Innovation Design Platform(IdP)のオープニングイベントStartup Academia 開催!

東京を中心とする地域におけるグローバルなスタートアップ・エコシステムの育成・醸成を目指す

2021年9月27日(月) オンラインにて開催
 スタートアップエコシステム・東京コンソーシアムに参画する4大学(東京工業大学、慶應義塾大学、東京医科歯科大学、東京大学)によって立ち上げられ、コンソーシアム内の様々な外部協力機関や他のプラットフォームとともに、東京を中心とする地域におけるグローバルなスタートアップ・エコシステムの育成・醸成を目指す「イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)」のGAPファンドプロジェクト開始を記念したオープニングイベントを2021年9月27日(月)17:00よりオンラインにて開催します。このオンラインイベントは、どなたでも無料でご視聴いただけます。

 豪華登壇者による、大学発ベンチャー創出を考えるキーノート、 本プラットフォームにおいて事業化を目指す起業家候補に試作開発・試作テスト用の資金を提供するための「GAP FUND」採択企業の紹介など様々なコンテンツを展開致します。


GAP FUNDとは
 SCORE大学推進型(拠点都市環境整備型)のGAPファンドは、大学発ベンチャー創出のために大学の研究シーズに研究開発資金を提供します。事業化を目指す起業家候補に試作開発・試作テスト用の資金を提供し、かつ豊富なメンター陣が起業支援することで、研究と事業化の間に存在するGAP(空白・切れ目)を埋めることを促進します。
※東京大学は、共同機関ですが、他の資金等との整理上、本GAPファンドの対象となりません。
※本GAPファンドは横浜プラットフォームと協働して実施するため、横浜プラットフォームに参画する大学は対象となります。


GAP FUND採択チーム一覧 ※順不同

(採択テーマ・代表氏名・所属大学)
1 透析患者QOLを劇的に改善するインプラント人工腎臓Azinzoの研究開発 三木則尚 慶応義塾大学
2 バイオ靱帯の実用化におけるサイズと強度の改善 淺原弘嗣 東京医科歯科大学
3 画期的なレンチウイルスベクター増産法を浮遊細胞培養系に適用できることを実証する 山岡昇司 東京医科歯科大学
4 サルコペニアに対する治療薬開発と老化創薬としての事業計画立案 早野元詞 慶応義塾大学
5 動物実験を代替可能な試験管内スフェロイド臓器の開発 小島伸彦 横浜市立大学
6 リンパ系疾患の MRI 診断および治療を同時に実現する新規ドラッグデリバリー システム用薬剤の開発 矢野浩作 慶応義塾大学
7 新規国産ゲノム編集TiDの社会実装を目指した基盤技術開発 刑部祐里子 東京工業大学
8 酸化ストレスを利用した新規抗がん剤の開発 大槻雄士 慶応義塾大学
9 ハイドロゲルを用いた手技トレーニング用生体質感モデルの開発 鈴木淳史 横浜国立大学
10 心拍変動周波数解析を用いた心肺負荷状態把握に基づく高負荷活動従事者の労働安全支援システムの開発 岡泰資 横浜国立大学
11 医療の未来を切り拓くDNA修復 ー 早期事業化に向けた統合的研究開発 足立典隆 横浜市立大学
12 歯ぎしりの病態解明のための咬合圧・咬筋筋活動測定システムの事業化検証 大森浩子 東京医科歯科大学
13 スモールデータAIによる医用画像診断支援システムの多品種短期開発 鈴木賢治 東京工業大学
14 音響学的解析における認知症の検知技術を利用した事業検証 岸本泰士郎 慶応義塾大学
15 熱源に置くだけ埋めるだけ! 熱エネルギーで直接発電する“増感型熱利用発電” 松下祥子 東京工業大学
16 多様な材料を3Dプリントできる多目的マイクロ3D造形装置の開発 丸尾昭二 横浜国立大学
17 材料科学者の目線で開発するベイズ最適化のクラウドサービス 中山亮 東京工業大学
18 高分解能X線イメージング装置の迅速製造サイクルを実現するVGC法を用いた厚膜シンチレータ合成とその実用化検証 松本昭源 横浜国立大学
19 農業を即日DXさせるプロダクトサービス “農Sight”の開発 今村悠樹 東京工業大学
20 炭素繊維強化プラスチック部品の 構造・力学を考慮したAIベース非破壊検査手法の開発 村松眞由 慶応義塾大学
21 列車の混雑を見える化し、 乗客が安く乗れるかつ、混雑を緩和し、安心して移動できる社会の実現 早川智義 東京工業大学
22 画面共有・対話コンサルテーション機能を備えた次世代型遠隔画像診断の発展性と事業化に関する実証研究 山城恒雄 横浜市立大学

