水戸一高・土浦一高の入試対策に特化した新講座「難関探究ゼミ」第2期 受講受付開始

市進教育グループ 株式会社茨進(本社:茨城県土浦市、代表取締役社長:竹澤賢)では、近年、年度ごとに大きく変わる傾向、学習指導要領の変化、県立中高一貫校の増加に伴う定員の減少など、外的要因によって今後難易度が高まると考えられる茨城県の県立最難関高校、水戸第一高等学校、土浦第一高等学校の入試対策に特化した新講座「難関探究ゼミ」の開催を決定し、第2期の受講生の参加受付を7月19日より開始しました。

■大きく変わる茨城県立高校入試の難易度

茨城県立高校の入学試験は、近年、年度ごとに大きくその出題傾向を変えています。さらに2021年度から実施されている新しい学習指導要領により、これまで高校で学習していた内容が中学の学習内容に含まれるなど、学習内容も大きく変化しています。それに加え、県立中高一貫校の開校に伴い、2020年度には320名だった水戸一高、土浦一高の定員は2024年度には160名まで減少する計画です。

これらの外的要因により、両校の難易度は今後大きく上がることが予想されます。

茨城県の入試にこだわって学習指導をしてきた株式会社茨進では、難易度の上昇が予想される中で、より高度な学力を身につけ、県内最難関2校に合格するためのトレーニングに特化した講座「難関探究ゼミ」(中学3年生対象)を開講。この度、9月からスタートする同講座第2期の受講申込受付を7月19日より開始いたしました。

■株式会社茨進について

株式会社茨進は、創業から 47 年を数える、茨城県内で幼児から高校3年生までの能力開発、学習指導、受験対策指導を提供する総合教育企業です。茨城県内の幅広いエリアに拠点を持ち、それぞれの拠点が地域に密着した進学指導を実践し、各地域のトップ校に例年多数の合格者を輩出しています。2012 年より市進教育グループに参加し、首都圏難関校への合格実績も堅調に伸ばしているほか、近年では受験指導にとどまらない幼児から小学校低学年向けの能力開発教育にも力を入れています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 茨進 >
  3. 水戸一高・土浦一高の入試対策に特化した新講座「難関探究ゼミ」第2期 受講受付開始