下田市で、地域おこし協力隊によるアウトドアスポーツチームへの支援制度を実施

市内宿泊施設を利用して、自然環境を活用したスポーツ合宿を行う団体に対して宿泊支援を行う。

 下田市地域おこし協力隊(スポーツ振興部門 蒔田俊史、アウトドアスポーツ振興部門 山口智史)は下田市(市長:松木正一郎)の委託を受け、地方創生臨時交付金制度を活用した、スポーツ団体、チームの合宿を対象の「下田市アウトドアスポーツ合宿宿泊支援制度」を開始します。アフターコロナの新しい生活様式でのスポーツ機会の創出を目的として、2022年1月1日から3月15日までの間に行われる合宿に、下田市内の宿泊施設を利用し、自然環境を活用したスポーツを行う団体に、1泊あたり最大3,000円、1団体あたり最大300,000円の合宿支援をいたします。下田市地域おこし協力隊は下田市からの委託を受け活動先の下田市振興公社で、合宿支援を実施します。

サーフスキー(シーカヤック)で伊豆の東海岸線を漕ぐサーフスキー(シーカヤック)で伊豆の東海岸線を漕ぐ

実施背景
 2019年に始まった新型コロナウィルス感染危機により、全国各地に置いてスポーツの合宿は激減し、アスリート、スポーツ愛好家は、トレーニングの機会、環境の確保が困難な状況となりました。これは、以前から多くのスポーツ合宿が行われてきた下田市においても例外ではなく、関係者もまた、大きな変化を強いられています。下田市は、年平均気温17度という温暖な気候、天城山系の山々と白い砂浜の海岸線を持つ豊かな自然環境、そして湯量豊富で良質な温泉に恵まれていることから、多くのスポーツチーム、学校関係者により、合宿地として利用されてきました。
 今回の下田市スポーツ合宿支援制度では、新しい生活様式下でのスポーツとして、サーフィン、トライアスロン、トレイルラン、ライフセービングといった、下田市の自然環境を活用したスポーツ合宿を実施していただける団体、チームを募集し、今後のスポーツ合宿誘致の体制整備を進めていきます。
 今後の支援制度及び合宿環境整備のため、合宿実施の際はアンケートにもご協力をお願いいたします。補助金の対象となる合宿には、合宿開始7日前までの申請、本事務局による審査、合宿実施後の報告書類の提出が必要となります。合宿支援特設ページ(https://www.shimodapsi.com/sportscamp 下部にQRコードあり)からダウンロードしてください。

 

自転車の聖地とも言われている伊豆半島自転車の聖地とも言われている伊豆半島


支援制度概要
申請から交付までの流れ、その他詳細は合宿支援特設ページ(https://www.shimodapsi.com/sportscamp)を参照してください。

【対象について】
2022年1月1日~3月14日までの期間に宿泊し実施された、自然環境を活かして行うスポーツ合宿が対象です。
・1回の合宿参加者が5名以上で、延べ宿泊数が10泊以上のもの。(例:5名で2泊、10名で1泊)
・下田市内の宿泊施設に宿泊すること。
・合宿参加者全員が指定のアンケートに回答し提出してください。
※予算がなくなり次第終了いたします。
※申請時に審査があります。審査結果については後日ご連絡いたします。
※対象期間をまたぐ(2022年1月1日以前、3月15日以降)合宿は対象となりません。
【宿泊支援の金額について】
・1人1泊の宿泊費が6,000円未満の場合 → 宿泊費50%(1,000円未満切捨て)の支援
・1人1泊の宿泊費が6,000円以上の場合 → 宿泊費3,000円(1,000円未満切捨て)の支援
※宿泊者1名あたり(1泊)の支援費は3,000円が上限となります。
※地域クーポンなどの割引制度適用の場合、実費総支払額(1,000円未満切捨て)をもとに支援額を決定します。
※宿泊費は消費税及び入湯税を含みます。
※宿泊費を個別精算した場合は、各自の領収書を代表者が集約し申請してください。
【その他について】
・「下田市アウトドアスポーツ合宿宿泊支援制度」は、合宿開始日の7日前までに「下田市アウトドアスポーツ合宿宿泊支援事務局」へ申請する必要があります。
・合宿実施後、各団体は2022年3月15日(必着)までに『実績報告書類一式』を提出する必要があります。
・『Go Toトラベル』や類似の割引制度やクーポンとの併用可。その場合は各種割引制度適用後の自己負担宿泊費に対して支援額を決定します。(1,000円未満は切り捨て)

 


12月28日から1月3日までは事務局は年末年始休業となります。『Gotoトラベル』や類似の割引制度やクーポンとの併用可能です。その場合は各割引制度適用後の自己負担宿泊費に対し50%の支援とします。(1,000円未満は切り捨て)
・毎週月曜日および、2021年12月28日から2022年1月3日の期間は事務局は休業となります。
・各種申請及び提出書類は、合宿支援特設ページよりダウンロードできます。
 

伊豆半島ジオパークをトレイルランで巡る伊豆半島ジオパークをトレイルランで巡る


問い合わせ先:公益財団法人下田市振興公社
下田市アウトドアスポーツ合宿宿泊支援事務局

〒415−0037 静岡県下田市敷根757 敷根公園内

電話番号 0558−23−6333

メールアドレス ss-pool@beige.plala.or.jp

担当者名 下田市地域おこし協力隊
スポーツ振興部門 蒔田俊史
アウトドアスポーツ振興部門 山口智史

関係WebサイトQRコード

 

 

合宿支援特設ページ合宿支援特設ページ

敷根公園ホームページ敷根公園ホームページ

地域おこし協力隊ホームページ地域おこし協力隊ホームページ

地域おこし協力隊Instagram地域おこし協力隊Instagram

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 下田市地域おこし協力隊 >
  3. 下田市で、地域おこし協力隊によるアウトドアスポーツチームへの支援制度を実施