米国シリコンバレーに本社を構えData-Centric AI ソリューションを提供するAkridata社 シリーズAの資金調達を実施

優れた人材獲得による組織の拡大、さらなる製品イノベーションの推進、Go-to-Marketイニシアティブの推進を目指す

Akridata, Inc. (本社:米国 カリフォルニア州 ロスアルトス )は、この度、TeleSoft Partners、Accel、Mobile Foundation Ventures (MFV) Partnersのリードで 1,500万ドルのシリーズAラウンド資金調達を実施したことをお知らせいたします。
2021年10月5日、米国 カリフォルニア州 シリコンバレー発 – ” Data-Centric AI (データ中心の人工知能)”のパイオニアであるAkridata( アクリデータ )社は、本日、VC(ベンチャーキャピタル)のTeleSoft Partners、Accel、Mobile Foundation Ventures (MFV) Partnersのリードで 1,500万ドル(US$)のシリーズAラウンド資金調達を完了したことを発表しました。 

Akridata社は、本日発表された別のニュースリリースで、”Data-Centric AI “ を実現する世界初のエッジ・データ・プラットフォームを発表しました。Akridataは、"Data-Centric AI ” カテゴリーにおける初のAIインフラストラクチャ・プラットフォームにより、分散型構造とスケーラブルなデータ処理により、キュレートされ、一貫性があり、関連性の高いAIデータセットを提供します。

継続的なDL(ディープラーニング)を促進するために高度なAIと自律化は、エッジで生成される大量なデータと依存関係にあります。Akridataは、AIのExascale (エクサスケール) データ問題を解決するために2018年に設立されました。これは、AIを実験から現実世界の本番に移行させるために必須となる要件です。この大量なデータにかかわる問題は、自動車や交通機関、小売やヘルスケアに至るまで、AIを搭載した製品が市場に出るのを妨げる大きな障壁となっています。

"ADAS/AV(Advanced Driver Assisted Systems/Autonomous Vehicle:高度運転支援システム/自動運転車両)"の多様な要件には、ディープラーニング、クラウド展開、車載サービスなど、多くの要素が必要です。 これらを結びつけているのは、データであり、膨大なデータ問題です」と、北米トヨタ自動車エンジニアリング・ディレクターであるキショー・ジャナラゲッダ氏( Kishore Jonnalagedda )は述べています。「Akridataは、効率性を高め、コストを削減し、目標に向かってチームの作業を加速させる包括的で斬新なソリューションを提供してくれます。エッジロケーションからクラウドまでのData Pipeline(データ・パイプライン)を自動化することで、すぐに利活用でき、データサイエンスと製品開発チームは、クラス最高のADAS/AVソリューションを提供し、すべての人にモビリティを提供するという最も重要なことに集中できるようになります。」 と述べています。

今回の資金調達は、特にエンジニアリングとカスタマーサポートの役割を担う優れた人材獲得による組織の拡大、さらなる製品イノベーションの推進、Data-Centric AIソリューションに対する市場の需要に応えるためにAkridataのGo-to-Market(市場展開)イニシアティブの推進に活用されます。

「現実世界のAIはデータがすべてであり、AIのデータ問題を解決することは、Akridata社が設立された目的でもあります。Akridata社共同創業者兼CEOであるクマール・ガナパシー( Kumar Ganapathy )は、「投資家の皆様の関心の高さを嬉しく思うとともに、Akridataの規模を拡大することで、AIを実験段階から幅広い市場へと導いていきたいと考えています。これらの著名なVC企業がAkridataに信頼を寄せていることは、当社のエンジニアリングの質、当社が満たしているビジネスニーズの重要性、そして当社のソリューションであるAkridata Edge Data Platformの市場への適合性を証明しています。」


投資家が語るAkridata: 
「自律性は、AIの次の段階であり、人類史上最も重要な試みの一つであり、それに伴うデータ問題は、巨大な課題であると同時に巨大な機会でもあります。AkridataのData-Centric AIソリューションは革命的であり、まさに様々な産業分野で自律性を推進するために必要なものです。」  -  テレソフト・パートナーズ,  チーフ・ビリーバー, アルジュン・グプタ氏  ( Arjun Gupta, Chief Believer, Telesoft Partners) 

「大規模で散在するデータセットの課題は、AIの約束に深刻なブレーキをかけてしまいます。Akridataは、これらの課題解決にフォーカスしており、高度で先進的なAIの利活用を将来を担う重要なプレーヤーとなるでしょう。」 - アクセル,  パートナー,  ディニーシュ・カティア 氏 ( Accel, Dinesh Katiyar,  Partner,  Accel )


Akridataのサービスの詳細や、Akridataへの参画については、以下のリンクをご覧ください: 
Akridataチームが解決してきたデータ問題については、「Akridataを選ぶ理由(Why Akridata?)」と「自律的な世界(The Autonomous World)」のビデオをご覧ください。

「Akridataを選ぶ理由(Why Akridata?)」
 

 


自律的な世界(The Autonomous World)」
 

 



Akridataのチームに参画し、地球上で最大かつ最も刺激的なデータ問題を解決し、自律的な世界を実現しましょう。
https://www.akridata.com/careers/

Akridataについて

Akridataは、AIのExascalクラスのデータ問題を解決することで、”Data-Centric AI”を実現します。Akridata Edge Data Platformは、Edge-Core-Cloudのリソースにまたがる初のソリューションで、分散型構造とスケーラブルなプロセスにより、キュレーションされ一貫性があり関連性の高いAIデータセットを提供します。Akridataは、シリコンバレーで最も尊敬されている起業家、データサイエンティスト、製品エンジニアによって2018年に設立されました。彼らは合わせて200件近くの特許を持ち、世界で最も難解なデータにかかわる課題を解決してきた実績があります。Akriはギリシャ語で「エッジ」を意味します。詳細はakridata.comをご覧ください。



所在地:
Akridata USA
  300 3rd Street, Suite #2, Los Altos, CA 94022
Akridata India 
 Ground Floor, Indiqube Edge, Bellandur, Bengaluru, Karnataka 560103, India

Akridata, Inc. 公式HP : 
https://www.akridata.com/

 

【本件に関する英語での報道関係者からのお問合せ先】
メディア連絡先: media@OrionX.net

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Akridata, Inc. >
  3. 米国シリコンバレーに本社を構えData-Centric AI ソリューションを提供するAkridata社 シリーズAの資金調達を実施