SFAとISE Foods Holdings 地元の卵生産を強化するための最新施設の開発に関するMOUを締結

2021年9月10日、シンガポール食品庁(SFA)とISE Foods Holdings Pte Ltd(イセ・フーズ・ホールディングス、略称IFH/本社・シンガポール 吉川月乃CEO)は、IFHがシンガポールで採卵農場、孵化場、種鶏成鶏農場、種鶏若雌農場(注1)を開発するためのMOU(了解覚書)を締結しました。これはシンガポールで4番目の鶏卵農場となり、シンガポールの食糧供給と鶏卵生産能力の回復力を強化することになります。

注1)
採卵農場(さいらん):成鶏を導入し、産卵・採卵する農場
孵化場(ふかじょう): 種卵を孵化する施設
種鶏成鶏農場(しゅけいせいけいのうじょう):種鶏若雌を成鶏飼育し種卵を採取する施設
種鶏若雌農場(しゅけいわかめすのうじょう):卵を産む鶏の親鶏飼育施設(若雌まで)



(写真説明)シンガポールの鶏卵農場開発に関するSFAとIFHのMOU調印式。食糧供給と鶏卵生産力が強化されることになる=2021年9月10日、シンガポールで、(左から)山崎純・駐シンガポール日本国特命全権大使(Zoom)、吉川月乃IFH CEO、グレース・フー持続可能性・環境大臣、リム・コク・タイSFA最高経営責任者、チャンドラ・ダスIFH取締役、伊勢彦信・イセ食品名誉顧問兼オーナー(Zoom)


 IFHは、イセ食品株式会社(ISE)の名誉顧問兼オーナーである伊勢彦信氏が過半数の株を所有しています。ISEは、日本の鶏卵生産のトップであり、世界の鶏卵生産のトップ6に入る企業です。日本に15の農場、アメリカとアジアに6の農場を持っています。

  IFHは、1億シンガポールドル(約80億円)以上を投資して、鶏の健康状態の遠隔監視、高度な気候制御、臭気や廃棄物の管理などの分野で、最先端の技術と環境に配慮した手法を採用した施設を建設します。

 これらの施設は、2022年から順次着工し、2024年から2026年にかけて段階的に操業を開始する予定です。完全に稼働すると、これらの施設は年間3億6000万個の卵と500万羽の日齢鶏(ひよこ)を生産する能力を持つことになります。これにより、地元の卵農場の生産能力は、現在の約28%からシンガポールの卵需要の約半分を満たすことができるようになります。

  MOUは、SFA最高経営責任者であるリム・コク・タイ氏と伊勢彦信氏(Zoom)によって仮想的に署名されました。署名には、グレース・フー持続可能性・環境大臣、チャンドラ・ダスIFH取締役が立ち会いました。山崎純・駐シンガポール日本国特命全権大使もZoomで出席しました。このMOUは、SFAがIFHに4つの農地(合計約13ha)を市場価格で、30年、リースすることを確認するものです。

  グレース・フー大臣は、「IFHが計画している1億シンガポールドル(約80億円)以上の最新設備への投資は、シンガポールの鶏卵生産能力の向上に重要な役割を果たします。ISEがシンガポールに拠点を置くことで、農業食品や持続可能性の分野でシンガポール人の雇用が創出されるだけでなく、地元の鶏卵産業の能力と回復力が向上し、地元の農業食品産業が活性化されます。これは、生産性が高く、気候変動に強く、持続可能な方法で、シンガポールの総合的な食糧安全保障を強化するための後押しとなります」

 リム氏は、「ISEとのコラボレーションは、シンガポールが『30 by 30』の目標を達成するために、現地の能力とキャパシティを向上させることができるため、喜ばしいことです。ISEが農業資材、先進的な農業技術、研究開発などの分野に投資することで、将来的なキャリアアップの機会や、ノウハウの波及効果が期待でき、シンガポールの食への耐性を強化することができます」と述べています。

 伊勢彦信氏は、「飼料やワクチンなどの農業資材、日齢鶏から鶏卵の生産まで、エコシステム全体を現地で構築するISE初の海外プロジェクトであるため、シンガポールとの画期的なコラボレーションは重要です。また、IFHは、遺伝子育種、飼料の種類、鶏糞のリサイクルなどの分野で、ここでの研究開発(R&D)パートナーシップを深めていく方向で話が進んでいます」と述べています。

