内向けサービスであればシステムの設計は国内で行うのが必須です、法律も文化も異なるので作ってからでは遅い場合が殆どです。
上記は、どれも国内・国外で認識や考え方の異なる部分「クリエイティブ」や「ユーザービリティ」などに関わってくるので、この辺りまで対応してもらうよりも得意分野を低価格で提供出来る事が一番です。


まとめ
如何でしたでしょうか?コーディング代行とは複数のサービス形態や企業が異なることによってどれも違うメリットやデメリットも出てくるかと思います。

・コーディング代行はやっぱり国外がよい!
コーディングにはSEOの概念がありルール化するのが国内国外問わずどこでも一般的です。たとえコーディングした国が異なっていても、デザインが同じで有れば中身も同じであるべきなのです。
ルール化という点で国外コーディング代行はそれに適しております。
国内でしか出来ないクリエイティブに費用をかけ、コーディングの費用は徹底的に削る事で60%以上のコスト削減を実現しましょう!

・会社によってサポート内容やサービス内容が異なるので必ず確認!
どこまでサポートしてくれるのか、作業範囲はどこまでなのかを事前に確認することで後々のトラブルにならない様にしましょう。

・キャンペーンや初回割引などはあるか確認しましょう!
いまや競合ひしめくコーディング代行!お得な割引やキャンペーンなどが受けられるか確認しましょう!

・契約形態のおススメはベトナムでは主流のデポジット型。
やはり、始めやすさは重要です、いくら質問したとしても年間契約して質問漏れがあり失敗しては元も子もありません。
試して良ければ継続の契約を交わして費用を抑えてもらうなどまずは始めやすい契約方法を取れる会社を選びましょう。

複数あるからこそ、いろいろな会社に見積もり依頼や契約内容を確認して自社に有った1番の会社を探しやすくなっているのは大きなメリットと言えます。
この機会にまずは1件から国外に依頼してみては如何でしょうか?
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクスクラン >
  3. 国外への格安コーディング代行はどこがおすすめ?外注費や相場は?ベトナム・ミャンマー・タイなどの違いも紹介!6月4日より全額返金キャンペーンを開始したサービスをご紹介