Rugby School Japan開校に向け、英国パブリックスクールの名門・ラグビー校、国立大学法人千葉大学、Clarence Education Asia Ltd. が基本合意書を締結

Rugby School Japanを2023年9月開校予定

左:ラグビー校Peter Green校長 右:CEA兼CEAMS代表 フェイフェイ フウ氏左:ラグビー校Peter Green校長 右:CEA兼CEAMS代表 フェイフェイ フウ氏

左:CEA兼CEAMS代表 フェイフェイ フウ氏 右:国立大学法人千葉大学 中山俊憲学長左:CEA兼CEAMS代表 フェイフェイ フウ氏 右:国立大学法人千葉大学 中山俊憲学長

ラグビー校(所在地:イギリス ウォリックシャー、理事長:Barry John O’Brien)、国立大学法人千葉大学(所在地:千葉県千葉市、学長:中山俊憲)、Clarence Education Asia Ltd.(本社:香港、CEO:フェイフェイ フウ、以下、CEA)、及びCEAの日本法人CEAMS合同会社(本社:東京都千代田区、CEO:フェイフェイ フウ、以下、CEAMS)の4者は、2023年9月に”Rugby School Japan”を設立することを目指す基本合意書を、2021年7月30日に締結致しました。

Rugby School Japanは、国立大学法人千葉大学の柏の葉キャンパス内の一部に、英国式Year 7~ Year 13の男女共学の通学制・寮制選択可能なボーディング・スクールとして開校する予定です。2021年8月に開校準備を担う「Rugby School Japan設立準備財団」が設立されます。

Rugby School Japanは、英国カリキュラムとハウス・システムを導入します。同校は、日本においてもラグビー校の理念である”Whole Person, Whole Point”という全人教育を掲げ、その450年間の歴史と卓越した教育経験の恩恵を受けるものとなります。

【Rugby School Japanについて】
Rugby School Japanのウェブサイト:https://www.rugbyschooljapan.com/
  • 計画地は、国立大学法人千葉大学柏の葉キャンパス一部区画
  • Year 7~Year 13 の7年制で、各学年100~120人の男女が在籍する予定
  • 7学年780人が通学制または寄宿舎制で学ぶ予定
  • 入学には、選抜試験を実施予定
  • 教員は、英国を中心に世界各国から採用予定

【英国ラグビー校について】
https://www.rugbyschool.co.uk/

【国立大学法人千葉大学について】
https://www.chiba-u.ac.jp

【Clarence Education Asia Ltd.について】
https://www.clarenceeducation.asia/

【CEAMS合同会社について】
Clarence Education Asia Ltd.の日本現地法人

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Clarence Education Asia Ltd. >
  3. Rugby School Japan開校に向け、英国パブリックスクールの名門・ラグビー校、国立大学法人千葉大学、Clarence Education Asia Ltd. が基本合意書を締結