シンガポール食品庁とISE Foods Holdings Pte Ltdの共同発行です。
2021年9月10日

メディアの皆様からのお問い合わせはこちらまで

SFA
担当者:Ms Low Li Ping
SFA メディア&ソーシャル・メディア・マネージャー
携帯電話 (+65) 8444 7208
電子メール: low_li_ping@sfa.gov.sg

ISE Foods Holdings Pte Ltd
担当者:吉川月乃
イセ・フーズ・ホールディングスCEO
電子メール: info@ISEfoods-holdings.sg


 写真・動画素材はこちらから
 https://drive.google.com/drive/mobile/folders/1-Sb1wfBHriynrP1Y7zoSt5Qx4-TAhOsE?usp=sharing_eip_m&ts=613acfeb

 https://asiaprwerkz-my.sharepoint.com/:f:/g/personal/cpl_aprw_asia/EolhHb-zPcVHp3e4xQ0tTGYBzjVRPJ0_ZXJzbK0l6jpuzg?e=yho3XR

注意)シンガポールの現在のガイドラインでは、ステージ上でマスクをしないでいられるのは1人だけです。写真やビデオを使用する際には、ご確認の上、ご注意ください。

(情報)
シンガポール食品庁
SFAは、食品関連事項の主管機関として、シンガポールにおける安全な食品の供給を確保・保証することを使命としています。SFAは、産業界や消費者と協力して、3つの「食の宝庫」である「輸入元の多様化」、「地元での成長」、「海外での成長」を促進するとともに、農場から食卓までの食品の安全性を確保しています。

Grow localの一環として、私たちは2019年に "30 by 30 "という野心的な目標を掲げました。これは、2030年までに、私たちが必要とする栄養の30%を、資源的に最適で、商業的にも資源的にも持続可能な方法で地元で生産するために、農業食品産業の能力とキャパシティを向上させるための取り組みです。

SFAは、食品企業の能力強化、生産性向上のための技術活用、新規事業開発のための研究、食糧料安全保障を確保し、産業変革を促進するためのパートナーでもあります。

SFAの詳細については https://www.sfa.gov.sg/

イセ・フーズ・ホールディングス(IFH)
IFHは、シンガポールで4番目の養鶏場を運営するために設立された現地法人です。IFHは、先述の通り、シンガポールに1億シンガポールドル(約80億円)以上の投資を行い、環境に配慮した持続可能な手法を採用し、鶏の健康状態の遠隔監視、高度な気候制御、臭気や廃棄物の管理などの分野で、AIやIoTを搭載した最先端の高度な技術による農業機器を導入します。

先述の通り、日本のイセ食品株式会社(ISE)の名誉顧問兼オーナーである伊勢彦信氏が過半数の株を所有しています。また、Vertex(ヴァーテックス) HoldingsとVertex Ventures Southeast Asia and Indiaも株主です。

IFHについては https://www.isefoods-holdings.sg/

Vertex HoldingsとVertex Ventures Southeast Asia and India
Vertex Holdingsは、シンガポールを拠点とするベンチャーキャピタル投資持株会社で、AUM(運用資産)は50億米ドルを超えます。世界の主要なイノベーションハブにある6つのファンドのグローバルネットワークに、アンカー資金と運営サポートを提供しており、各ファンドは現地の投資チームによって独立して運営されています。

Vertex Ventures Southeast Asia and Indiaは、このグローバルネットワークの一部であり、主にシンガポール、インド、インドネシア、タイ、およびその他の地域のイノベーションの新興ハブに焦点を当て、機関投資家からの最初のラウンドのベンチャーキャピタル資金を求める高成長のスタートアップ企業に投資しています。

イセ食品株式会社(ISE)
先述の通り、1912年に日本で設立されたISEは、日本ではトップの鶏卵生産者であり、世界でもトップ6に入る企業です。ISEは、高品質な卵の生産と販売において100年以上の経験を有しています。現在、日本国内に15の農場を有しています。世界的に見て、アメリカ、中国、タイでも主要な事業を展開し、ISEの鶏は1日に約2,000万個の卵を産んでいます。

ISEは、世界で初めてFFC(Food With Function Claim)付きの卵を販売したことで知られています。EPAやDHAを豊富に含み、ビタミンを強化した卵を提供することでも知られています。ISE社は、卵を使った研究開発以外にも、付加価値の高い飼料、種子、免疫学、遺伝子、生産技術など、現代の養鶏場のエコシステムに関連する分野の研究を行うことを目指しています。

