本地川 裕之(LLPメディカ・ノーヴァ)が、天井再開発計画「上を向いて」のため200万円を目標にクラウドファンディングを開始

-寝室ベッド天井投影用アシストアイテムの開発・初期量産-

本地川 裕之(有限責任事業組合メディカ・ノーヴァ)(所在地:兵庫県、代表:本地川寛司、以下「メディカ・ノーヴァ」)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、寝室ベッド天井投影用アシストアイテムの開発・初期量産をするために「寝室の天井を映像表示空間にしたい。「上を向いて」量産化へご支援を!」を公開しました。200万円を目標に、本日2022年8月8日(月)から9月16日(金)まで支援を募ります。
(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/ue-o-muite
<プレスリリース>
2022年8月8日
本地川 裕之(LLPメディカ・ノーヴァ)


本地川 裕之LLPメディカ・ノーヴァ)が、天井再開発計画上を向いて」のため
200万円を目標にクラウドファンディングを開始
-寝室ベッド天井投影アシストアイテムの開発・初期量産-


本地川 裕之(有限責任事業組合メディカ・ノーヴァ)(所在地:兵庫県、代表:本地川寛司、以下「メディカ・ノーヴァ」)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、寝室ベッド天井投影アシストアイテムの開発・初期量産をするために「寝室の天井を映像表示空間にしたい。「上を向いて」量産化へご支援を!」を公開しました。200万円を目標に、本日2022年8月8日(月)から9月16日(金)まで支援を募ります。
(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/ue-o-muite
 


ベッド上での生活を余儀なくされる方や、透析など治療中の方にとって「天井」は自然と視界に入る「変化に乏しい風景」です。天井を映像表示空間として利用できたら、娯楽のみならず、インフォームドコンセントや遠隔診療のエンドポイントにも利用できます。
高性能化が進む小型プロジェクターを転用しようと考えましたが、三脚に対応はしているものの、既存の設置用器具を組み合わせても寝室で利用するのは容易ではありません。そこでベッドのヘッドボードに装着する汎用型設置アタッチメントの開発・初期量産を目指します。

 

■クラウドファンディングプロジェクト概要
・タイトル「寝室の天井を映像表示空間にしたい。「上を向いて」量産化へご支援を!」
・URL:https://readyfor.jp/projects/ue-o-muite
・目標金額:200万円
・募集期間:2022年8月8日(月)10時~9月16日(金)23時  39日間
・資金使途:設計試作費、初期量産費など
・形式:通常型 / All or Nothing方式
※All or Nothing方式は、期間内に集まった支援総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が支援金を受け取れる仕組みです。

・リターン:12,000円~1,000,000円まで計7コース。
他に支援のみの3,000円、サイズ・カスタマイズ対応の20,000円コースなど


メディカ・ノーヴァとは
メディカ・ノーヴァは、「医療、介護、調剤などヘルスケア領域の諸問題をテクノロジー活用で解決あるいは効率化すること」を目標に、2016年から活動しています。日常業務に追われがちな各分野の従事者が、創意工夫を通して現場での課題を解決したいと知恵を絞っても、なかなか実現には至らず、思いのほか手間がかかるので、途中で断念してしまうケースがほとんどです。
一方、IT機器の進歩で、例えばタブレットが診療現場で活用されますが、使用するタブレットは薬機法承認とは無縁の「文房具に似た雑品」です。以前なら有用性、信頼性から医療用に開発されたもの以外が現場で活躍することは稀でしたが、状況は変わりつつあります。メディカ・ノーヴァは、身近で些細な、しかし日常業務で頻繁に遭遇する不便を、既存技術の組み合わせと創意工夫で解決することを目指して設立しました。

■本件に関する問い合わせ先
メディカ・ノーヴァ (担当 本地川裕之)
電話番号:06-6316-9773
E-mail:moppy@medicanova.jp
  1. プレスリリース >
  2. LLPメディカ・ノーヴァ >
  3. 本地川 裕之(LLPメディカ・ノーヴァ)が、天井再開発計画「上を向いて」のため200万円を目標にクラウドファンディングを開始