宇都宮の障がい者福祉事業所が開発。肉率54%!栃木熟成肉ゴロッゴロの「ニクい餃子」 Makuakeでクラウドファンディングスタートしました!

株式会社マーベリック(神奈川県川崎市川崎区宮前町2-2 代表取締役 竹内さくら)は6月7日(火)より、1日限定100個の【ニクい餃子】のクラウドファンディングをスタートしました。

宇都宮の事業所「CWらぼ宇都宮」では、障がいをもつ利用者さんが「こぎん刺し」を中心としたインテリア、雑貨を制作しています。
「こぎん刺し」とは、日本三大刺し子のひとつです。こぎん刺しは手先が器用で仕事が丁寧、集中力があるといった障がいをもつ方の特性と見事にマッチするのです。皆さんが作業に没頭して生み出す高品質な作品を見た私は、「ほかにも障がいをもつ人たちが得意とする作業がないかな」と考えていました。

そんなときに思いついたのが、事業所のある宇都宮からヒントを得た「餃子」だったのです。この器用さと集中力は、餃子づくりに活かせる!そう思った私は、さっそく利用者さんに餃子をつくってもらいました。すると、思っていたとおり、餃子づくりは障がいをもつ方の特性とマッチ!!正確にタネの量をはかり、きれいに皮で包み、コツコツ作業を続けることができたのです!

「ニクい餃子」は1日100食限定です。

あらゆる分野、業界で機械化が進んできておりますが、 食品製造、 こと餃子に関しては本当に手作りの餃子を召し上がっていただきたいです。

【ニクい餃子の4つの特徴 】

 

・半分以上肉!肉率54% ニラやキャベツもザクザク粗めで肉に負けない存在感。

・栃木ブランド肉「とちぎゆめポーク」の極粗挽き肉100%


2℃で約7日間低温熟成させて、余分な水分が飛んで旨味が凝縮されたお肉を使用。

・にんにくが苦手な方にでも、ニクい餃子はたまり醤油につけて寝かしたものを使ってますから匂いはあまり気にならず味に奥行きをプラスする程度です!
 

 

 

 


ニクい餃子」は1日100食限定です。
この餃子は、すべて1つひとつ手作りで作っているからです。
 


 1人が17〜18gのタネを量って皮にのせ、別の3人がそれを包んで天板に数ミリ程度空けて並べ、12個たまったら冷凍庫に運び入れる。これを何度も何度も繰り返します。
 

 

梱包、発送の作業も障がいがある方々で行います。
 



現在、Makuake開始3日目。おかげでサポーター140名!無事サクセスすることが出来ました。

URL:https://www.makuake.com/project/nikuigyoza/

今後の展開といたしましては、Makuake終了後、宇都宮市鶴田の店舗、ECサイトにて一般販売していく予定です。また、サービスエリア、各店舗さんに委託販売していきます。

株式会社マーベリック
神奈川県川崎市川崎区宮前町2-2 川崎エヌズビル 5F
電話:044-200-7105
FAX:044-589-6230
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マーベリック >
  3. 宇都宮の障がい者福祉事業所が開発。肉率54%!栃木熟成肉ゴロッゴロの「ニクい餃子」 Makuakeでクラウドファンディングスタートしました!