知育ARTLABOがアキュラホームと提携し、「言葉を超えるコミュニケーション―親子アート展」をAQレジデンス瀬田展示場で開催

親子の感情をアートで”見える化”。3歳から大人までのフルイドアート作品30点を展示

知育ARTLABOは、株式会社アキュラホームと提携し、2回目となるアート企画展「言葉を超えるコミュニケーション―親子アート展」を、9月23日(金)~25日(日)の10:00~18:00(最終日は17:00まで)にAQレジデンスモデルハウス(東京都世田谷区)にて開催いたします。

 

  • 3歳の作品も。親子のコミュニケーションをあるべき形へ
今回の企画展では、知育ARTLABOが親子の交流プログラムの一環として8月に開催したワークショップに参加した3歳から大人までの親子作家たちが制作したフルイドアート30点を、アキュラホームAQレジデンス潮田展示場に展示し、皆様にお楽しみいただきます。

 

 
  • 親子の感情のすれ違いをアートで解決できる?
親子の感情のすれ違いはどこから生まれるのでしょうか?
子どもの感じる「良いもの」と大人が定義する「良いもの」は異なり、この溝を埋めるためには、言語的コミュニケーションでは限界があります。

知育ARTLABOは、「楽しい」「嬉しい」「良さそう!」といった、言葉では表現しきれない抽象的な感情をそのままアートに落とし込むことで“見える化”し、親子のコミュニケーションのきっかけを生む試みとして、8月に2回にわたり、「親子のしゃべらないアートパーティ」を開催。“言葉を使わずに”、親と子のお互いに対する意識や感情をフルイドアートで表現しました。

【フルイドアートとは?】
絵の具の流動性を利用したアート作品のことです。どんな仕上がりになるか予想できず、偶然にゆだねるところが魅力です。
 
  • 親子の美しい作品を展示

 

子どもの作品子どもの作品

パパの作品パパの作品

 

子どもの作品子どもの作品

 

ママの作品ママの作品

  •   知育ARTLABOとは
知育ARTLABOは、株式会社アート知育中国語(東京都中央区、足立区)が運営する、2歳から13歳までの子どもたちを対象としたアートスクール。ひとり一人の個性を尊重し、才能を最大限に引き出して、豊かな感受性と知性の育成を目指しています。

AI時代だからこそ、必要とされるアート思考。心の底にある感情をカタチにし、人々と共鳴し合うことで、新たな価値を創造し、イノベーションを生み出します。

知育ARTLABOは、イメージ力や想像力、ひらめき、記憶などを司る右脳にかかわる“アート”と、言語や計算力、論理的思考を司る左脳にかかわる“知育”をかけあわせる、新しいアプローチを通して、変化が激しく、先行きが見えにくい時代を生き抜く、内なるモチベーションを育みます。

アート知育中国語公式ページ
https://ubaby.jp/
  • イベント概要
◆言葉を超えるコミュニケーション 親子アート展

◆開催日 2022年9月23日(金)~25日(日)

◆開館時間10:00-18:00 (最終日は17:00まで)

◆入場料 無料 

◆お申込み方法
入場は予約制となっております。お電話でお申込みください。
ご予約 03-5851-1688

◆会場 
AQレジデンス 瀬田展示場 (ハウジングプラザ内)
東京都世田谷区瀬田5-20
03-5797-2311

◆アクセス
東急田園都市線 用賀駅 徒歩10分

◆お車でお越しの場合
環八沿い、住友スリーエム向かい。東名・首都高速用賀ICそば。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アート知育中国語 >
  3. 知育ARTLABOがアキュラホームと提携し、「言葉を超えるコミュニケーション―親子アート展」をAQレジデンス瀬田展示場で開催