「Forerium : フォレリウム」 川崎発の緑化プロジェクト始動! ~東急田園都市線「溝の口」駅近に森が出現!?~

2021年11月6日(土)から14日(日)に緑化実験イベント「Forerium:そらのもり」を川崎・溝の口で開催

◎川崎発の緑化プロジェクトがスタートします
2021年11月6日(土)〜14日(日)
溝の口「エム・パーク」にて緑化実験イベント「Forerium : そらのもり」が開催されます。

◎「森」をテーマとした屋外インスタレーションを展示
川崎近郊の造園業者4社が参加し、「森」をテーマとした植栽インスタレーションを制作・展示します。

◎溝の口に「そらのもり」が生まれる
メイン会場は「エム・パーク」立体駐車場の屋上(3F)。市街地の中空に「そらのもり」が出現します。

◎グリーンや環境をテーマとしたワークショップも
イベントではグリーンや環境に関連したさまざまなワークショップや催しなども同時開催されます。


◎フォレリウムとは?

「Forerium : フォレリウム」は、これまでにないユニークな緑化プロジェクト。
 
運送用パレットをベースとして再利用することで、フォークリフトなどを使って自由にレイアウトすることのできる、モバイルユニット式の緑化植栽システムです。

 パレットとプランターなどを組み合わせることで、土の無い場所にも多彩な植栽を設置することが可能になります。

川崎・溝の口という緑視率の低い市街地において、ゲリラガーデニング(※)などの手法をヒントにしながら「まちの緑化」を促進することを目的としてスタートしました。
※荒廃した公共の野外空間などに草花を植えるイギリス発祥の世界的な運動

今後の展望としては、パレット式の緑化ユニットを川崎市内の企業と共同開発してプロダクト化したり、ICTを活用した都市緑化シミュレーション・システムの開発などを計画中です。

また、造園業者など地元の樹木のプロフェッショナルを講師とした「森の学校」を開催したり、工場地帯や遊休地の緑化、川崎市内外の公園などの植栽プランの提案など、多方面への展開も検討しています。

「メイド・イン・カワサキ」として日本と世界に誇るグリーン・イノベーション・プロダクト&システムを生み出すこと。

それが、「Forerium : フォレリウム」の最終的な目標です。

※「フォレリウム」ロゴ

◎「そらのもり」 インスタレーション

今回の「Forerium : フォレリウム」には、川崎近郊の造園業者4社が参加。めいめいが「森」をテーマにしたインスタレーションを制作展示します。
 
・みつや園 「By the way」
森と森をつなぐ自然にできた「抜け道」。子どもの頃に遊んだあの秘密基地を思い出すような未完成のワクワク感を再現してみました。
 
・植和造園 「ひと雫(しずく)」
緑豊かな森から湧き出る栄養豊かな水は、やがて海へと流れ、海洋の生物たちをうるおします。その豊かなる水の源の『ひと雫』をイメージしました。

・八巻園 「コモリ」
「コモリ」とは、小森・木守・子守・子森の意味。かつて身近にあった「裏山」のうに、自然にふれて四季を感じられるような遊び場をつくります。
 
・グリーンプラザ大和園 「Jungle Gym」
こんもりとした森の立体感をパーゴラ(緑廊)で表現。熱帯のジャングルのような植栽をレイアウトすることで、子どもたちも楽しめる森のジャングルジムを創造します。

 

