2025年日本国際博覧会のサテライトタウンとして、地域の発展と活性化を市民と共に取り組む民間プロジェクト「ART CIRCUIT SAKAI」が始動

「仁徳天皇陵世界遺産登録三周年記念大茶会」を開催|2022年7月10日(日)

 一般社団法人 堺の力(理事長 岡下昌平)は、日本のみならず世界から注目が集まる2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)に向け、周辺都市である堺がどのように貢献できるのかなどを考える民間プロジェクト「ART CIRCUIT SAKAI(実行委員長 小島基成)」(以下、本プロジェクト)を、2022年7月10日(日)より始動いたします。
 本プロジェクトは、堺の文化発信や地域経済の発展と活性化を目指して発足する民間プロジェクトです。堺市民をはじめ堺に携わる人々が中心となり、大阪・関西万博のサテライトタウンとしての在り方を考えるとともに、おもてなしの精神を広めて参りたく考えています。また、民間団体が地域を盛り上げる新しい地方創生のモデルケースとして、日本各地に広がっていくことを願っています。
 その始動プロジェクトとして、大阪府堺市にある世界文化遺産仁徳天皇陵の世界遺産登録三周年を記念したお茶席「仁徳天皇陵世界遺産登録三周年記念大茶会」*1を開催いたします。当日は二部制で第一部は、堺市堺区にある千利休所縁の寺院、南宗寺にて裏千家の小森宗克氏に呈茶いただき、千利休よりお茶の文化が育まれた堺で、茶席を通じて堺の文化やおもてなしの心を体験いただきます。
 第二部は、ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺にて、様々な著名ゲストをお招きし、大阪・関西万博の周辺大都市として、堺が担う役割としてのサテライトタウン構想、新しい地方創生のモデルケースとしてのART CIRCUIT SAKAIプロジェクトなどについて考える基調講演会も同日に併催いたします。
 今後も、本プロジェクトを通じて、様々な文化を集約したイベントを企画開催していくことで、大阪・関西万博に向けシビックプライドを醸成するとともに、地域の発展と活性化に寄与できればと考えています。また、大阪・関西万博で体感・経験したことを本プロジェクトの様々なコンテンツを通じて、その先も持続して地域が発展していけるように努めて参ります。

*1仁徳天皇陵世界遺産登録三周年記念大茶会と基調講演会は、来賓と招待者(堺市に関連する団体や企業をはじめ、関西の企業が中心に招待)で行うイベントです。


◆仁徳天皇陵世界遺産登録三周年記念大茶会
日程:2022年7月10日(日)
時間:第一部11:00~11:30 ※受付 10:30~ 
   第二部11:40~12:10
場所 :南宗寺 〒590-0965大阪府堺市堺区南旅篭町東3丁目1−2

◆基調講演会
日程:同日2022年7月10日(日)
時間:12:30~14:00 ※受付 12:00~
場所:ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺3F 「利休の間」 〒590-0985 大阪府堺市堺区戎島町4-45-1


◆アートサーキット堺の今後に関して
 今後「ART CIRCUIT SAKAI」は、秋頃までの組織委員会の発足、12月中のイベント開催(CHIMERA Unionとのコラボレーションを予定)に向け、現在、調整中でございます。※2022年6月現在
 

◆一般社団法人 堺の力

 一般社団法人 堺の力は「世界都市としての堺」をビジョンに据え、民間の活力を使った地域振興ならびに世界中のヒト・コト・モノが堺に集まる仕組み構築を目指して2022年に設立いたしました。主要プロジェクトである『ART CIRCUIT SAKAI(アートサーキットサカイ)』は、大阪・関西万博のサテライトタウンとして、新しい地方創生のモデルケースとして、都市イメージの向上を目指して参ります。
理事長:岡下昌平(前衆議院議員 初代デジタル大臣政務官)
相談役:田村恒一(元堺市副市長)
理事:本田 正(堺商工会議所議員)
事務局長:小島基成(ART CIRCUIT SAKAI実行委員長)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 堺の力 >
  3. 2025年日本国際博覧会のサテライトタウンとして、地域の発展と活性化を市民と共に取り組む民間プロジェクト「ART CIRCUIT SAKAI」が始動