中四国eスポーツ団体DEPORTARが本格的に事業会社として始動。来たる8月15日に『FIFA』の大会を岡山で開催。

eスポーツの熱狂を、中四国から全国へ。

2021年7月12日、これまで任意団体であったDEPORTAR(デポルターレ)はこの度株式会社として設立され、本格的かつ実践的にeスポーツへ取り組みます。
  • 会社設立の経緯
東名阪といった都心に比べ、岡山を含んだ中四国では、eスポーツへの認知・理解がまだまだ不十分だと感じております。

「ゲームが好き」
「ゲームのために何かしたい」
「ゲームで働きたい」

そして、こう想う人々は、中四国にもたくさんいます。

DEPORTARは、法人となることで責任を一段深く負い、ゲームを愛する人々の情熱を枯れさせないため、eスポーツを通じてさまざまな契機をつくって参ります。また、小規模の会社だからこそフットワークを軽く、法令を遵守し、柔軟にイベントや大会の開催を続けていければと考えております。

その会社設立後のイベント第1弾として、8月15日(日)に岡山にてオフラインの大会を開催します。

DEPORTARのイメージキービジュアルとロゴ。手掛けたイラストレーター jbstyle. 氏は、ゲーム『鉄拳7』のアートワークや、eスポーツ施設REDEE、また競技型デジタルアートLIMITS等で活躍を拡げる。DEPORTARのイメージキービジュアルとロゴ。手掛けたイラストレーター jbstyle. 氏は、ゲーム『鉄拳7』のアートワークや、eスポーツ施設REDEE、また競技型デジタルアートLIMITS等で活躍を拡げる。

 
  • 8月に岡山で大会を開催
岡山駅前にある商業施設「イコットニコット」内『ワンダーウォール』にて、世界的人気タイトルであるサッカーゲーム『FIFA』のオフライン大会を行います。

イベントの総合プロデューサーには、牡蠣漁師でありながらeスポーツ選手やイベンターの肩書も併せ持つ異才・マラ選手(https://twitter.com/maradota2)が参画。参加者や観客の皆様に心から楽しんでいただけるよう、各イベントや試合を盛り上げます。

自称「ゲーム大好き漁師」ことマラ氏。eスポーツのイベント運営やマーケティングを行う傍ら、eスポーツチームSETOUCHI ENLIFEの代表も務める。自称「ゲーム大好き漁師」ことマラ氏。eスポーツのイベント運営やマーケティングを行う傍ら、eスポーツチームSETOUCHI ENLIFEの代表も務める。

 

■大会詳細
日時:2021年8月15日(日)13時~18時終了予定
場所:ワンダーウォール(イコットニコット2階)
   https://www.tsutayabookstore-okayamaekimae.jp/floorguide/wonder-wall/
賞金:3万円 ※その他副賞あり(後日Twitterにて発表致します)。
運営:アンカーズ株式会社(https://anchor-s.jp/
企画:株式会社DEPORTAR
申込:下記のリンクよりお願い致します。
   https://forms.gle/rKg8tWGn73UcdZXy6

※新型コロナウイルス感染防止のため、ガイドラインを設けます。
 ご参加の際は、必ずそちらにお目通しの上、遵守していただけますようお願い致します。
 
  • ゲーム開発会社サイバーコネクトツー松山洋氏より応援コメント
発足にあたり、ゲーム業界の大先輩である株式会社サイバーコネクトツー代表取締役社長、松山洋(https://twitter.com/PIROSHI_CC2)氏より応援のコメントをいただいております。

「岡山で新たにeスポーツ団体が立ち上がるということを聞きました。サイバーコネクトツーも福岡に本社があるゲーム開発会社として、こうして地方都市でゲームソフトを遊び、プロのeスポーツプレイヤーを創出していくことにとてもワクワクしますね。”ゲームは作り手と遊び手の真剣勝負!”という時代から、遊び手同士の頂上決戦へと変化しつつあります。しっかり応援し、ゲーム業界全体がプレイヤーの皆さんと一緒に盛り上がることを期待しています!」

 

サイバーコネクトツー代表松山洋氏。ゲーム『.hack』や、『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー』、『ドラゴンボールZ KAKAROT』等を手掛け、現在独自IPの『戦場のフーガ』や、大人気漫画原作『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』を開発中。サイバーコネクトツー代表松山洋氏。ゲーム『.hack』や、『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー』、『ドラゴンボールZ KAKAROT』等を手掛け、現在独自IPの『戦場のフーガ』や、大人気漫画原作『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』を開発中。


サイバーコネクトツー社ウェブサイト:https://www.cc2.co.jp/

ご期待に沿えられるよう、eスポーツ・ゲーム業界の隆盛の一端を担うべく進んで参ります。
 
  • 株式会社DEPORTARについて
中四国と東京を拠点にするeスポーツ事業会社です。

「あらゆる手段を通じ、万人に開かれた文化としてのeスポーツをつくる。」というミッションのもと、大会の企画運営のみならず、多角的にeスポーツに携わっていければと強く考えております。

Twitter:https://twitter.com/Deportar2

■メンバー紹介
・代表取締役社長:山田 浩徳(やまだ ひろのり)
https://twitter.com/hironori_1986

「宿泊業で地方創生を」を理念に掲げる株式会社TORNOS(トルノス)の代表取締役社長。宿泊施設の運営はもちろん、不動産事業も手掛けている。好きなゲームは『リーグ・オブ・レジェンド』と『メタルギア オンライン』。最近、念願だった『PlayStation 5』を入手。

・取締役:竹谷彰人(たけや あきと)
https://twitter.com/akitotakeya

「イラストの更なる可能性の探求。」を理念に掲げる株式会社ミリアッシュの代表取締役社長。ゲームイラストの制作をメインに、NFTアートの販売や、ゲームクリエイターブランドという新事業も立ち上げ中。漫画レビュー媒体「東京マンガレビュアーズ」レビュアー。好きなゲームはRPGとホラーゲーム全般。最近『マリオのスーパーピクロス』の全300問をクリア。

ミリアッシュ社ウェブサイト:https://www.myriashue.co.jp/
 
  • 今後の展望
DEPORTARにとって、大会の開催はあくまで手段のひとつです。

eスポーツ、ひいてはゲーム業界が今後ますます盛んになっていくよう、eスポーツ選手のセカンドキャリアや、教育を通じた世代間の交流、地方創生やSDGs等、多種多様な問題解決に取り組んで参ります。 

ご共感いただける各社様とのパートナーシップ等、心からお待ちしております。ぜひお気軽にご連絡くださいますと幸いです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デポルターレ >
  3. 中四国eスポーツ団体DEPORTARが本格的に事業会社として始動。来たる8月15日に『FIFA』の大会を岡山で開催。