◎イベント開催概要

名称:Forerium:そらのもり
日程:2021年11月6日(土)~14日(日) 10:00~16:00
   ※夜間ライトアップのため、6日(土)・7日(日)・13日(土)のみ20:00まで
会場:エム・パーク(持田駐車場3階屋上ほか、川崎市高津区久本3-1-14)
料金:入場無料(一部のワークショップは有料です)※混雑状況により入場制限する場合があります
内容:①脱炭素アクションみぞのくち広場: 水素カー「MIRAI」を電源とした環境系動画の上映デモンストレーション
②ミニ・ミニ・アレンジメント: お子様でも簡単にできるフラワーアレンジメント教室
③キッズアートボード: 子どもと環境にやさしい「キットパス」でフクロウの森をお絵描きするワークショップ
➃植木鉢リユース“ペイント”: 使っていない植木鉢を塗り替えてお気に入りの鉢にリユースするワークショップ
⑤モーニングリフレッシュYOGA: 青空のもと、太陽の光と風を感じながら、気持ちよく朝からヨガ
⑥創作昆虫ムシボット・みつろうラップ: かわさき生活クラブによる環境に配慮した暮らしを提案するワークショップ
⑦かわさきかえるプロジェクト: 廃食油を回収します。再利用したリサイクル石鹸の販売
⑧かわさき森のシネマ: 16ミリ映写機を使用してかわさきのアーカイブ画像から森のシネマを上映
⑨そらのみどり市: フォレリウム造園事業者・古谷デザイン建築設計事務所による植木の販売・展示
⑩Let’s レザークラフト: 革工房PRODUCT BASE SKLOによる国産タンニンなめし革を使用した製作体験
⑪おいしいキッチンカー: 川崎で活躍するキッチンカーのほかにこだわりのパン屋さんやグラノーラ屋さんも出店予定

※天候および新型コロナウィルス感染症拡大の状況等によりイベントの全部または一部を中止する場合があります。
※各ワークショップについては資材等に限りありますので予定数量に達し次第、終了となります。
※各ワークショップの開催時間など詳細についてはSNS等のイベントページに掲載する予定ですので事前にご確認ください。
※②⑤⑥および⑩は有料となります。また、➃は植木鉢を持参する必要があり、⑤は事前に予約が必要となります。

イベント日程一覧

主催:Foreriumプロジェクト実行委員会、エム・パークイベント実行委員会
共催:nu:中村匠秀、まちの植育研究所、かわさきドラ街ックニュース
協力:かわさき生活クラブ生活協同組合、かわさき若者会議、株式会社シーエスデー、日本理化学工業株式会社、
二子新地CIRCLE、脱炭素アクションみぞのくち、タイムズモビリティー株式会社、溝ノ口劇場、文教堂溝ノ口本店、古谷デザイン建築設計事務所、株式会社バービッシュ、横浜トヨペット株式会社、株式会社ラポール、株式会社SKLO、16mm映写機の会、シャボン玉オヤジ




◎エム・パークについて

エム・パークは2021年5月に誕生した「まちを育む広場」。
食べる・くつろぐ・育てる・あそぶをかなえる複合施設&エリアとして溝の口の地域としての可能性を開拓しています。既存の立体駐車場(持田駐車場)と新築された複合施設(エム・パークビル)、そして、その2つの建築物の狭間にあるデッキスペース・植栽・路地・キッチンカーポート・鉄骨階段などが一体となってエム・パークを構成しています。
 https://empark.jp/

(エム・パークビル建築概要)
所在地:神奈川県川崎市高津区久本3-1-14(住居表示)
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造3階建(1・2階:RC造、3階:S造)
主要用途:飲食店舗・保育所・事務所    
建築主:株式会社エムビル
コンサルティング・施設運営:株式会社Den         
設計:古谷デザイン建築設計事務所
施工:株式会社栄港建設       
ランドスケープ:古谷デザイン建築設計事務所・株式会社みつや園


◎お披露目会のご案内

名称: eM/PARK BLDG.:エム・パークビル完成お披露目会
日時: 11月6日(土) 11:00~17:00 、 11月7日(日) 11:00~16:00
※本建物を設計担当した古谷デザイン建築設計事務所と合同開催します
お問合せ: 株式会社Den  mail: info@den-fujita.jp   tel: 044-400-2378

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Den >
  3. 「Forerium : フォレリウム」 川崎発の緑化プロジェクト始動! ~東急田園都市線「溝の口」駅近に森が出現!?~