⽇本円と連動したステーブルコイン「JPYX」、2022年春の発行開始に向けて土台となるブロックチェーン開発に着手。

株式会社JPYX(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:藤野周作、以下:当社)は、2022年春に、日本円の価値に連動したステーブルコイン「JPYX」を発⾏予定であることを発表いたします。
ブロックチェーン技術を活⽤した信⽤⼒のある決済⼿段を提供することで、便利で豊かな未来を構築することができるよう取り組んでまいります。

 

 

  • 「JPYX」2022年春に発⾏開始予定

 JPYXは、⽇本円と1:1で購⼊・利⽤できる前払式支払手段の日本円ステーブルコインです。技術的手段として暗号資産Ethereum(イーサリアム)のERC20規格に沿って作られたトークンですが、マルチチェーン(Ethereum・BNB Chain・Polygon Chain・Solana・Celo・Avalanche(※))に対応することで、様々なプロダクトに利用可能です。

 2022年春に稼働予定のJPYX公式サイトを通じ、⽇本国内での販売開始を予定しています。まずは⾃家型前払式⽀払⼿段として、1JPYX=1円で利⽤可能な決済機能を導⼊し、誰もが気軽に決済できるサービスを提供します。

 なお、JPYX公式サイトの名称や発⾏・販売の開始時期などの詳細は、決まり次第お知らせいたします。
 ※マルチチェーンへの対応は順次行う予定です。
 

  • 「JPYX」の将来像について
 近年、国際社会は「キャッシュレス化」の浸透に向けて突き進んでおり、奇しくも新型コロナウイルスの感染拡⼤はそれを促す格好となりました。それもBtoC(企業と⼀般消費者の取引)の領域だけにとどまらず、BtoB(企業間の取引)においても、キャッシュレス化の推進がグローバルスタンダードになってきております。
 こうした中、⽇本円に担保された「JPYX」は、信⽤⼒とスピードを兼ね備えており、理想的な決済⼿段として提供することが可能であると考えています。
 JPYXを、より多くの皆様にご利⽤いただけるように、現⾏法の枠組みに従ったうえで、決済可能なお店やWebサイトの拡充に取り組んでまいります。
 
  • ステーブルコインとは
 ステーブルコインはブロックチェーン(分散型台帳)を使う暗号資産の一種です。裏付け資産のない「ビットコイン」などの暗号資産とは異なり、値動きが小さく、決済で利用しやすいという特徴があります。


【会社概要】
会社名 :株式会社JPYX
代表者 :藤野周作
設⽴ :2021年12⽉
事業内容 :前払式⽀払⼿段発⾏業並びに販売及びその代⾏業務
所在地 :東京都渋⾕区渋⾕三丁⽬1番9号 YAZAWAビル3階

【関連リンク】
運営会社サイト:http://jpyx.co.jp/
JPYX公式サイト:2022年春稼働予定

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
・お問い合わせ先 :株式会社JPYX 広報担当 藤野・新谷
・E-Mail :support@jpyx.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JPYX >
  3. ⽇本円と連動したステーブルコイン「JPYX」、2022年春の発行開始に向けて土台となるブロックチェーン開発に着手。