ベルリンで研鑽を積んだ若手実力派ピアニスト 北端祥人、帰国後初となる本格リサイタルを東京オペラシティ リサイタルホールで開催

「北端祥人(きたばた・よしと) ピアノ・リサイタル 」2021年11月11日 東京オペラシティ リサイタルホールで開催!バッハからヴィトマンまで、ドイツ音楽の系譜を弾く!

合同会社ヤタベ・ミュージック・アソシエイツは、「北端祥人 ピアノ・リサイタル」 を2021年11月11日(木)に東京オペラシティ リサイタルホールで開催します。


北端祥人は、京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後、ベルリン芸術大学でマルクス・グローのもとで研鑽を積んだ若き実力派ピアニスト。今年の第18回ショパン国際ピアノコンクール覇者ブルース・シャオユー・リューが第4位に入賞した2016年の仙台国際音楽コンクールで第3位を獲得し一躍注目を集め、国内外でソリスト、室内楽奏者として演奏活動を行なっています。2019年秋に帰国後、コロナ禍に見舞われ活動自粛を余儀なくされましたが、このたび満を持して本格的なソロ・リサイタルの開催が実現します。
今回のソロ・リサイタルでは「温故知新」をテーマに、J.S.バッハから、R.シューマン、ブラームス、そしてヴィトマンと、全てドイツの作曲家の作品を取り上げます。「音楽の父」と称され、西洋音楽の礎を築いたJ.S.バッハに始まり、J.S.バッハに多大な影響を受けた R.シューマン、R.シューマンと師弟として深く関わり合ったブラームス。そこから100年以上を経てドイツ音楽の精神を継承する稀有な現代作曲家イェルク・ヴィトマンの作品より「11のフモレスケ」を演奏します。ヴィトマンは、近年、ウィーン・フィルやベルリン・フィルなどの世界一流のオーケストラや、内田光子、アンドラーシュ・シフら世界的音楽家がこぞってその作品を取り上げる現在最も注目されている作曲家の一人。2007年にカーネギーホールの委嘱作として世界初演された本作が日本で全曲演奏されるのは極めて稀なこととなります。

数々の名作曲家を輩出し、現代音楽シーンの中心地の一つでもあるベルリンに学んだ北端祥人。「僕自身の演奏というより、作曲家の伝えたかったことやその精神、作曲家同士の繋がりや共通点をお客さまご自身の感性で感じ取っていただけたら」と語ります。

いずれも、作曲家が20代〜30代前半に作曲した若き日の秀作が並ぶ意欲的なプログラム。若き実力派ピアニストが瑞々しい感性で描き出す、ドイツ音楽の世界にどうぞご期待ください。

コンサート詳細はこちらから
>>>https://y-m-a.com/551/
 
  • 公演情報
北端祥人(きたばた・よしと)ピアノ・リサイタル

■日時:2021年11月11日(木) 19時開演(18時30分開場)
■会場:東京オペラシティ・リサイタルホール
■曲目:  
J. S. バッハ:トッカータ ニ長調 BWV912
R. シューマン:トッカータ ハ長調 作品7
J. ヴィトマン:11のフモレスケ
J. ブラームス:ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 作品5
■料金:一般 4,000 円 学生 1,500 円(全席自由・税込)
■チケット取扱い:
東京オペラシティチケットセンター ☎03-5353-9999
チケットぴあ ☎0570-02-9999  https://t.pia.jp/ (Pコード 202-693)
イープラス  https://eplus.jp/
 
  • プロフィール
北端祥人 Yoshito Kitabata

北端祥人(きたばた・よしと)(C)Ayane Shindo北端祥人(きたばた・よしと)(C)Ayane Shindo


大阪府出身。2016年、第6回仙台国際音楽コンクール第3位のほか、第21回宝塚ベガ音楽コンクール第2位(2009年)、日本ショパンピアノコンクール第3位(2010年)、第7回神戸芸術センター記念ピアノコンクール第1位(2015年)、リヨン国際ピアノコンクールセミファイナリストディプロマ(2015年)など、これまでに数多くの賞を受賞している。2018年、第9回リスト国際ピアノコンクール(ドイツ・ワイマール/バイロイト)においては、ドビュッシー作品の最も優れた解釈に対する特別賞を受賞した。
京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後に渡独し、ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科、および同大学室内楽科を修了。ソリスト、室内楽奏者として日本、ヨーロッパ各地で演奏を行う。守重結加と組んだイプシロン ピアノデュオとして、またTrio Ventus(ヴァイオリン:廣瀬心香、チェロ:鈴木皓矢)としても多彩な演奏活動を展開している。2021年12月には、オーケストラ・プロジェクト2021で、小山和彦氏のピアノ協奏曲第4番の初演を担当予定(指揮:三橋敬子、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団)。
録音は、仙台フィルハーモニー管弦楽団および九州交響楽団コンサートマスターとして活躍する西本幸弘と共演したCD「VIOLINable vol. 5」「同 vol. 6」がFONTECより、TRIO VENTUS「シューベルト&ショスタコーヴィチ」が日本アコースティックレコーズよりリリースされている。
これまでに佐々木弘美、大川恵未、椋木裕子、上野真、マルクス・グローの各氏に師事。2020年度より東京藝術大学附属音楽高等学校の非常勤講師を務める。
https://twitter.com/batako_batakita


ヤタベ・ミュージック・アソシエイツ(YMA)公式サイト&SNS

公式サイト:https://y-m-a.com/
Facebook:https://www.facebook.com/YatabeMusicAssociates/
Twitter:https://twitter.com/YMAofficial2015
Instagram:https://www.instagram.com/yatabemusicassociates/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社ヤタベ・ミュージック・アソシエイツ >
  3. ベルリンで研鑽を積んだ若手実力派ピアニスト 北端祥人、帰国後初となる本格リサイタルを東京オペラシティ リサイタルホールで開催