ウィズコロナの観光を牽引する湖上舞台「Grandscape浜名湖@舘山寺」、光とダンスのナイトエンターテイメント上演【11月18日〜23日】


 長引く新型コロナウィルス感染症により、浜松・浜名湖地域の飲食や宿泊を含む観光産業も厳しい状況が続いており、特に当地域の観光の中心となる舘山寺温泉地域においては、宿泊客の大幅な減少に伴い大きな影響を受けている状況です。
 こうした中、静岡県浜松市の浜名湖の湖上にて、光と音楽そしてダンスによる「湖上舞台:Grandscape浜名湖@舘山寺2021」を開催することとなりました。当事業は、ウィズコロナ、アフターコロナの新しい観光コンテンツの目玉として、浜名湖の自然・文化・産業をミックスしたエンターテイメントを作り出し、宿泊滞在の促進、滞在時間の延長、夜の消費喚起、さらには浜名湖観光のブランド化を牽引し、国内外からの誘客を図ることを目指すものです。

 湖上に浮かべた舞台。キレのあるダンス。客席を360度包む迫力の音楽。炎やLEDライトを使った幻想的な光。屋外ならではの演出をお楽しみください。

 

【演目・出演者について】
今年のGrandscape浜名湖@舘山寺のテーマは、自然と人々の関わりです。浜名湖周辺の神事や伝承文化をモチーフに作品にまとめました。
迫力ある山伏の火伏せのダンス、神秘的でエレガントな水女神の舞。優雅なコンテンポラリー・ダンスから切れ味の鋭いヒップ・ホップダンスまで多彩な種類のダンスを盛り込んでいます。出演ダンサーは静岡県内で活躍する方を中心に、東京で人気急上昇のアクロバットダンサーも加わった強力な布陣です。

https://www.grandscape-hamanako.com/演目

 


 

【音楽について】

グラミー賞受賞の有名アーティストや人気アニメ音楽家、地元浜松市出身の作曲家を起用。

セリフがない舞台で多様な感情や条件を描くために重要な要素である音楽。今回この舞台のためにオリジナル楽曲を書き下ろしてもらいました。遠江の里の情景を豊かに描く管弦楽曲は浜松市出身の佐藤圭さんの作品。火伏せの迫力シーンを担当したのはアニメ「呪術廻戦」の音楽担当の桶狭間ありささん。演奏にはグラミー賞受賞アーティストTake6のAlvin CheaやChaka Khanの音楽監督のMelvin Davisも参加しています。

https://www.grandscape-hamanako.com/音楽


この時期、この場所でしか見られない、夜の幻想舞台をお見逃しなく!

 



 ※コロナウィルス感染対策をしっかり行い上演します。​

開催日:2021年11月18日(木)〜23日(火・祝)
会 場:浜松市西区舘山寺ベイガーデン横特設会場
開催時間:1日3回公演 約40分
【1】17時45分開演 【2】19時00分開演 【3】20時20分開演
チケット代:平日 3,800円(税込)土日祝 4,500円(税込)
チケット絶賛発売中!
購入方法:公式ホームページ または チケットぴあ

https://www.grandscape-hamanako.com

 

主催:Grandscape浜名湖@舘山寺実行委員会

(株)Hamanako Destination

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 Hamanako Destination >
  3. ウィズコロナの観光を牽引する湖上舞台「Grandscape浜名湖@舘山寺」、光とダンスのナイトエンターテイメント上演【11月18日〜23日】