AJIGAURA MURAL PROJECT 茨城県ひたちなか市、阿字ヶ浦海水浴場に、3つのミューラル壁画 ) が完成。

‐日本人アーティスト TWOONE (トゥーワン)による 3 つのミューラルが茨城県ひたちなか市、阿字ヶ浦海水浴場にて公開‐

本企画は阿字ヶ浦ミューラルプロジェクト実行委員会が主催、そしてen one tokyo のプロデュースのもとに
行われたパブリックアートプロジェクトとなっており、2021年10月末、イタリアを拠点に活動する日本人アーティストTWOONE(トゥーワン)による 3 つのミューラルが茨城県ひたちなか市、阿字ヶ浦海水浴場に完成しました。

長く美しい海岸線を持つ阿字ヶ浦海水浴場沿いに建つ救護室、公衆トイレ、資材倉庫の3つの建物には地元
の空と海の美しさを象徴するようなブルーで地元の花や鳥、魚など様々なモチーフが描かれています。
アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリア、カナダ、カンボジア、インドなど世界中の様々な場所で、ミ
ューラル制作を行ってきたTWOONE は、地元の人たちとのコミュニケーションや滞在生活を通じ、その土地
土地で拾い集めた情報や、その場所に根付くモチーフを見つけ、そこにあるべき絵をミューラルとして残して
います。

それは地元に生息する動植物に留まらず、阿字ヶ浦海水浴場に昔存在した風景などにも及びます。
本プロジェクトでは海水浴場に昔存在した、今は無い桟橋の写真を地元のサーファーから見せてもらい、そ
れを壁画の中に残すなどもしています。

沖に防波堤が出来たことでサーフスポットがなくなった代わりに、東日本大震災の津波から逃れることが出

来た場所でもある阿字ヶ浦海水浴場にとっては、とても意味のある風景が描き込まれています。

「自分にとってミューラルは、人と場所と文化や伝統を壁画を通したコミュニケーションツール。その土地の人

やモノからインスパイアされたものをコンセプトに制作してます。ミューラルというメディアが持つ意味や影響
力がすごく感じられるプロジェクトだったと思います」

 

 

  • TWOONE プロフィール
1985年生まれ、横浜出身。現在イタリア・モリーゼ州サンテリアアピアニシを拠点に活動。アメリカ、フ
ランス、イタリア、スペイン、ドイツ、オーストラリア、スイスなど、世界各国で大規模な壁画を制作し
ていることでミューラルアーティストとして知られている Hiroyasu Tsuri ( 通称 TWOONE) 。ストリートか
らインスピレーションを得た彼の作品はそのキャリアの中で進化を遂げ、現在はペインティング、ドロー
イング、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスアート、映画、サウンド作品なども手掛ける。
Instagram:Instagram:@t_w_o_o_n_e
  • ミューラルの詳細
ミューラル所在地:茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦海水浴場
オフィシャルサイト:https://www.ajigauramuralproject.com/
主催:阿字ヶ浦ミューラルプロジェクト実行委員会
企画制作:en one tokyo 株式会社
問い合わせ先:info@enone tokyo.com TEL:03 6427 5834
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阿字ヶ浦ミューラルプロジェクト実行委員会 >
  3. AJIGAURA MURAL PROJECT 茨城県ひたちなか市、阿字ヶ浦海水浴場に、3つのミューラル壁画 ) が完成。