Catalystの役割を担うオープンDataをPartnerとともに株式会社Catalyst・Data・Partners事業領域拡大にともなう第三者割当増資に関するお知らせ

学研ホールディングス、小学館、日販グループホールディングス、富士山マガジンサービスが出資

 株式会社TDSは、事業領域の拡大に伴い、第三者割当増資を2021年8月末までに実施し、株式会社Catalyst・Data・Partners(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 髙橋誉則 以下、カタリスト)に社名を変更いたしました。カタリストは、新たなパートナー各社とともに事業領域を拡大し、「オープンデータで世の中を変える」ことを目指してまいります。

■新社名

新社名 :株式会社Catalyst・Data・Partners(読み:カタリスト・データ・パートナーズ)
社名変更日 :2021年4月1日
住所 :東京都渋谷区南平台町16-17
代表者 :代表取締役社長 髙橋誉則
資本金 :8,000万円※2021年8月5日現在
URL  :www.cdp-ltd.co.jp

■第三者割当増資引受先(※五十音順)
・株式会社学研ホールディングス
・株式会社小学館
・日販グループホールディングス株式会社
・株式会社富士山マガジンサービス

■事業領域の拡大と社名変更の背景
 私たちは、これからの時代を「社会」と「個人」と「テクノロジー」が、“自立的に調和する時代”になると捉え、その調和を助け、促進していく重要な役割を担うのがデータであると考えています。

 今までのように、企業や組織がデータを占有するのではなく、「社会の発展」や「個人の幸せ」のために、より多くの個人、組織にシェアされ、利用しやすいものにしていくことを使命とし、その調和の速度を上げる触媒(Catalyst)としての役割を目指します。

 よりオープンにシェアされるデータが触媒となることで、世の中と未来を明るく楽しい方向に変えていくと信じ、オープンデータで「個人の生き方」「企業の意思決定」「社会の持続性」を支援してまいります。
 その第一弾として、構造的な課題を抱える出版界において、出版社様、書店様、取次各社様のデータを連携し、オープンにシェアすることによって、出版業界における課題解決および各社の新規事業への活用を促進してまいります。なお、具体的なデータ連携や実施する施策の方法や内容等につきましては、法令その他社会要請等を踏まえ、今後協議を進めてまいります。

■事業内容
<1>デジタルマーケティング事業
<2>リアルマーケティング事業
<3>ファンマーケティング事業
<4>感性マーケティング事業

■スローガン
Open data change the world~オープンデータが世の中を変える~

■ミッション
オープンデータで「個人の生き方」「企業の意思決定」「社会の持続性」を支援するカンパニー

■ビジョン
データシェアリングで、「社会の発展」や「個人の幸せ」を実現する

■バリュー
・Sharing:独占せずに、シェアリングしていく
・Individual:企業中心から、より個人の時代へ
・Flexible:既成概念に捉われず、柔軟に対応する
・Innovation:安定を良しとせず、革新し続ける
・Borderless:あらゆる垣根をこえていく
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Catalyst・Data・Partners >
  3. Catalystの役割を担うオープンDataをPartnerとともに株式会社Catalyst・Data・Partners事業領域拡大にともなう第三者割当増資に関するお知らせ