Looking Glass Factory、Makuakeで「Looking Glass Gen2ファミリー」の販売を開始


業界初のデスクトップ・ホログラフィック・ディスプレイの開発製造を手掛けるLooking Glass Factory(本社: 米ニューヨーク、CEO: ショーン・フレイン)は、Makuakeで7月21日(水)14:00より同社の第2世代ホログラフィック(Gen 2)ディスプレイ・ファミリー「Looking Glass Portrait」、15.6インチディスプレイ「Looking Glass 4K Gen2」ならびに32インチディスプレイ「Looking Glass 8K Gen2」の先行予約販売を開始しました。Makuakeプロジェクトでは、数量限定の特別価格や付属品・ソフトウェアを取り扱います。特別価格ならびにプロジェクトの詳細は、こちらをご参照ください(https://www.makuake.com/project/lookingglass_gen2/)。

Looking Glass Portraitは、軽量で写真や肖像画に最適な小型システムです。業界最先端のホログラフィックディスプレイであるだけでなく、最も手頃な価格で使いやすく、デスクトップ上で本物そっくりの3Dホログラフィック・イメージやビデオ、アプリケーションの表示や作成など、体験したい人にとって理想的なシステムです。

4K/8K Gen2ファミリーの最大の特徴は、「blockless」と称するハードウェア自体にあります。スクリーンはより薄く、ハードウェアはより軽量(4Kディスプレイは第1世代9.1kgが第2世代2.4kg、8Kは第1世代28.5kgが第2世代15.5kg)に、ホログラムがスクリーンから飛び出してくるような表示を実現したことで、ユーザは様々な制約から解放されました。また、光学系の改善により周囲の反射が減少し、グループでの視聴が今まで以上に容易になりました。さらに、4Kシステムはスタンドアローンモード(Looking Glass Portraitと同様)で動作するため、第1世代のシステムよりも使いやすく、持ち運びにも便利です。

また、Looking Glass Factoryは、第2世代ディスプレイの発表にあわせて、ソフトウェアのアップグレードと標準化を行いました。すべてのシステムは、Looking Glass Factoryの新しいホログラフィックアプリケーション「HoloPlay Studio」上で動作するようになりました。このアプリケーションは、熟練した3Dクリエイターからエントリーレベルの3Dクリエイターまで、ホログラフィックメディアの表示、編集、同期を簡単に操作する目的で開発された新しいソフトウェアです。さらに、Looking Glass Factoryは、Unity、Unreal、Blender用のプラグインのアップグレードや、バックエンド・ソフトウェアのコア・インフラストラクチャのアップグレードを行い、クリエイターがホログラムの作成を迅速に開始するために必要なすべてのツールを提供します。


Looking Glass Factoryについて
米ニューヨーク市ブルックリン区グリーンポイントに本社を置き、香港に別拠点を有するLooking Glass Factory Inc.は、同社の主力製品「The Looking Glass」の発売以降、ホログラフィック・インターフェースの分野で世界をリードしています。高度なハードウェアとソフトウェアを組み合わせたこのユニークな製品は、同社の特許取得済みのライトフィールド技術をベースにしており、2019年には今までに最も広く採用されたホログラフィックディスプレイとなりました。今日、同社は開発者と企業の両方のホログラフィックのニーズに対応しており、SFの世界で紹介されたヘッドセットと必要としないホログラムによる未来の構築に尽力しています。詳細については、www.lookingglassfactory.com をご覧ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Looking Glass Factory Inc. >
  3. Looking Glass Factory、Makuakeで「Looking Glass Gen2ファミリー」の販売を開始