イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ (IAI) 社と SixAI社、防衛技術の民間利用への転換を、共同で進めることを発表

グリーンエネルギー分野、インダストリー4.0 関連技術分野、そしてドローン技術の分野が最初の焦点に

2021 年11 月8 日発 - イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ (IAI) 社 とSixAI 社は、防衛技術の民間転用促進分野における新たな提携を発表しました。この事業提携は、IAI 社の持つ防衛関連技術を民間の需要に合わせて、いかに有効的に活用していくかが大きな焦点となります。

IAI 社とSixAI 社は、共同でこの事業に取り組みますが、IAI 社は主に技術開発を、そしてSixAI 社は、これらの技術の商業化の展開を受け持つ事になります。
この共同事業の第1フェイズとして、以下の3分野に先ず焦点が置かれます。

■グリーンエネルギー分野:
・ エネルギーの生産・利用・保存、それぞれの技術

■インダストリー4.0分野:
・ マシンツーマシン (M2M) でのコミュニケーションの最適化
・ 生産ラインのオートメーション化
・ オートメーションプロセス改良のためのIoT技術の導入
・ 生産ラインの監視及び制御の完全自動化
・人の手を全く介さず問題を解決に導くためのインテリジェントマシンの製造

■低高度運用での商業利用ドローンの監視及び運用:
・ 都市環境内における民間プラットフォームからのドローン制御技術
・ドローン操縦技術者の訓練 … など

IAI社 社長兼CEOのBoaz Levy氏は、今回の提携に関してこう述べました。
「今回のSixAI社との事業提携には大きな期待を寄せています。今回のこの提携は、防衛技術からの民間転用が可能な我が社の様々な優れた技術、そして研究開発能力に関する、未来へ向けた我が社の新たな戦略的ロードマップの一部なのです。IAI社の持つ防衛技術は、イスラエルの国防上、非常に大きな役割を果たしてきました。しかしそれは、昨今の農業分野、サイバーセキュリティ分野、そして治療薬分野での展開をご覧いただいてもお分かりの通り、民間転用を積極的に図っていくことで、一般の市場経済を活性化する大きな一因にもなるのです。」

SixAI社の創業者であり、最高経営幹部のRan Poliakine氏は、この共同事業を通じた日本市場への技術移転に関して、こう述べています。
「IAI社とSixAI社との事業提携により、イスラエルの持つ優れた技術上のノウハウは、今や単なる防衛上の枠組みを超えたのです。このIAIの持つ「デュアルユース(軍民両用)」の技術導入は、世界が抱えるさまざまな問題に対して解決の糸口を日本にもたらし、世界的な規模での変化を生み出す契機となることでしょう。日本は、世界をリードする産業国です。イスラエルの、そしてIAI社の開発した技術は、インダストリー4.0を通じた技術革新によって進行している日本の生産現場の改革をさらに強化し、日本の今後の産業発展に大きな貢献ができると信じて疑いません。」

また、この事業提携を受け、駐日イスラエル大使館からも、次のようなコメントが寄せられました。

次期駐日イスラエル大使 Gilad Cohen氏:
「日本とイスラエルは、来年2022年、国交樹立70周年を迎え、その関係は、ますます密接なものとなりつつあります。この事業提携は、違いを補完し合うことで相乗効果を生み出していく、イスラエル経済の特徴とも言えるものです。」

駐日イスラエル大使館 経済担当公使 兼 経済貿易ミッション代表 Daniel Kolbar氏:
「グリーンエネルギー、インダストリー4.0に代表される先進の製造業、そしてドローンの3分野は、日本とイスラエルの間で行われている最先端の技術開発そして技術提携の中でも、非常に大きな可能性を秘めている分野です。今回の事業提携が、より良く、そしてより平和な世界の実現に向けて、大きな成果を上げていくことを、私どもは信じて疑いません。」

IAI社について:
IAI社は、航空及び防衛分野において世界をリードする企業であり、宇宙を含めた陸海空軍とその防衛能力、そして民間を含むサイバーセキュリティに至るまでの様々な分野に、最先端の技術をもたらしている企業です。過去数十年間に渡り、さまざまな防衛の現場で培ってきた経験から生まれた、革新的な技術に対する「起業家」精神を備え、衛星技術、UAV(無人航空機)技術、ミサイル技術、インテリジェンスソリューション、兵器システム、防空システム、ロボット技術、レーダー技術、ビジネスジェット、航空機製造技術など、さまざまな分野で、まさに「テイラーメイド」の解決策をお届けしてきました。IAI社の設立は1953年にまで遡り、現代においては、イスラエル国内における技術者雇用分野での最大の企業の一つであり、国内外で数多くの研究施設を展開しています。詳しくは、IAI社のホームページ https://www.iai.co.il/ をご参照ください。

SixAI社について:
SixAI社は、創業者Ran Poliakine氏によって設立。インダストリー4.0により新たな局面を迎えている様々な会社、工場、そして伝統的な組織体に対し、世界中の企業の技術を応用して、画期的、かつ現実を変えていく事が可能な様々な技術の開発、運用を提供する企業です。これまでに、本田技研工業の関連会社であり、東京証券取引所に上場する武蔵精密工業株式会社との合弁で、634 AIとMusashi AIという、二つの会社を日本において立ち上げてきました。
634 AIは、自律型ロボットプラットフォームのフリートをナビゲートして管理するなど、より安全でスマートな屋内モビリティを実現するために設立された会社であり、Musashi AIは、単純な検査や部品の移動といった工場内での単純作業用のロボットを提供することで、より効率的な製造現場を実現していくことを目的に設立された会社です。詳しくは、SixAI社のホームページ https://www.sixai.tech をご参照ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SixAI >
  3. イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ (IAI) 社と SixAI社、防衛技術の民間利用への転換を、共同で進めることを発表