プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社JCCL
会社概要

“二酸化炭素を回収・貯蔵することでカーボンニュートラルに貢献するJCCLが、2億円の資金調達を実施“

株式会社JCCL

グローバルで大きな社会課題となっている地球温暖化を解決すべく二酸化炭素(CO2)の回収・貯蔵技術を開発しグローバルでのカーボンニュートラル達成に貢献を目指す、株式会社JCCL(本社:福岡県福岡市)は、このたびインクルージョン・ジャパン株式会社、QBキャピタル合同会社及びNCBベンチャーキャピタル株式会社が共同で運営するQB第二号投資事業有限責任組合両投資家から2億円の調達を実施しました。
この調達により累計調達額は3億円となり、資金調達を通じて九州大学からの特許取得、お客様との共創を主眼とするCO2吸収装置開発・設計を行ってまいります。

・資金調達の概要

調達金額:2億円

調達方法: J-KISS(有償型新株予約権)

引受先:  インクルージョン・ジャパン株式会社、QB第二号投資事業有限責任組合

資金用途: 特許取得、設備投資


・事業概要

温暖化ガスの主な要因であるCO2の回収・貯蔵はカーボンニュートラル達成の為に必要不可欠な技術です。

一方でCO2回収時の乾燥に関わる必要なエネルギーコストなど大きな課題を抱えていました。

JCCLは独自のアミン含有ゲルを活用することで回収時のエネルギーコスト削減を達成、また材料開発とともにお客様の用途/排気ガスに応じた回収・貯蔵プロセス最適化を高度なプロセスシミュレーションで実施いたします。

そのうえで回収モジュール、装置の最適化を行うことで高性能かつ低コストなCO2回収・貯蔵を実現しています。


・株主からのコメント

インクルージョン・ジャパン株式会社 竹丸様

「産・官・学」全方位的に高い注目と期待値を集める大学発スタートアップですが、その成功の道は以下3つの条件が必要という点で、険しいものがあります。

 1) 技術が優れて価値があること

 2) 技術の提供価値が世の中に求められていること

 3) 技術を世の中にきちんと広げる戦略を描き、実行しきる経営力があること

JCCLは、 1) 九州大学において教授に就任された星野友教授の開発された特許を九州大学より引き継ぎ、2) 東証が2022年4月以降、プライム市場に上場する企業に対し気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく情報開示を義務付ける等、「脱炭素社会実現」が行動規範となる正に「今」という状況で、 3) 元日東電工代表取締役CTO梅原氏をはじめとする経営のプロと星野教授の愛弟子の技術陣というこれ以上を望めないチームで普及させる という理想的な状況を整えて、実際に当初経営計画を上回る結果を出し始めています 今回、社会の変革・企業の成長双方の観点で、脱炭素技術スタートアップとして、また、大学発スタートアップとしてロールモデルになることを確信し、 ESG・脱炭素をテーマとするICJ2号ファンドより2度目の出資をさせていただきました。確信が現実となるよう、我々も必死に支援をさせていただく所存です。


QBキャピタル合同会社  川太様

JCCL社は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)のSTART事業の成果等を基に設立されたスタートアップであり、弊社は、STARTの事業プロモーターとして、起業前から支援してまいりました。今般、新たな経営者を迎え、投資に至ったことを大変嬉しく思っています。今後、JCCL社へのハンズオン支援を強化すると共に、九州地域を中心とした、大学技術シーズのスタートアップによる社会還元に貢献してまいります。



会社概要

名称: 株式会社JCCL(九州大学発スタートアップ)

所在地:福岡市西区九大新町4-1 福岡市産学連携交流センター108号室

代表者:梅原俊志

設立年月:2020年12月 

URL: https://jccl.co.jp

すべての画像


種類
経営情報
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社JCCL

4フォロワー

RSS
URL
https://jccl.jp/
業種
製造業
本社所在地
福岡県福岡市西区九大新町4-1 福岡市産学連携交流センター108室
電話番号
-
代表者名
梅原 俊志
上場
未上場
資本金
-
設立
2020年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード