三浦半島の「食」をテーマにした横須賀市の新たな観光拠点「いちご よこすかポートマーケット」、2022年10月28日(金)にリニューアルオープン!

​2013年に開業し、2019年に一旦幕を閉じていた「よこすかポートマーケット」(所在地:横須賀市新港町6)が、建物のデザイン、出店テナントなどすべてを一新して、2022年10月28日(金)に「いちご よこすかポートマーケット」(愛称:よこすかポートマーケット)としてリニューアルオープンします。リニューアルコンセプトは「三浦半島フードエクスペリエンス」。三浦半島の新鮮な食材、豊かな食文化を一堂に集めました。

よこすかポートマーケットは市民や観光客から幅広く利用されていましたが、2019年を境に閉館をしていました。その後、建物保有者である一般財団法人シティサポートよこすかが、観光・集客の拠点として建物をリニューアルして運営する事業者の公募・選考を行い、いちご株式会社を代表とするグループに決定しました。

リニューアルコンセプトは「三浦半島フードエクスペリエンス」。三浦半島の新鮮な食材、豊かな食文化を一堂に集めました。「食べる」「買う」はもちろんですが、「食」を通して、人や地域と繋がったり、新しい学びがあったり、さらには社会や地球について考えたり、そんな場をみなさんと一緒につくっていきます。

リニューアル前の旧ポートマーケットに比べて売場面積は2倍となり、また海に面して巨大な窓や広々としたデッキを設けることで、シーフロントの立地を生かした非常に開放的な空間が誕生しました。海産物、農産物、畜産物などの食物販店に加えて、多様な飲食店やスイーツショップが揃い、また地元の名産を扱う土産物店も加わり、来館した皆様にお買い物やお食事を存分に楽しんでいただける施設となりました。
 

見晴らしがよく広々とした室内デッキ見晴らしがよく広々とした室内デッキ

 

「観光やレジャーで訪れる方々」、そして「地元で生活や仕事をしている方々」のどちらにも喜んでいただける、横須賀・三浦半島を代表する新たな「食の発信拠点」となることを目指しています。年間来場者数の目標は100万人としています。

【施設の特徴・リニューアルのポイント】

■売場面積が2倍に拡張

旧ポートマーケットでは建物の半分(道路側)しか利用していませんでした。しかし、中央の分厚い壁に大きな開口を複数箇所設けることで、残り半分(海側)も活用できるようになり、面積が2倍になりました。これにより21もの店舗区画を設け、また共用部の客席として室内だけでも合計273席をご用意できるようになりました。

館内には273の客席を用意館内には273の客席を用意

■屋外との連動

海側には大きな窓面を配し、海を眺めることができる巨大な室内テラスを設けています。このテラスはそのまま建物外部にも繋がっていて、建物の内外に一体感が生まれます。また、屋外スペースにもイスやテーブルを散りばめ、頭上に張られたタープの下で、ゆったりした時間を過ごしていただけます。屋外スペースでは、週末を中心にマルシェやイベントを開催し、施設に賑わいをもたらします。
 

外部にも広いテラスやイベントスペース外部にも広いテラスやイベントスペース

■室内でのイベントやワークショップも開催

室内テラスはステージ状になっており、普段は共用客席として利用しますが、音楽ライブをはじめイベントスペースとしての活用も可能です。また施設奥にはシェアキッチンスペースがあるので、食に関するワークショップ(料理教室や食育イベントなど)を随時開催していく予定です。

■地域の魅力を発信するバラエティ豊かな出店者たち

地元の名店を中心に広くお声掛けを行った結果、施設のコンセプトに共感してくださった以下の事業者様がご出店の予定です。(※五十音順)

あがっとこ <マグロ・海鮮丼>
長井水産 <農水産物>
房竹丸水産 <海鮮料理>
溶岩窯パン工房 ブロートバウム <パン>
ヨコスカスーベニアショップ <お土産>
横須賀ビール TAPROOM <クラフトビール>
BUOSCANO.(ボスカーノ) <カジュアルイタリアン>
BUTCHER’S TABLE 横須賀松坂屋(ブッチャーズテーブルヨコスカマツザカヤ)<デリカ・精肉>
FARO (ファーロ) <サンドイッチカフェ>
HONEY BEE(ハニービー) <ネイビーバーガー>
MARLOWE(マーロウ) <プリン>
Materia(マテリア) <地中海料理>
Tokyo Bay Fisherman’s Noodle(トウキョウベイフィッシャーマンズヌードル) <ラーメン>
YOKOSUKA GELATO FACTORY(ヨコスカジェラートファクトリー) <ジェラート>
 

 

 


【ロゴマーク】

今回のロゴマークは「船の旗」をイメージしています。出店者の皆さん、地元の皆さん、そして観光客の方々が混ざり合い、よこすかポートマーケットがまるで一つの船のように一体感をもって未来に向けて進んでいく場になれればという願いが込められています。また横須賀が誇る美しい海と空をイメージして、彩度が高く、深みのあるブルーをキーカラーとしました。

【施設概要】

・施設名称
いちご よこすかポートマーケット(愛称:よこすかポートマーケット)

・施設所在地
神奈川県横須賀市新港町6

・開業日時
2022年10月28日(金)午前10時 OPEN

・営業時間
午前10時から午後8時(※変更の可能性があります)

・共用部席数
館内:273席(屋外にも席あり)

・駐車場
一般車両:施設の前面にタイムズ駐車場(184台)
※お買い物をされたお客様は60分無料サービス
大型バス:施設の裏手に13台分の駐車場

・ウェブサイト
https://yokosukaport-market.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フードエクスペリエンス三浦半島 >
  3. 三浦半島の「食」をテーマにした横須賀市の新たな観光拠点「いちご よこすかポートマーケット」、2022年10月28日(金)にリニューアルオープン!