若手経営者の66.4%が、2021年の目標やビジョンの振り返りを「実施」

〜回答者の42.7%が、経営者専門のコーチングに興味を示す結果に〜

 夢の助かるる世をつくる株式会社ちょんまげ(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:石上 和平)は、25~39歳の中小企業、スタートアップ企業、ベンチャー企業の経営者110名を対象に「若手経営者の振り返り」に関する実態調査を実施しました。
  • サマリー

 
  • 調査概要
調査概要:「若手経営者の振り返り」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年1月5日〜同年1月7日
有効回答:25~39歳の中小企業、スタートアップ企業、ベンチャー企業の経営者110名
 
  • 若手経営者の66.4%が、「2021年の目標やビジョンの振り返り」を実施
 「Q1.あなたは2021年の目標やビジョンの振り返りを実施しましたか。」(n=110)と質問したところ、「実施した」が66.4%、「実施していない」が33.6%という回答となりました。

Q1.あなたは2021年の目標やビジョンの振り返りを実施しましたか。Q1.あなたは2021年の目標やビジョンの振り返りを実施しましたか。

・実施した:66.4%
・実施していない:33.6%
 
  • 目標やビジョンの振り返りを行う頻度、「月に1度」が25.5%、「日々行っている」が17.3%
 「Q2.あなたが目標やビジョンの振り返りを行う頻度を教えてください。」(n=110)と質問したところ、「日々行っている」が17.3%、「週に一度」が12.8%、「月に一度」が25.5%という回答となりました。    

Q2.あなたが目標やビジョンの振り返りを行う頻度を教えてください。Q2.あなたが目標やビジョンの振り返りを行う頻度を教えてください。

・日々行っている:17.3%
・週に一度:12.8%
・月に一度:25.5%

・四半期(3ヶ月)に一度:13.6%
・半年に一度:10.0%
・年に一度:4.5%
・年に一度未満:4.5%
・行っていない:11.8%
 
  • 振り返りをする項目、「仕事・ビジネス」が79.4%、「経済」が54.6%、「家族・パートナーシップ」が43.3%
 「Q3.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする項目を教えてください。(複数回答)」(n=97)と質問したところ、「仕事・ビジネス(経営計画、経営目標、ご自身のキャリア等)」が79.4%、「経済(報酬・資産形成等)」が54.6%、「家族・パートナーシップ」が43.3%という回答となりました。

Q3.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする項目を教えてください。(複数回答)Q3.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする項目を教えてください。(複数回答)

・仕事・ビジネス(経営計画、経営目標、ご自身のキャリア等):79.4%
・経済(報酬・資産形成等):54.6%
・家族・パートナーシップ:43.3%

・健康:34.0%
・趣味・遊び:33.0%
・学習・自己成長:27.8%
・人間関係:23.7%
・住環境・ライフスタイル:22.7%
・その他:3.1%
 
  • 振り返りをする方法、「セルフコーチング」が66.0%、「日記」が18.6%
 「Q4.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする方法を教えてください。(複数回答)」(n=97)と質問したところ、「セルフコーチング」が66.0%、「日記」が18.6%、「(第三者による)コーチング」が14.4%という回答となりました。

Q4.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする方法を教えてください。(複数回答)Q4.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする方法を教えてください。(複数回答)

・セルフコーチング:66.0%
・日記:18.6%
・(第三者による)コーチング:14.4%

・フレームワーク:14.4%
・ブログ:12.4%
・その他:20.6%
 
  • 他にも、「紙に書き出している」や「メンターアドバイス」などの方法も
 「Q5.Q2で目標やビジョンの振り返りを「行っていない」以外を選んだ方にお伺いします。振り返りをする方法がQ4以外にあれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=97)と質問したところ、「紙に書き出している」や「メンターアドバイス」など56件の回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・28歳:紙に書き出している。
・35歳:メンターアドバイス。
・33歳:グループコーチング。
・34歳:家族で話し合う。
・33歳:InstagramやTwitterで投稿した内容で確認。
・34歳:グループLINEやビデオ通話で話します。
・39歳:会社の実績を数字化して確認します。
・38歳:瞑想。
 
  • 「(第三者による)コーチング」で得られた効果、「目標やビジョンが明確になった」が64.3%、「具体的なアクションプランを設定できた」が57.1%
 「Q6.Q4で「(第三者による)コーチング」と回答した方にお伺いします。振り返りをすることで得られた効果を教えてください。(複数回答)」(n=14)と質問したところ、「目標やビジョンが明確になった」が64.3%、「具体的なアクションプランを設定できた」が57.1%、「目標達成への精度やスピードが高まった」が50.0%、「新しい方法論を思いついた」が50.0%という回答となりました。

6.Q4で「(第三者による)コーチング」と回答した方にお伺いします。振り返りをすることで得られた効果を教えてください。(複数回答)6.Q4で「(第三者による)コーチング」と回答した方にお伺いします。振り返りをすることで得られた効果を教えてください。(複数回答)