Keynote
 鈴木寛様による「世界を変える大学発スタートアップの育成」をテーマにしたご講演や、Spiber株式会社 関山様・株式会社モダリス 森田様に、ご自身の経験やノウハウをもとに、これから起業を目指す方へのメッセージをお話しいただきます。

◆登壇者一覧 ※敬称略

■鈴木 寛(http://suzukan.net/

東京大学公共政策大学院・慶應義塾大学政策・メディア教授

東京大学法学部卒業。通商産業省、慶應義塾大学助教授を経て参議院議員(12年間)。文部科学副大臣(二期)、文部科学大臣補佐官(四期)などを歴任。教育、医療、スポーツ、文化、科学技術イノベーションに関する政策づくりや各種プロデュースを中心に活動。現在、大阪大学招聘教授(医学部)、千葉大学医学部客員教授、電通大学客員教授、福井大学客員教授、和歌山大学客員教授、神奈川県参与、神奈川県立保健福祉大学理事、OECD教育スキル局教育2030プロジェクト役員、World Economic Forum Global Future Council member、Asia Society Global Education Center Advisor、Teach for All Global board member、日本サッカー協会理事、ユニバーサル未来推進協議会会長なども務める。

■関山 和秀(https://www.spiber.inc/
Spiber株式会社 取締役兼代表執行役

1983年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程在学中、2007年9月にスパイバー株式会社(現Spiber株式会社)を共同設立。持続可能な社会の実現に向け、原料を枯渇資源に頼らず、植物原料である糖を用いた微生物発酵によって作られる人工構造タンパク質素材「Brewed Protein™(ブリュード・プロテイン)」の産業化を目指す。
 

■森田 晴彦(https://www.modalistx.com/jp/

株式会社モダリス ファウンダー、代表取締役 CEO

キリンビール(現 協和キリン)にてバイオ医薬品、スロンボポイエチンの研究開発に従事後、ブーズ・アンド・ハミルトン(現 PwC Strategy &)で企業の経営戦略コンサルティングに携わる。抗体医薬を開発するベンチャーおいては経営企画、事業開発および米国法人の立ち上げとマネジメントに貢献。2006年にREGiMMUNEを設立し、CEOとしてGvHD治療薬の開発を米国第2相臨床試験まで指揮。2年のサバティカルを経て2016年にCRISPR技術を用いた遺伝子治療薬開発ベンチャー、モダリス設立。代表取締役CEOに就任。4年半で同社をマザーズ上場に導く。東京大学工学部卒業、同大学院修了

coming soon...
※ 追加登壇者に関しては、今後HPで随時更新します

開催概要
■イベント名:Innovation Design Platform(IdP)のオープニングイベント Startup Academia
■開催日時 :2021年9月27日(月)17:00〜20:30
■参加費  :無料
■申込URL :https://idp-opening-event-online.peatix.com/

イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)について
イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)は、スタートアップエコシステム・東京コンソーシアムに参画する4大学(東京工業大学、慶應義塾大学、東京医科歯科大学、東京大学)によって立ち上げられ、コンソーシアム内の様々な外部協力機関や他のプラットフォームとともに、東京を中心とする地域におけるグローバルなスタートアップ・エコシステムの育成・醸成を目指します。

公式HP:https://score-idp.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Innovation design Platform >
  3. Innovation Design Platform(IdP)のオープニングイベントStartup Academia 開催!