当社の年間報道件数が3年前の約80倍に増加、7月は100倍に M&Aの認知度や理解に寄与



各 位


 株式会社ストライクは3年前に広報部を新設し、メディアリレーションシップの強化などを通じて当社関連の報道件数(新聞、テレビ、雑誌、インターネットメディア)を増やすことに力を入れてきました。
 この結果、当社の報道件数が2021年8月末までの1年間(20年9月~21年8月)で795件に達し、広報部発足前の1年間(17年度、17年9月~18年8月)の約80倍に増加しましたことをお知らせいたします。21年7月単月の報道件数は84件と、広報部発足前(17年度)の月別の平均値(0.8件)の約100倍に達しました。
 ストライクが手掛けておりますM&A仲介サービスは、後継者不在の中小企業の皆様に、事業承継の手段の一つとして活用されております。中小企業の生産性向上やスタートアップ企業の資本力強化にも役立てていただいております。
 当社はM&A仲介を通じて中小企業の皆様のお役に立つことを目指すとともに、新聞やテレビなどの報道を通じてM&Aやその意義への理解を深めていただけるよう努力してまいりました。20年度の報道の内容は、当社のM&A仲介の着手金無料化など新しいサービスや、当社が定期的に実施しております中小企業経営者のアンケート調査の結果など多岐にわたりました。
 メディアの皆様が積極的に取材してくださった結果、当社の報道件数は急増し、M&A業界の知名度・認知度が向上し、理解も深まっているように思います。報道関係者の皆様、記事の読者、視聴者の皆様に厚く御礼を申し上げます。当社の荒井邦彦社長は「引き続き積極的な広報活動を展開するほか、オウンドメディア『M&A Online』などにより自らM&A関連の情報を発信してまいりたい」と話しております。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ストライクの主なメディア掲載実績はこちらから
https://www.strike.co.jp/corporate/media/newspaper_2021.html


主な掲載メディア(2018年9月~21年8月)

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストライク >
  3. 当社の年間報道件数が3年前の約80倍に増加、7月は100倍に M&Aの認知度や理解に寄与