和歌山県IRプロジェクト、クレアベストニームベンチャーズ株式会社が株式会社AMSEリゾーツジャパンとグループ・パルトゥーシュとの提携を発表

 クレアベストニームベンチャーズ株式会社(以下、「弊社」といいます)は、弊社が参加する和歌山マリーナシティを拠点とする世界有数の統合型リゾート(IR)の開発及び運営を行うコンソーシアムに、株式会社AMSEリゾーツジャパン(以下、「AMSE」といいます)とGroupe Partouche(以下、「グループ・パルトゥーシュ」といいます)が新たに中心的なメンバーとして参加することを発表いたします。AMSEとグループ・パルトゥーシュの参加により、コンソーシアムには、IR開発及び運営に関して世界でも有数の知見を有するチームと、ヨーロッパで最も有名なゲーミング及びリゾートオペレーターの専門チームが加わることとなります。

 「コンソーシアムの構成メンバーは、日本のIR事業に対して共通のビジョンを持っています。IR事業は、和歌山県と関西圏に海外からのお客様の訪問を増やし、地域の活性化を図ることで、新型コロナウィルスの影響からの経済回復に貢献すると信じています」と、クレアベストグループの代表であるJeff Parrは述べています。

 AMSEには、ラスベガス・サンズ社(以下「LVS」といいます)の元社長であり、現在は最高執行責任者(COO)を務めるWilliam Weidner氏と、同氏が率いるGaming Asset Managementのチーム(LVSのグローバル事業・建設部門の元社長であるBradley Stone氏、Melco Resorts & Entertainmentの元最高執行責任者(COO)及びLVSのインターナショナル事業の元副社長であるGarry Saunders氏、並びにeスポーツ分野の起業家であるMario Ho氏)が参加しています。

 Weidner氏とそのチームは、シンガポールのマリーナベイ・サンズや、マカオとアメリカにおけるLVSのリゾートなどの、世界有数のIR事業の開発や運営を行ってきました。彼らの専門知識と経験により、弊社の国内外の開発・運営チームはより一層強化され、日本のIR事業の新たな段階の発展が期待できます。

 Ho氏は、テクノロジー、iDreamskyの上場といったデジタルゲーミング出版や、eスポーツ分野における起業家としての経歴を持ち、アジア最大のeスポーツクラブの開発を手掛けてきました。同氏は、eスポーツのソフト・ハード両面のインフラ開発についてIR事業に貢献します。「私たちのチームのノウハウを有効活用し、和歌山県のIR施設を様々なクラブの拠点として使用することで、和歌山県を日本のeスポーツ界の中心にしたいと考えています」とHo氏は述べています。

 コンソーシアムのゲーミング・オペレーターとなるグループ・パルトゥーシュは、フランスのパリ、ニース、カンヌのリビエラ、エクス=アン=プロヴァンス、リヨンやスイスのジュネーブといったヨーロッパの各所で、ゲーミング及びホスピタリティを提供する施設を運営してきた長い歴史を持ち、これらの施設には、歴史的建造物やフランス有数の美しいゲーミング施設が含まれています。同社は、クロス・ボーダーの運営における豊富な経験を有し、合計42の施設においてゲーミングの許認可を取得しています。その多様なビジネスモデルには、ホテル、レストラン、ゴルフコース、スパ、ビーチの運営が含まれます。スーパーバイザリー・ボードの会長であるPatrick Partouche氏は、同グループが日本におけるIR開発プロセスに関心を有した当初から、本件に関わってきました。

 弊社は、コンソーシアムの多様な知見に加え、魅力的な立地において、適切に整備された関連法令に則ることにより、和歌山県におけるIR事業が、将来的に世界有数のIR事業となることを目指していきます。


■Clairvest Group Inc.について
弊社の親会社であるClairvest Group Inc.のミッションは、投資家、公的機関、起業家とともに、戦略的なビジネスを構築することです。Clairvest Group Inc.は、1987年にカナダの起業家グループによって設立され、トップクラスの業績を持つプライベート・エクイティ・マネジメント・ファームです。現在の経営陣の下、Clairvest Group Inc.はカナダ、アメリカ、チリといった様々な国・地域における30の拠点で、ゲーミングやエンターテイメント・リゾートと提携しています。

■株式会社AMSEリゾーツジャパンについて
株式会社AMSEリゾーツジャパンは、日本に拠点を置くIR開発・マネジメント会社であり、William Weidner氏とその親族、Gaming Asset Management、Mario Ho氏、津村靖権氏及びEddie Woo氏から出資を受けています。

■グループ・パルトゥーシュについて
グループ・パルトゥーシュは、1973年に設立され、ヨーロッパのゲーミング、ホスピタリティ及び飲食業界をけん引してきました。ユーロネクスト・パリに上場し、ゲーミング施設、ホテル、レストラン、スパ、ゴルフコースを運営しています。グループは42のゲーミング施設を運営し、4,000人以上の従業員を雇用しています。グループ・パルトゥーシュは、イノベーション、マーケットの主導、及びその高い収益性で知られています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クレアベストニームベンチャーズ株式会社 >
  3. 和歌山県IRプロジェクト、クレアベストニームベンチャーズ株式会社が株式会社AMSEリゾーツジャパンとグループ・パルトゥーシュとの提携を発表