犬の専門家たちの授業をオンラインで学べる、トリマー・飼い主向けのプラットフォーム「RE-STUDY」2022年6月13日開始。学習できる内容は医薬品医療機器等法からトリミング技術まで幅広く網羅

トリマーの学び直しや、愛犬のよりよい暮らしのために学びたい飼い主に向け、プロの授業を提供

ヒトもイヌも使えるシャンプー「irodo:RE(イロドリ)」「BOKUMO.(ボクモ)」を手がけるSIPPO-HAPPO株式会社(本社:岡山県笠岡市 代表取締役:野間 厚志)は、2022年6月8日に、犬に関する専門家たちの授業をオンラインで学べる、トリマー・飼い主向けの学習プラットフォーム・サービス「RE-STUDY(リスタディ)」をリリースします。
■RE-STUDY概要


RE-STUDYは、犬に関するスペシャリストの動画をオンラインで観ながら学習できるプラットフォーム・サービスです。学習内容はトリミング技術から医薬品医療機器等法まで幅広く、そのほか研究者による基礎科学講座などを予定しています。

今後、登壇を予定している講師は以下の通りです。

栄養学:成田有輝さん、岩切裕布さん(yourmother合同会社・獣医師)
皮膚科学:伊佐桃子さん(獣医師)
感染管理:かえる先生(獣医師・ICD”インフェンクショナルコントロールドクター”)
トリミング技術:松平合花さん(トリマー・dogsalon dankeオーナー)、松窪将和さん(トリマー・ILIOoneトリミングマネージャー)
医薬品医療機器等法:川上愛子さん(一般社団法人 日本爪肌美容検定協会代表理事・厚生労働省後援「美容広告管理者養成講座」講師)
トレーニング:有動敦胡さん(Dog NookTraining&Behavior・KPA-CTP・ANWI)、栗林純子さん(Sora Dog School・日本ペットドッグトレーナーズ協会理事・CPDT-KA・Fear Free Certified Trainer)、池田徳恵さん(LUSH DOG・D.I.N.G.Oインストラクター)
もぐトリ®(※1):大山昭仁さん(Dogsalon Piːsオーナー)
基礎科学:ヤマサキさん(SIPPO-HAPPO株式会社 界面活性剤研究部門)
※1 もぐトリ®は動物福祉にできるかぎり配慮したトリミングを目指す技法に関する講座です

動画は月に2講座ずつ追加され、初月である今月は医薬品医療機器等法と衛生管理に関する動画がアップロードされます。
2022年7月までに実施する予定の授業や動画は以下の通りです。

「情報の切り分け方・自分の意見の持ち方」
「犬の栄養学基礎・応用」
「違法商品?広告で見分ける法律講座」
「感染管理・ワクチン・適切な消毒とは」
「飲ませて大丈夫?法律から知る愛犬のためのサプリメント講座」

RE-STUDYで用意するのは動画を観るだけの「受身型」の学習ではありません。定期的に実施するグループワークやコミュニティを通じた「自律型」の学習で、内容の定着を目指します。学習内容の一部は専門的で難解ですが、「誰しもが本人自身の力で情報を取捨選択できるようになる」ことを目標に、サービスを運営してまいります。

■RE-STUDY費用
RE-STUDYの費用は月額制です。

 

ライトプランは一般の飼い主対象、学生割引プランは専門学校や大学に通いながらトリマーを目指す学生の方を対象にしています。一般的なプロのトリマーはスタンダードプラン、オーナートリマーはプレミアムプランが対象です。スタッフを複数人抱えるオーナートリマー向けに「プレミアム強化verプラン」を用意しています。

■代表取締役 野間厚志のコメント
我々ペット業界では、SNSでのPR広告を中心に、医薬品医療機器等法違反とみられる文言や誇大広告が多く見受けられます。

2019年10月29日、日本で初めてペットサプリの会社が薬機法違反で逮捕されるという事件がありました(※2)。しかしいまだに、シャンプーやサプリメントで動物の病気が治るかのような広告が蔓延し、消費者を誘因しています。
「法律違反を指摘されたら、すぐその情報を消せば大丈夫」と主張する、悪質なメーカーの方もいるほどです。
このような悪質なメーカーが淘汰されることは少なく、逆に「悪貨が良貨を駆逐する」の如く、良識のあるメーカーが事業撤退してしまったこともありました。
※2 参考:通販新聞社2019年11月11日付記事|大阪府警 ペットサプリ通販で摘発、「ガン予防」と広告、薬機法違反

ペット業界では規制が行き届いておらず、ペットサロンの対面販売においても、法に抵触するような呼びかけで販売を行う場面が何度も見られます。

トリマーやサロンのスタッフは、「医薬品医療機器等法」や「景品表示法」を専門学校などで学ぶ機会がなく、獣医療の知識がある人は極めて少ない状況です。知識がないことから、悪意なく、法律に抵触する販売を行ってしまう方が多いのが現状です。

また、飼い主様の中でも、「このサプリで〇〇が治ると犬友達から勧められて……」と、効果の確かでない高額な商品を購入する方も残念ながらいらっしゃいます。
このような悲しい経験を経て、わたしは一人のトリマーとして、「消費者もだまされることがなく、トリマーやスタッフも知らないうちにお客様をだますようなことをしない業界にしていきたい」と強く感じるようになりました。

「RE-STUDY」では、誰もがいつでも学びなおせる場所を目指しています。飼い主は、自分の愛犬にとって何が大切な事なのかを、プロのトリマーやスタッフはお客様に何を説明すれば正しくご理解いただけるのかを、楽しく無理のないペースで学べるような場所にしていきたいと考えています。
情報の多いインターネットの海、「正確」な情報を手に入れることはとても難しくなりました。

愛犬家には「RE-STUDYさえ見ておけば大丈夫」トリマーなどのプロには「RE-STUDYを学びの基礎に」と思っていただける場所にしていくことが、ペット業界の発展に繋がることを信じています。

【RE-STUDYでは、以下のようなことを行いません】
・メーカースポンサーや広告をつけません。
・倫理観のない業界有名人に、スポットを当てるようなことはしません。
・誇大な表現は使用しません。

■RE-STUDYのURL
RE-STUDY(6月13日公開)
URL:https://fants.jp/community/re-study

■SIPPO-HAPPO株式会社について
SIPPO-HAPPO株式会社は、「動物の未来を優しくつくりかえる」をモットーに、犬と犬を取り巻く人間がより心地よい生活を送るためのサービスやプロダクトを提供しています。
会社名:SIPPO-HAPPO株式会社
所在地:岡山県笠岡市笠岡272番地9
代表者:野間 厚志
設立:2019年2月
URL:https://sippohappo.shop/
事業内容:
トリミングサロンの経営・運営サポート
動物病院・ペット関連業者向けセミナー登壇
犬用シャンプー「irodo:RE」「BOKUMO.」の企画・販売
犬も人間も一緒に食べられるおやつ「夢見るおやつ」の企画・販売
トリマー・愛犬家向け学習プラットフォーム「RE-STUDY」の運営

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
SIPPO-HAPPO株式会社
所在地:岡山県笠岡市笠岡272番地9
担当:野間(代表)、稲泉(広報)
E-Mail:pr@sippohappo.okayama.jp
  1. プレスリリース >
  2. SIPPO-HAPPO株式会社 >
  3. 犬の専門家たちの授業をオンラインで学べる、トリマー・飼い主向けのプラットフォーム「RE-STUDY」2022年6月13日開始。学習できる内容は医薬品医療機器等法からトリミング技術まで幅広く網羅