・目標やビジョンが明確になった:64.3%
・具体的なアクションプランを設定できた:57.1%
・目標達成への精度やスピードが高まった:50.0%

・新しい方法論を思いついた:50.0%
・自己認識が向上した:42.9%
・その他:0.0%
・特にない:7.1%
 
  • 他にも、「自分では認識していなかった見解が聞けた」や「選択肢が増え、前向きに挑戦する気持ちがもてた」の声も
 「Q7.Q4で「(第三者による)コーチング」と回答した方にお伺いします。振り返りをすることで得られた効果がQ6以外にあれば教えてください。(自由回答)」(n=14)と質問したところ、「自分では認識していなかった見解が聞けた」や「選択肢が増え、前向きに挑戦する気持ちがもてた」など8件の回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・39歳:自分では認識していなかった見解が聞けた。
・39歳:うまくいくことばかりではないが、選択肢が増え、前向きに挑戦する気持ちがもてた。
・34歳:2022年の目標ができた。
・31歳:未来の目標が明確になった。
 
  • 第三者によるコーチングを実施していない経営者の約半数が、自身の悩みや目標を「周りの人と話すことは難しい」と回答
 「Q8.Q4で「(第三者による)コーチング」を回答しなかった方にお伺いします。経営やプライベート的な悩みや、自身の目標やビジョンを周りの人と話すことは難しいと思いますか。」(n=83)と質問したところ、「かなりそう思う」が9.7%、「ややそう思う」が39.8%という回答となりました。

Q8.Q4で「(第三者による)コーチング」を回答しなかった方にお伺いします。経営やプライベート的な悩みや、自身の目標やビジョンを周りの人と話すことは難しいと思いますか。Q8.Q4で「(第三者による)コーチング」を回答しなかった方にお伺いします。経営やプライベート的な悩みや、自身の目標やビジョンを周りの人と話すことは難しいと思いますか。

・かなりそう思う:9.7%
・ややそう思う:39.8%

・あまりそう思わない:30.1%
・全くそう思わない:12.0%
・どちらともいえない:8.4%
 
  • 42.7%が、明確な目標やビジョンを明確にし実現可能性を高める「経営者専門のコーチング」に興味
   「Q9.明確な目標やビジョンを明確にし実現可能性を高める「経営者専門のコーチング」に興味はありますか。」(n=110)と質問したところ、「かなり興味がある」が17.2%、「やや興味がある」が25.5%という回答となりました。

Q9.明確な目標やビジョンを明確にし実現可能性を高める「経営者専門のコーチング」に興味はありますか。Q9.明確な目標やビジョンを明確にし実現可能性を高める「経営者専門のコーチング」に興味はありますか。

・かなり興味がある:17.2%
・やや興味がある:25.5%

・あまり興味はない:20.0%
・全く興味はない:17.3%
・どちらともいえない/わからない:20.0%
 
  • まとめ
 今回は、25~39歳の中小企業、スタートアップ企業、ベンチャー企業の経営者110名を対象に、「若手経営者の振り返り」に関する実態調査を行いました。

   まず、「2021年の目標やビジョンの振り返り」に関して、若手経営者の66.4%が実施しており、振り返る頻度については、「月に1度」が25.5%、「日々行っている」が17.3%のようです。

   振り返りを行う項目に関しては、「仕事・ビジネス」が79.4%、「経済」が54.6%、「家族・パートナーシップ」が43.3%という内訳となり、振り返りをする方法に関しては、「セルフコーチング」が66.0%で最多、次いで「日記」が18.6%の結果となったほか、「紙に書き出している」や「メンターアドバイス」などの声も見受けられました。

   振り返りをする方法として、「(第三者による)コーチング」を実施する経営者からは、「目標やビジョンが明確になった」(64.3%)や、「具体的なアクションプランを設定できた」(57.1%)などの効果を実感する声が多数集まり、他にも、「自分では認識していなかった見解が聞けた」や「選択肢が増え、前向きに挑戦する気持ちがもてた」などが挙げられました。一方、「(第三者による)コーチング」を行っていない経営者たちからは、悩みや自身の目標やビジョンを「周りの人と話すことは難しい」との声が約半数を占めたものの、明確な目標やビジョンを明確にし実現可能性を高める「経営者専門のコーチング」には、42.7%が「興味」を示しました。

   2022年を迎え、2021年度のような成果、成長が得られたか、またあるいは新年どのような目標やビジョンを示すかについて考える時間を作った経営者も多いと思います。一方、今回の調査では、3割強の経営者が昨年の振り返りを実施していない事実が判明し、振り返りを実施する経営者でも、約7割はセルフコーチングを実施していることがわかりました。第三者による客観的なコーチングを取り入れることは、自身では気づけない新たな視点を得ることにも繋がり、新年度に一気にスタートダッシュするための戦略的なビジョンを立てるのに有効でしょう。
 
  • 会社概要
会社名  :株式会社ちょんまげ
設立   :2015年8月11日 
代表取締役:代表取締役 石上 和平
所在地  :神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3丁目2-11 
事業内容 :1. 経営に関するコンサルティングおよび各種マーケティングリサーチ
      2. インターネットサービス、ホームページの企画立案、制作、管理運営業務
      3. 広告宣伝、販促支援 
URL   :https://www.chonmage.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ちょんまげ >
  3. 若手経営者の66.4%が、2021年の目標やビジョンの振り返りを「実施」