チェイナリシス、1億ドルの新規資金調達により評価額が42億ドルに到達

ブロックチェーンデータプラットフォームとしてのビジョンの実現へ向けて

Coatueを主幹とするシリーズE資金調達ラウンドに、新規および既存の投資家が参画
*本資料は2021年6月24日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

ブロックブロックチェーン(分散型台帳)データプラットフォームを提供するChainalysis(本社:米国・ニューヨーク、以下、チェイナリシス)は、Coatueが主導するシリーズE資金調達ラウンドにおいて1億米ドルの資金を調達し、評価額が42億ドルに到達したことを発表しました。既存の出資企業であるBenchmark、Accel、Addition、Dragoneer、Durable Capital Partners、9Yards Capitalはチェイナリシスへの追加出資を行い、Altimeter、Blackstone、GIC、Pictet、Sequoia Heritage、SVB Capitalも新たに出資参画しました。

チェイナリシスは、世界中の政府機関や民間企業が、暗号資産犯罪やマネーロンダリングを検知・防止するための調査・コンプライアンスソフトウェアを提供するリーディングカンパニーで、暗号資産業界の信頼性を築く存在として知られています。これらのツールは、基礎となるデータがあって初めて成り立つものであり、チェイナリシスは、2013年以来、現実世界のエンティティとブロックチェーン取引を結びつける情報を体系的に収集している、唯一無二の企業です。

暗号資産が主流になるにつれ、金融機関はかつてないほどの高い需要を経験し、政府機関は暗号資産を悪用するランサムウェアなどの脅威への対応を優先し、暗号資産取引所は競争力を求めています。ブロックチェーンデータは、公的機関や民間企業が、このアセットクラスを取り巻くリスクと機会を理解し、安全かつ責任を持って導入を促進するための資産となります。

今回、調達した資金は、暗号資産のブロックチェーンデータプラットフォームとして、以下のビジョンを実現するために使用されます。
  • データ:より多くの暗号資産を対象とし、DeFi (decentralized finance:分散型金融)のような新たなユースケースに焦点を当てることで、データの優位性を深化させることに加えて、潜在的な脅威の兆候をより迅速に特定し、対応までの時間を短縮するために、グローバル・インテリジェンス機能を立ち上げる。
  • ソフトウェア:一連のソフトウェア・ソリューションにコラボレーション・ツールを開発・実装し、公的機関と民間企業のチームが同じデータセットを使って、一貫した共通理解のもとで共同作業ができるようにする。
  • アクセス:政府機関、金融機関、暗号資産取引所等が、チェイナリシスのデータと企業内の情報を組み合わせ、より良い意思決定ができるように、API を通じてチェイナリシスのデータに直接アクセスできるようにする。

チェイナリシスのデータプラットフォームチェイナリシスのデータプラットフォーム

Coatueのマネージングパートナーであるクリス・フレディクソン(Kris Fredrickson)氏は、「チェイナリシスのデータプラットフォームは、安全性と成長性を両立させた、暗号資産市場の構築を可能にする中核インフラです。暗号資産の普及が進むにつれ、金融機関、政府機関、暗号資産事業者は、ますますチェイナリシスのプラットフォームを利用し、脅威アクターの試みを無効化するための最善の方法を特定したり、最も需要が見込まれる新しい暗号資産製品を決定したりする等、重要な意思決定の基盤とすることが多くなるでしょう」と述べています。

チェイナリシスの共同設立者兼CEOのマイケル・グロナガー(Michael Gronager)は、「金融と国家安全保障の未来は、ブロックチェーンのデータに基づいた意思決定の上に築き上げられることでしょう。我々は、ブロックチェーンの透明性を活用し、市場、脅威、ビジネスチャンスに関する実用的な洞察を提供しています。出資者であるCoatueは、チェイナリシスのデータプラットフォームとそれを支えるソフトウェア、アクセス、サービスに対する我々のビジョンの力を理解しています」と述べています。

チェイナリシスのシリーズEラウンドの資金調達は、2021年3月に実施した1億米ドルのシリーズDラウンドに続くもので、調達総額は3億6,500万米ドルに達しました。それ以降、チェイナリシスの経営陣に業界のベテランが参画しました。アトラシアン社でConfluenceの製品ラインの責任者を務めていたパラティマ・アローラ(Pratima Arora)が最高製品責任者に、SiSense社でゼネラルカウンセルを務めていたサラ・ワード(Sarah Ward)がゼネラルカウンセルに、FBIで20年のキャリアを有し、直近では米連邦捜査局(FBI)長官から任命され南カリフォルニアにおける防諜・サイバー調査を総指揮するロサンゼルス担当特別捜査官を務めた、ロブ・ボーン(Rob Bone)がサイバーインテリジェンス・ディレクターに就任しています。

チェイナリシスは、グローバルな事業展開を継続するために、すべての部門において数百名規模で新規採用を行っています。

<チェイナリシスについて>
チェイナリシスはブロックチェーン・データ・プラットフォームを提供する、ブロックチェーン分析企業です。世界60カ国以上の政府機関、取引所、金融機関、保険会社、サイバーセキュリティ会社にデータ、ソフトウェア、サービス、リサーチを提供しています。チェイナリシスのデータは、調査、コンプライアンス、マーケット・インテリジェンス・ソフトウェアを強化し、世界で最も注目されている刑事事件を解決したり、消費者が安全に暗号資産を利用したりできるように利用されています。

チェイナリシスは、Accel、Addition、Benchmark、Cootue、Paradigm、Ribbitなどのベンチャー企業の支援を受け、ブロックチェーンへの信頼を築き、より少ないリスクでより多くの経済的自由を促進しています。詳細については、ウェブサイト(https://www.chainalysis.com/ja/ )をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Chainalysis Japan株式会社 >
  3. チェイナリシス、1億ドルの新規資金調達により評価額が42億ドルに到達