中高生約2,000人の意見が反映された、学習にちょうどいいノート「Tree’s」が新発売!

チャンネル登録者数158万人を誇る、教育系YouTuber「とある男が授業をしてみた(葉一)」さんが太鼓判!

何が“ちょうどいい”のか、わかりやすく動画で解説!
日本ノート株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:角坂 靖夫)は、いつも皆さまの身近にあり、学びを支える製品づくりを目指す、ノートをはじめとする紙製品・文具製品メーカーです。

この度、スタンダードノートのブランド「Tree’s」より、学習に特化した“新プラスメモリ罫ノート”を新発売したことを記念致しまして、チャンネル登録者158万人(2021年10月配信日時点)を誇る、教育系YouTuberの「とある男が授業をしてみた(葉一)」さんとコラボレーションを行いました。コラボレーションでは、「とある男が授業をしてみた(葉一)」さんとのYouTubeタイアップを皮切りに、店頭のPOPにも出演頂きます。(2021年10月15日~2022年3月31日)是非、この機会に「Tree’s」を手に取っていただければ幸いです。
 

 

 

 

                                                                 【店頭POP】

【「とある男が授業をしてみた(葉一)」のここが“ちょうどいい”】
●行の中心に置かれた“プラス(+)”と横線の“メモリ”が、ちょうどいい!!
・中高生のノート使用実態を調査し、使いやすさを追求したプラスメモリ罫は、さまざまな学びのスタイルをサポートする学習に特化したノートです。フリーハンドでは書きにくい図形やグラフを書く際に便利です。

●“青色”の罫線が、ちょうどいい!!
・書いた文字が主役となるように、青味のある主張しすぎない罫線に。黒系の筆記用具で書いた文字が、しっかり、くっきりと見えやすくなります。

●7mm幅のA罫が、“英語”の書き取りに、ちょうどいい!!
・方眼紙と横罫ノートのイイとこどりをしている「Tree’s」は、英語の書き取りにも大活躍。大文字・小文字の書き分けや後で見返した時の見やすさを実感できます。

【“ちょうどいい”特徴】
●学習にちょうどいいノート
・罫線以外にも、学習に最適で、さまざまな学びのスタイルをサポートできるよう工夫を凝らしています。背表紙は、教科などを記入した際に見やすい淡いグレーを採用し、表紙右上にはナンバーや日付などノートの管理に必要な項目が書き込める記入欄を設けました。また、表紙デザインの一部に配した罫線タイプ部分には、補足的な情報を書き込むことができます。学習ノートに必要な要素をちょうどよく仕上げています。

●選べるカラーとスタイル
・Tree’sブランドの特徴である”自分らしく選べる”カラーバリエーションでありながら、学習の邪魔になりにくい
落ち着いたニュアンスカラーを採用しています。また教科分けに便利な5色パックもご用意しているので、教科や用途などで使い分けするのに最適です。
 


【商品情報】
●ブランド名  :日本ノート
●製品名  :Tree’s プラスメモリ罫
●サイズ  :セミB5判(6号):W179×H252mm
●罫内容  :UTRP3AP/ UTRP3AR/ UTRP3AY/ UTRP3AX5:7mm罫×30行 止罫(プラスメモリ罫):UTRP3BG/ UTRP3BLB/ UTRP3BV/ UTRP3BX5:6mm罫×35行 止罫(プラスメモリ罫)
●枚数  :30枚
●希望小売価格  :単冊:税込価格187円(本体価格170円) :5色パック:オープン
●発売日  :単冊:2021年7月7日
:5色パック:2021年7月7日 一部店舗にて先行発売 ※一般発売は2021年9月末
:※店舗によって発売日が異なる場合がございます。

【植林木を原材料とした紙を使用】

Tree’sブランドは大切な自然の豊かさを守り、環境への配慮を前提とし持続可能な社会をめざし、より良い商品の開発に努めています。植林木とは、森林資源を計画的に育成することによって自然環境を維持するしくみのひとつです。Tree’sは、環境への配慮からノートの中紙に植林木を原材料とした紙を使用しています。

「とある男が授業をしてみた(葉一)」

東京学芸大学を卒業後、営業職、塾講師を経て独立。2012年にYouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」を開設。小学校3年生から高校3年生対象の授業動画や、学生の悩み相談にこたえる動画を投稿している。チャンネル登録者158万人、再生回数は4億回を超える。著書に『塾へ行かなくても成績が超アップ! 自宅学習の強化書』(フォレスト出版)などがある。



【会社概要】
日本ノート株式会社(ニッポンノート)
代表者  :代表取締役社長 角坂 靖夫(かくさか やすお)
本社所在地  :〒135-0041 東京都江東区冬木11-17 イシマビル14階
事業内容  :学用・日用・ビジネス用紙製品・文具の製造・販売
印刷物・出版物・紙製品等の海外生産・輸入販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ノート株式会社 >
  3. 中高生約2,000人の意見が反映された、学習にちょうどいいノート「Tree’s」が新発売!