日本発のデジタルアートを世界に向け発信するNFTマーケットプレイス「HINATA(ヒナタ)」のベータ版を、2022年1月11日にローンチ。オープニングキャンペーンとして、NFTの無料配布を開始!

株式会社FUWARI(本社:東京都千代田区、以下、FUWARI)は、NFTマーケットプレイス「HINATA(ヒナタ)」ベータ版を、2022年1月11日にローンチ。期間限定のオープニングキャンペーンとして、NFTの無料配布を開始したことをお知らせいたします。
「HINATA」は『すべてのアーティストやクリエイター達が、デジタルという陽の下で、輝ける時代に—。』をスローガンに、日本のアーティストやクリエイター、日本が世界に誇れる伝統文化などが、デジタルの可能性を広げられる場所として誕生。日本から生み出される様々なデジタルアートを世界に向けて発信するサービスを展開してゆきます。
  • マーケットプレイス「HINATA」について

 


NFTは大きな可能性を持ってはいますが、現在のNFT市場は熱狂的な投機目的で盛り上がっている側面もあります。
我々はブームに乗った一過性のプラットフォーマーではなく、魅力的なコンテンツを生み出すクリエイター達に最大限のリスペクトを持ったサポーターとして 「HINATA」を運営していきます。
単にデジタル作品をNFT化し売るのではなく、クリエイターがNFTを通じてどのように活動の可能性を広げられるか、ユーザーと新たな繋がりができるのか。マーケットプレイスの運営者として、クリエイター達の出品をプロデュースし、クリエイター同士のコラボレーションも図り、新たな作品を生み出していきます。
また、クリエイターとユーザーを繫ぐための情報発信としてWebメディアも同時に運営していきます。
2月上旬(予定)の本格運営の開始時には、電子通貨ではなくクレジットカード決済でNFTを購入いただけるようになり、ユーザーの使いやすさだけでなく、クリエイター達への還元もスムーズに実行していきます。
 

  • 「HINATA」のネーミング
サイト名の「HINATA」の由来は、コロナ禍により表現の場を失われたアーティストや、活動を制限されたクリエイター達。大きな可能性を持ちながら、作品の発表の機会が少ないニュービー(新人)。新しい世界に対応するべく模索する伝統工芸など、輝ける場を持てない彼らに、NFTという可能性を示し、デジタルの陽の降り注ぐ「日向」で活躍してもらいたい—という思いで名付けました。
 
  • 環境にも配慮を

NFTを始めとするブロックチェーン技術の活用で無視できない問題として、電力の多大な消費による環境負荷があります。
弊社は株式会社IndieSquare(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星野 裕太、以下IndieSquare )が提供している独自のブロックチェーン技術「HAZAMA」を利用することで、従来のブロックチェーンネットワーク利用すること無く運営が可能になり、ガス代をかけず低コストで、電気使用量などを抑え環境に配慮した運営体制を築き上げました。

特許番号:第6788875号
発明の名称:ブロック・チェーン間でデジタル資産を転送するシステム
特許権者:株式会社IndieSquare
出願番号 :特願2019-088304
出願日:2019年(平成31年)4月16日
登録日:2020年(令和2年)11月5日
ホームページ:https://indiesquare.me
 

  • NFT無料配布オープニングキャンペーン

 


この度、サイトローンチを記念してクリエイター達とのコラボNFTを無料で配布。

その第一弾として、ハードウェアスタートアップベンチャー株式会社ICOMAの電動バイク「タタメルバイク」の限定CGアート画像を先着100名様にプレゼント!
国内最大級オリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN 2021」大賞受賞を始め、様々な賞を受賞している「タタメルバイク」。“アートバイク”という未踏のチャレンジも始める彼らの挑戦を応援する、美しいCGアートを今話題のNFTでゲットしてください。
 

〈キャンペーンVol.1〉 日本発!変形の美学を追求した、折りたたみ電動バイク「ICOMA タタメルバイク」。
限定CGアートNFTを先着100名様にプレゼント!
【キャンペーンサイト】
https://hinata-nft.com

さらに抽選で1名様に、2022寅年記念の寅柄NFTと1/12スケールのガレージキットのセットもプレゼントします!

 

 

  • キャンペーン続編は、伝統工芸とGIFアート。

 

 

ICOMA「タタメルバイク」に続くキャンペーンNFTは、伝統工芸の「京友禅」とストーリーGIFアート「Tales of Mush Race〜キノコ戦記」!

京都・洛中で120年以上、友禅染めを受け継いできた株式会社 関谷染色とともに、日本が世界に誇れる伝統美である「京友禅」。その伝統資産をNFTでデジタル資産へと転換し世界へ広げていきます

 


Twitterで絶賛配信中のストーリーGIFアート。本物のキノコをモチーフにしたキャラクター達が「自然を大事に」をテーマに独 自の世界観で展開する「Tales of MushRace〜キノコ戦記」。ブロックチェーンゲームの企画も進行中の注目アート、そのキャラクター達のNFT無料配布します!

 


ぜひ、キャンペーサイトやHINATA公式SNSで、リリース情報をチェックしてください。

【キャンペーンサイト】
https://hinata-nft.com
【公式Twitterアカウント】
https://twitter.com/HINATA_NFT
 

  • 今後の展開

2月上旬に、NFTマーケットプレイスとして本格的に稼働。運営公認のクリエイター作品をご購入いただけるようになります。段階的に、一般のクリエイター達の出品も審査の上で可能にしていきます。


現時点で追加が予定している機能は以下になります。
◎プラットフォーム内2次流通機能:取得(有料・無料)したNFTのユーザー間売買を可能
◎真作証明機能:実物作品とNFTを連動させ真作証明できる機能

他にも追加機能は精査しており、スケジュールが決まり次第、順次発表していく予定です。

また、HINATAは独自のNFTプラットフォームとなるため、現時点では他のプラットフォーム(Openseaなど)に獲得したNFTを送ることは出来ません。将来的に、より多くの人に楽しんでもらえるよう流動性を図る仕組みを考えています。
 

  • アーティストやクリエイター様、作品やコンテンツを生み出す全ての方々へ。

NFTが開く新しいデジタルの世界は、あなたの可能性を無限に広げてくれます。
「HINATA」では、コラボするクリエイターの方々を募集しております。
あなたの創造性を次の次元に引き上げてみませんか。

お問い合わせ(HINATAサポートデスク)
株式会社FUWARI
info@hinata-nft.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FUWARI >
  3. 日本発のデジタルアートを世界に向け発信するNFTマーケットプレイス「HINATA(ヒナタ)」のベータ版を、2022年1月11日にローンチ。オープニングキャンペーンとして、NFTの無料配布を開始!