ISEは、IFHをASEANの地域本部とすることを目指しています。卵や穀物の生産、食品や農業技術の研究開発などを統括し、ISEのモデルをシンガポールで再現することなどを通し、安全で栄養価の高い卵を提供することも目指します。

ISEの詳細については https://www.ISE-egg.co.jp/eng/

(追加情報)
シンガポールの地場の卵生産を強化
鶏卵は手頃な価格のタンパク源として、シンガポールではよく消費されています。しかし、その70%以上をマレーシア、ポーランド、タイ、ウクライナなどから輸入しており、他国への依存度が高いのが現状です。IFHの施設を利用することで、現地の鶏卵生産能力は定常状態で日量約170万個から日量約270万個に増加します。先述の通り、これにより、シンガポールの鶏卵需要の約半分を満たすことができるようになります(現在は約28%)。

現在、シンガポールの養鶏場は、飼料やワクチン、日齢鶏などの農業資材の大半を輸入しています。IFHは、鶏卵用の農業資材の多様な供給を維持し、日齢鶏のシンガポール国内での供給を展開したいと考えています。これにより、シンガポールの鶏卵生産能力をさらに高めることができます。

この事業をシンガポールに定着させることで、シンガポールの食糧供給力をさらに強化し、「2030年までに必要な栄養の約30%を現地で生産できるようにする」(30by30)という目標に貢献します。

IFHのシンガポール農場
IFHの事業は、採卵農場、孵化場、種鶏成鶏農場、種鶏若雌農場の4つの施設で構成されます。IFHの施設のイメージ図は添付資料Aを参照してください。この4つの施設には、独自技術と農業システム、特に「統合システム」が導入されます。4つの施設ではそれぞれ、副産物を肥料やコンクリート補助材にアップサイクルするなど、最先端の技術と環境に配慮した手法を導入しています。

【IFHの農場施設の概要】
〇施設 採卵農場、孵化場、種鶏成鶏農場、種鶏若雌農場
〇場所 リム・チュー・カン、スンゲイ・テンガ、トゥアス※
〇想定プロットサイズ(ha) 10.0 0.6 1.5 1.0(計約13ha)
〇リース期間 30年
〇完成予定日 2024年~2026年
※施設の位置などの詳細は追ってお知らせします。

IFHは、生産活動をサポートするために、農場管理者、研究所の専門家、技術者、ビジネスマネージャー、さらには人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の専門家など、価値の高い役割を担う人材を現地で確保したいと考えています。

添付資料A

Illustrative visual of the bird’s-eye view of IFH’s future Egg Layer Farm. (Illustrative visuals: Big Dutchman)
IFHの未来のエッグレイヤーファームを鳥瞰した図解ビジュアル。(イラストレーター:ビッグダッチマン)

 

IFH's facilities in Singapore would feature state-of-the-art technologies through the use of Artificial Intelligence (AI) and Internet of Things (IoT). (Illustrative visuals: ISE Foods Inc. [top left] and NABEL [others])
IFHのシンガポールの施設は、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用した最先端の技術が導入されている。(写真:ISE Foods Inc、写真・イラスト:NABEL)

 

添付資料B

At-a-glance: IFH’s egg layer production process (Illustration: SFA)
一目でわかる。IFHの卵生産プロセス(イラスト:SFA)

 

 

 


(ご参考情報)
◆調印式でのスピーチ全文は、以下のURLか添付ファイルでご確認ください。

https://prtimes.jp/a/?f=d86367-1-ce2d0faf17c79406dea0c6178f1b5485.pdf

https://prtimes.jp/a/?f=d86367-1-90136237f21e79815f2d444bcba37cbe.pdf

◆各メディア様の報道状況

ザ・ストレーツ・タイムズ
https://www.straitstimes.com/singapore/consumer/japans-top-egg-producer-to-invest-100m-to-build-singapores-4th-egg-farm

その他
https://drive.google.com/file/d/1P6J8A-cG0kqvW16JKfKbZ_-LGZfjRvBn/view?usp=sharing

https://www.channelnewsasia.com/singapore/singapore-egg-farm-100m-ise-food-holdings-2169186
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ISE FOODS HOLDINGS Pte Ltd >
  3. SFAとISE Foods Holdings 地元の卵生産を強化するための最新施設の開発に関するMOUを締結