軽井沢のブティックホテル、ししいわハウス軽井沢No. 2(SSH2)2022年7月1日にオープン

「ザ・レストラン」では軽井沢の味覚を「ザ・ワイン&ウイスキー・バー」では選りすぐりの名酒を満喫

熟練の技を突めた現代建築、デザイン、アート、美食、自然環境との調和をテーマに創られたリトリート・コレクション、ししいわハウス軽井沢(SSH)。2019年2月に開業したししいわハウスNo.1(SSH1)の第2弾となるNo.2(SSH2)が今年7月1日に正式オープンしました。

熟練の技を突めた現代建築、デザイン、アート、美食、自然環境との調和をテーマに創られたリトリート・コレクション、ししいわハウス軽井沢(SSH)。2019年2月に開業したししいわハウスNo.1(SSH1)の第2弾となるNo.2(SSH2)が今年7月1日に正式オープンしました。

森と山々に囲まれたししいわハウス軽井沢は東京から新幹線でわずか1時間ほどの静穏なリゾート地に位置します。3つの建物で構成されるししいわハウスNo.2(SSH2)は No.1(SSH1)に続き、プリツカー賞受賞に輝く世界的な建築家、坂茂氏が建築・デザインを手がけました。

「建築とランドスケープの一体感を味わってもらいたい」という坂茂氏の思いから完成したししいわハウスNo.2(SSH2)。木造の建築を囲むオープンエアのアプローチは森の風と香りに包まれ、その空中回廊は館内のハイライトである2階のパブリックスペース、「ザ・レストラン」へ続き、自然と建築をつなぎます。

メインダイニングの「ザ・レストラン」では、岡本シェフによる軽井沢の四季折々の食材をふんだんに使った革新的なモダンフレンチを。そして「ザ・ワイン&ウイスキー・バー」「シガールーム」ではヴィンテージワインも含む世界から選りすぐりの名酒を取り揃え、ゲストに至極の時間を提供します。「ザ・レストラン」は屋外の「フォレスト・テラス」に続き、その設計には坂茂氏ならではの革新的なデザインが発揮され、切妻屋根の小屋組には無柱のトラス(三角形の骨組みを単位とした構造)が組まれています。

 

1階には12室の客室が用意され、静穏なプライベートスペースには、職人の手仕事による檜風呂や森林に囲まれたテラスを備えています。

 

ししいわハウスNo.2 (SSH2)の写真ギャラリーには、世界最高峰といわれる約30点のファインフォトグラフのコレクションが展示されています。 これらの写真は、ロバート・フランク、ルース・ベルナール、アーロン・シスキンド、ルイス・ファウラー、イモージェン・カニンガムといった巨匠たちによる1934年から現在までの貴重なオリジナルプリントです。

 


「ザ・レストラン」
ランチは予約なしでOK
・ランチサラダ
・和牛ビーフバーガー
・鴨そば
・信州サーモングリル
・白樺若牛ステーク 
営業時間:12:00-14:00

ディナー要予約
ディナーメニューは6皿+デザート、コーヒーのコースのみ
営業時間:18:00~、 20:00~ 二部制
バー利用:18:00 - 23:00 (ラストオーダー22:00)

座席数 30席
レストラン予約 therestaurant@shishiiwahouse.com

 


総支配人 荻原大智
長野県御代田町でレタス農家に生まれる。高校卒業後上京し、Japan Hotel Schoolへ入学。
Japan Hotel School卒業後に都内外資系ラグジュアリーホテルへ入社。都内の外資系高級ホテル宿泊部門にてホテルサービスとビジネスの基礎を学び、国内初となるアマンリゾートの東京、三重の開業に携わる。2017年より、個性的なブティックホテルを創ることに興味をもち、株式会社TRUNKへ入社。渋谷TRUNK(HOTEL)に開業に携わり、TRUNK(HOTEL)宿泊部長に就任。その後、2019年株式会社TRUNKの2店舗目であるTRUNK(HOUSE)の支配人も兼務しTRUNK(HOUSE)の開業に携わる。今年2022年1月より地元長野県に帰郷、SHISHI-IWA-HOUSE軽井沢総支配人に就任し現在に至る。

シェフ 岡本将士
高校卒業後、大阪あべの辻調理師学校に入学し、大阪市内イタリア料理店に勤めた後、地元広島県竹原市に戻り、市内にあるフランス料理店でフレンチの基礎を学ぶ。T&Gに入社し、都内数店のシェフを務めた後、TRUNK(HOTEL)の立ち上げに携わり、TRUNK(KITCHEN)のシェフに就任。後2年後に、神楽坂にて一棟貸切宿泊施設TRUNK(HOUSE)の立ち上げと共にシェフに就任し今に至る。

 ■  ししいわハウスについて
ししいわハウスは、プリツカー賞受賞の建築家、坂茂氏が設計したブティック・ホテル。2015年に開発がスタートしたこのリゾートは、都会の喧騒から離れた場所に知的想像の建築空間を提供したいという思いから誕生しました。長野県軽井沢町に立地し、SSH No.1は滑らかな曲線を描くような形状が特徴の2階建ての隠れ家的リゾートで、3つのテラス・ヴィラからなる全11室の客室で構成されています。全ての客室からは、常緑樹、桜、もみじなど250本以上もの木々が織り成す四季折々の美しい庭の景観をお楽しみいただけます。SSH No.2はスカイウォークから広々としたテラスに繋がる全12室の客室を備えています。まるで自然の中に浮かんでいるかのような2階のレストランやバーの空間では、地元の食材をふんだんに使用した食事とエクスクルーシブな名酒を愉しんでいただくこができます。2023年には西沢立衛氏によるNo.3が誕生予定。ししいわハウスは、総支配人を務める荻原大智の下、経験豊富な専門チームにより運営されています。
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2147−768
https://www.shishiiwahouse.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HDHP GK >
  3. 軽井沢のブティックホテル、ししいわハウス軽井沢No. 2(SSH2)2022年7月1日にオープン