中国/西安にある秦の始皇帝陵博物院が監修した兵馬俑NFTが日本に初上陸

日中国交正常化50周年を記念し、秦の始皇帝陵博物院が外務省などと協力し展覧会を開催。HYLINKグループは秦の始皇帝陵博物院の監修のもとで兵馬俑NFTを作成し、日本での販売を開始。
URL: https://adam.jp/stores/newpicturesculture
中国/西安にある秦の始皇帝陵博物院監修した兵馬俑NFT日本に初上陸

日中国交正常化から50周年を数える今年3月、展覧会「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」が、3年の準備期間を経て西安市の友好都市―京都市の京セラ美術館にて開催。展覧会はその後、静岡、名古屋、東京と4拠点で展開。春秋戦国時代を描いた人気漫画『キングダム』とコラボレーションした特設コーナーも設置され、多くの若い世代のファンたちの注目を集めてきました。

 

 

兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

今回、HYLINKグループは秦の始皇帝陵博物院とコラボし、兵馬俑をモチーフとしたNFTをシリーズ化します。 2022年4月には、HYLINKグループの会社(新画幅文創)が西安・秦の始皇帝陵博物院と提携。中国スタイルのNFT(デジタルコレクション)/「秦兵馬俑の蒹葭潮団(けんかちょうだん)」を中国国内向けに販売し、100,049部の限定商品が即座に完売しました。HYLINK JAPANは秦の始皇帝陵博物院から兵馬俑オリジナルNFTの販売代理店として認められ、10月18日に日本のNFTプラットフォームAdam byGMO(https://adam.jp/stores/newpicturesculture)で発売を開始します。

 

日本で初めて販売される「蒹葭十二士」(けんかじゅうにし)とは、秦の始皇帝陵博物院にて8千体の兵馬俑(死者と一緒に埋葬した、兵士及び馬をかたどったもの)から12体を選出したもので、発掘される前の色などを再現した兵士の総称。この十二兵士は将軍、軍吏、車兵(馬車の騎手)、射手、歩兵、騎兵、老兵及び文官という異なる職位を持つとされています。蒹葭十二士は勇ましい表情を浮かべており、千人千様兵馬俑のミニコレクションとも呼ばれます。生き生きとしたミニコレクションは、蒹葭十二士の日常生活や愛憎・恩讐が表現されています。 

 

 

上記以外にも、「青銅の冠」と呼ばれる銅馬車デジタル模型、「秦兵馬俑の蒹葭潮団(けんかちょうだん)」「秦風十篇•蒹葭絵巻(けんかえまき)」と複数のNFTシリーズを発売予定で、「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」東京展覧会の期間中、中国の伝統文化を最新のマーケティングモデル(NFT)と連携させ、新たな価値を創造して行きます。

 


日中国交正常化50周年のタイミングで、HYLINKは業界屈指のデジタルマーケティング企業として、中国文化と最新の技術を融合させ、日中両国の文化交流の強化に尽力して行きます。

关于华扬联众HYLINK

HYLINKは1994年に中国・北京で設立し、デジタルソリューションの提供を行っています。2017年には、中国で上場。2019年には、東京でHYLINK JAPANを設立。2022年の北京オリンピック/パラリンピックでは、公式独占マーケティングパートナーに就任。

会社名 :日本華揚聯衆デジタルソリューション株式会社 
HYLINK(JAPAN) DIGITAL SOLUTION CO., LTD. 
所在地 :東京都中央区京橋 2-2-1 京橋エドグラン 26F
設立  :2019年11月13日
HP URL:https://hylink.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本華揚聯衆デジタルソリューション株式会社 >
  3. 中国/西安にある秦の始皇帝陵博物院が監修した兵馬俑NFTが日本に初上陸