日本初! 災害対策用レッカー車完成

㈱ヤマグチレッカー、 「“道路啓開用”4輪駆動レッカー車」を開発

日本一のレッカー車納入実績を誇るヤマグチレッカーはこの度大規模災害発生時における “道路啓開用”4輪駆動レッカー車を開発致しました。
(株)ヤマグチレッカーは1984年の創業以来、事故・故障車両の緊急排除を目的としたレッカー車を提供してまいりました。

近年日本では、大雨・台風・地震・津波・土砂崩れ・大雪・火山噴火など自然災害が頻発また激甚化しています。それによりライフラインである道路が被災車両等でふさがれ通行不能になれば国民生活は立ち行かなくなります。その様な悪条件下でも問題なく運用稼働出来ることを目的に開発されたのが、道路啓開用レッカー車です。

レッカー車のベースシャシには洪水、大雪、土砂崩れの中でも稼働可能な高床4輪駆動シャシを選択しました。また副変速機を備えることによりコンパクトな車体ながら車両重量50トンもの大型車両の牽引排除も可能となっています。


*道路啓開とは?
道路を閉塞する要因を取り除き、緊急車両等が通行可能となる救援ルートを確保するための活動です。
大規模災害時には、応急復旧実施前に救命・救援ルートを確保する道路啓開が重要となります。


 

道路啓開用4輪駆動レッカー車道路啓開用4輪駆動レッカー車

道路啓開用4輪駆動レッカー車 後方道路啓開用4輪駆動レッカー車 後方


 

レッカーブーム能力は14.5トン。6.8トンのメイン油圧式ウインチを2基装備し、最大5.1mの高さより上下左右あらゆる方向からも障害物の撤去作業が可能です。さらに3.6トンの補助油圧式ウインチを車両前部+後部にも各1基装備し、レッカーブームで障害物を吊り上げながらのウインチ引き出し作業も可能としました。
油圧駆動式高圧エアコンプレッサーを装備し、高機能エアー式マットジャッキの使用、もちろん大型トラックのタイヤ脱着作業や応急修繕作業にも威力を発揮します。

 
今後、災害・車両故障・事故発生時の迅速な原状回復や二次被害の予防に期待されます。
警察・消防・国 地方公共団体等への導入などご相談ください。


 
  • 道路啓開用レッカー車 概要
いすゞ2RG-FTS90S2(改) 型 レッカー車
ホルムス600R/ニーブーム型レッカー装置、
14.5トン300°旋回油圧式レッカーブーム(最大ブーム高 5.1m)
6.8トン油圧式ウインチ 2基(レッカーブーム部搭載)
3.6トン油圧式ウインチ 1基(前バンパー部搭載)
3.6トン油圧式ウインチ 1基(後アンダーリフト上部搭載)
タダノTM-ZX363HRSA型2.9トンキャブバッククレーン装置
油圧駆動式高圧エアコンプレッサー
エアインパクトレンチ(大・中・小)、25トンエアー式トラックジャッキ、
5.4トンエアー式マットジャッキ、ループ式特殊ナイロンスリングベルト、
強化型チェーン式スリング 等


【会社概要】
会社名:株式会社ヤマグチレッカー
代表者:山口喜久雄
創業:1984年3月14日
資本金:500万円
所在地:本社・鳥浜工場 〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町2-69
電話番号:045-242-6240(代表)
ホームページ:http://www.yamaguchi-wrecker.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヤマグチレッカー >
  3. 日本初! 災害対策用レッカー車完成