【日本のプロ球団だけではない】野球界に”新たな選択肢“を。2022年Asian Breezeが帰ってくる。参加選手の募集を開始!

株式会社Asian Breezeはこれまで7年間で183名を世界へ輩出し、15名がアメリカ独立リーグ、メキシコリーグなど世界4カ国にてプロ契約を結んでいます。

世界各国にて多数のプロ野球選手の輩出を行っている株式会社Asian Breeze(代表取締役:色川 冬馬)は、2月よりアメリカ・アリゾナ州で行われる新プロジェクト始動に向け、海外でのプロ契約を目指す参加選手の募集を開始します。

 

世界各国にて多数のプロ野球選手の輩出を行っている株式会社Asian Breeze(代表取締役:色川 冬馬)は、2月よりアメリカ・アリゾナ州で行われる新プロジェクト始動に向け、海外でのプロ契約を目指す参加選手の募集を開始します。

サンフランシスコ・ジャイアンツとのエキシビジョンゲームサンフランシスコ・ジャイアンツとのエキシビジョンゲーム

代表の色川は、これまで野球を通して16カ国を渡り歩き4,000人を超える選手の育成やキャリア形成に携わり、現場とビジネスの両面から野球界の最前線で世界各国にコネクションを構築してきました。

2021年7月12日に株式会社Asian Breezeとして法人設立後、スタートアップアクセラレーションを手掛ける株式会社RiskTaker(所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-3-11、代表取締役:冨山智広)とスポンサー契約を締結し、2025年にアメリカ独立リーグ参入を目指し活動の幅を拡大中。10月には首脳陣の就任発表も控えています。

 
  • 代表 色川 冬馬からのコメント


この度、RiskTaker様をアジアンブリーズのトップスポンサーとしてお迎えし、ご支援を頂けることに厚く御礼申し上げます。RiskTaker様とは、海外挑戦を通してリスクを取り続けてきた理念に強く共感し、この度の契約締結へと至りました。
2021年は新型コロナウィルスの影響によりチーム活動を休止していたアジアンブリーズですが、RiskTaker様のご支援を頂き、事業拡大及び成長速度を加速させて参ります。
アジアンブリーズでは引き続き、海外へ挑戦する若者へ選択肢を提供し、継続的にバックアップをして参ります。


【募集内容・概要】
・参加資格:16歳以上
・募集定員:最大25名
・参加費用:330,000円*早割あり

【アジアンブリーズの特徴】
-圧倒的な契約実績(2年で50名が参加し15名がプロ契約)
-現役プロ野球の指導者が指導
-MiLB球団を始めとする世界各国プロ球団との試合実績

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【Asian Breezeについて】
会社名:株式会社Asian Breeze (代表取締役社長:色川 冬馬)
所在地:日本事務所: 〒982-0032 仙台市太白区富沢4丁目6−1SK20ビル201
    アメリカ事務所:1880 Vida Pacifica St, Las Vegas, Nevada United States 89115
メール:info@asian-breeze.com
URL:https://asian-breeze.com/

2021年7月12日に設立。 代表取締役 色川 冬馬はこれまで野球を通して16カ国を渡り歩き、現場とビジネスの両面から世界中にコネクションを作り上げる。
「人生に新たな選択肢を提供する」を理念とし、アメリカ アリゾナ州に本拠地を構え、野球選手として海外でのプロ契約を目指す若者向けのトラベリングチーム事業やスポーツ人材育成事業などを展開している。

【RiskTakerについて】
会社名:株式会社RiskTaker
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-3-11
URL:https://risktaker.world

代表取締役 冨山 智広は、これまで証券トレードの自動売買システムの開発、世界金融領域でのビジネス展開を経て2019年よりエンジェル投資家としての活動を開始。VCとの共同投資などを複数実施した後、2021年5月に株式会社Risk Takerを創業。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
広報PR担当:正田
press@risktaker.world
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Asian Breeze >
  3. 【日本のプロ球団だけではない】野球界に”新たな選択肢“を。2022年Asian Breezeが帰ってくる。参加選手の募集を開始!