JDDA がインターネットで DJ プレイを正規にライブ配信する日本初の事業を開始

音楽権利者団体等と連携し、DJ ライブ配信の新領域を開拓

一般社団法人 JDDA/Japan Dance Music&DJ Association は、一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)及び株式会社 NexTone と連携し、著作権及び著作隣接権の権利者から特別な了承を得て、今年 7 月 17 日より半年間、DJ プレイのライブ配信事業を行います。この配信事業では、本取組みに対してご賛同をいただけた RIAJ 会員レコード会社の邦楽レコード音源を使用します。参加する DJ は Japan DJ net の登録メンバーであり、JDDA が職業 DJ と認定した方※1に限ります。


新型コロナウィルス流行の影響から DJ がクラブ等でファンと同一の空間でパフォーマンスすることが困難な中、海外をはじめ日本でも DJ によるインターネット配信への欲求が高まっています。しかしながら、レコード盤、CD やダウンロードなどの形で提供される市販レコード音源(原盤)を用いた DJ プレイのインターネット配信について円滑な著作権・著作隣接権の許諾手続きが定まっていないために、クラブ等への入場が叶わないファンに正規なパフォーマンスを届けることが困難な状況にあります。深夜にダンスクラブ等で踊ることが違法であったことが風俗営業法改正により正式に認められるようになったように、適切な権利処理をもってレコード音源をライブ DJ 配信で使用する先駆けとなるべく、JDDA は全ての原盤権者、作家・アーティストの権利が損なわれることの無いよう関係者の権利を適切に守りながら、このライブ DJ 配信事業に取り組みます。

JDDA 代表理事で音楽家の角田敦 (Watusi)は「100 年ぶりとも言われる新型コロナウィルス禍で大変厳しい状況に置かれている DJ 達を支援し、文化芸術の営みを継続するための公的諸施策の一翼を担うべく著作権・著作隣接権の権利者の皆様から半年間、画期的な特別措置を講じて頂きました。100 年を超える商業用レコードの歴史ではラジオ、テレビでの利用という大きな節目がありました。今回の事業を通じて新型コロナウィルス禍とインターネットの時代に即した、円滑で調和が取れたレコード音源のインターネットでの利用という新領域を開拓し、権利者や DJ のみならず様々な表現者に寄与したいと思います。」と述べます。 

今回の著作権・著作隣接権の時限的な協力体勢によるライブ DJ 配信は、連携する日本レコード協会、日本音楽著作権協会及びNexTone の他に、音楽権利者諸団体のご理解をいただき、文化庁、経済産業省、東京都や渋谷区などの行政府、日本ナイトクラブエンターテイメント協会や日本ミュージックバー協会などのダンスミュージック関連団体や、日本橋アートアクアリウム美術館をはじめとする民間事業者(以上、法人格省略、順不同)によるご協力・ご支援を頂くなど、エンタテインメントに関わる全員が一団となって新型コロナウィルス時代のエンタテインメントの姿を見据えて取り組んでおり、JDDAはこの試みを有意義なものとしてゆく所存です。
 
<概要>
●対象とする配信形態は生でパフォーマンスする DJ Mix のオーディオ並びにパフォーマンス映像をライブストリーミング配信する形態とし、無料配信を基本とします。配信地域は制限しません。
●ライブ DJ 配信に使用する音源は邦楽レコード音源に限定、今回の特別な取組みにご賛同を得 られたレコード会社の音源を対象とします。参加 DJ は Japan DJ net の登録メンバーであり、JDDAが職業 DJ と認定した方に限定します※2。
●この度の配信事業は 2021 年 7 月 17 日(土)から開始し、2022 年 1 月 16 日(日)までの期間限定で行います。
●楽曲は(一社)音楽情報プラットフォーム協議会 Music Forest/音楽の森※3に登録された楽曲、もしくはオリジナル楽曲を使用します。
●配信はライブのみでアーカイブ配信は行いません。毎週末、金曜、土曜の 20 時〜23 時を予定 (その他、祭日などの特別配信含め半年間で約 50 配信を予定)
●配信プラットフォームは JDDA が J-Wave のポッドキャスト配信を行う「SPINEAR」内に設け る特設サイト「Japan DJ net Online」を使用します※4。


<JDDA について>
JDDA/Japan Dance Music&DJ Association(代表理事:角田敦)は、DJ の社会的価値や文化的価値を高め、広く一般に広めていく事を目的とする一般社団法人です。 Japan DJ net を運営し、ダンスミュージックにおける芸術文化の普及、及び日本の DJ の演奏技術の向上を目指すとともに、ダ ンスミュージックに関する資料の収集や保存、研究、イベント、公開講座などを通して社会的、文化的活動に寄与することを目的としています。公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 (芸団協)会員。

 
※ 1 文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」の受給者、東京都「アートにエールを!東京プロジェクト」(個人型)による支援対象者(動画掲出者)も対象
※2  文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」の受給者、東京都「アートにエールを!東京プロジェクト」(個人型)による支援対象者(動画掲出者)も対象
※3  www.minc.or.jp
※4  時間差で LotusTV よりアジア向け配信も協議
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人JDDA >
  3. JDDA がインターネットで DJ プレイを正規にライブ配信する日本初の事業を開始