【11月19日は美眉育成の日】初となる記念日は女性みんなでスッピン美眉に。

9割以上の眉毛ジプシーを救うシェア企画をグラビネスが開催

株式会社ゼンケアは、本来の眉毛を生かした、自然体の自分であることを推奨するために、11月19日を「美眉育成の日」として記念日を制定いたしました。
制定から初めての記念日となる2022年11月19日に、多くの方に、眉毛の大切さ、眉育*の必要性をしってほしいという想いから、『ここから始まる私の眉美』として、特別企画を実施することを報告します。

眉ケアの方法が分からない女性のために、一般公募で「美眉のために気を使っていること」を募集し、集めた回答を一般公開することで、眉毛に悩む女性の眉ケアをサポートをしていきます。
*ハリコシを与えるケア

マスク着用が常態化した昨今、目元だけではなく、より自分を美しく見せるためにこれまで意識が薄かった眉毛のケアにまで注目が集まっています。

目元は、顔のイメージを決定づける重要なパーツであり、中でも眉毛は、顔の8割以上の印象を決めると言われています。

眉毛を整え、自身の理想とする印象に近づけてくれる眉毛ケアはとても大切な工程です。とはいえ、眉毛はバランスを整えるのが難しいパーツです。

弊社が独自で調査したアンケート結果では9割以上の人が
「まゆ毛で女性の顔の印象や雰囲気が変わる」という結果に。


「まゆ毛で女性の顔の印象や雰囲気が変わると思いますか?」



「毎日の眉メイクを面倒に感じることがありますか?」

 

 

「自分のまゆ毛の形を変えたいと思いますか?」


「自分のまゆ毛が綺麗に生え揃っていたら眉メイクをしますか?」


【調査概要】
アンケート対象: 20〜70代の女性
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2022年7月26日
調査地域: 全国
有効回答数: 211名
調査機関:グラビネス

上記アンケート調査結果で、
多くの女性が眉毛で印象は変えていけることを認識していることが分かりました。

本音では眉メイクは面倒に感じており、自然体の眉でありたいと感じているにも関わらず、毎日面倒くさい気持ちを押し殺して眉毛を描いているというのが現状です。

細眉ブーム時代に抜きすぎて生えてこない、加齢、眉メイクの落とし残しなどによる眉毛の薄さや少なさ、まばらさが目立ち、スッピンの眉毛を晒せない。

眉が綺麗な人、眉ケアに抜かりが無い女性は日頃どんなケアをしているのか、なかなか人には聞けない眉ケア方法をみんなでシェアし合う企画を実施することで、女性の眉ケアのサポートを行っていきます。

『ここから始まる私の「眉美」』アンケート企画スケジュール
募集期間:2022年11月11日~2022年11月30日 アンケート募集
12月某日に一般公開予定
キャンペーンURL:https://www.for-my.jp/campaign/grebs202211/

商品概要(grabiness マユビアとは)


「1%も怠らない。最高の私であるために」をコンセプトとして、眉毛の悩みを抱える女性のために、眉毛の育成に着目し「眉毛専用美容液 マユビア」を開発、商品化しました。

商品名:眉毛専用美容液「マユビア」grabiness
1本5役のオールインワンケアで眉毛の1本1本にハリ艶を与え、薄眉の悩みを美眉に導きます。
「眉育*」「メイクソリューション」「ボタニカルコート」「アフターケアジェル」「眉トリートメント」がこれ1本。女性の美眉ケアの決定版です。
*ハリコシを与えるケア
内容量:3.0ml(約1ヶ月分)

会社概要
販売店舗名:FORMY(フォルミー)
販売業者:株式会社ゼンケア
本社所在地:〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-5-5-5F
電話番号:【グラビネス】0120-276-600 受付時間 / 平日11:00~17:00(土日祝を除く)
メールアドレス:info@formy-shop.jp
ホームぺージアドレス:https://www.for-my.jp/grabiness/
代表者:代表取締役社長 勝浦 幹夫
設立年月日:2015年10月09日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゼンケア >
  3. 【11月19日は美眉育成の日】初となる記念日は女性みんなでスッピン美眉に。