日本初の“おみくじ型コピー広告”プロモーション~ソフトバンク・ヒューマンキャピタル MOOK発売にあたり、大学生向けプロモーションを実施~

main image
 「インターネット」に強い転職サイト『イーキャリアプラス』を運営するソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠)は、インターネット関連業界の仕事と会社がわかるMOOK『就職・転職に役立つインターネット企業ガイド』(価格1,200円・税込み)を2008年1月30日にソフトバンク クリエイティブ株式会社より発売するにあたり、日本初となる“おみくじ型コピー広告”プロモーションを開始いたしました。

【日本初の“おみくじ型コピー広告”とは】
 今回のMOOK発売にともなって展開する“おみくじ型コピー広告”とは、コピー用紙の裏面を利用する新たなメディア『タダコピ』(※)を利用したものです。今回の“おみくじ型コピー広告”では、通常一律で同じデザインが用いられるコピー用紙裏面の広告スペースに、大吉から凶まで全5種類の異なるデザインの広告を掲出する形で展開し、利用者がコピーをとるたびに異なるデザインと吉凶を占うおみくじを体験することができるもので、これはコピー用紙を利用した広告プロモーションとしては日本初の試みとなります。
 また、広告面には吉凶とあわせて、マネックス証券株式会社や株式会社ミクシィといった有名インターネット企業の社長から、学生に向けたアドバイスが記載されています(MOOKインタビューより引用)。

【本プロモーションの目的】
 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは、2007年11月より「インターネット」に強い転職サイト『イーキャリアプラス』をオープンして以降、インターネット関連業界の認知拡大を目的としたプロモーションを複数展開してまいりました。今回のMOOK出版にともなう“おみくじ型コピー広告”プロモーションは、就職活動を控えた大学生をターゲットに、インターネット関連業界やインターネット企業の認知拡大とその魅力を伝えることを目的としたものです。 

【おみくじ型コピー広告 実施詳細】
実施期間:2008年1月15日~2月14日
実施場所:首都圏の主要国公立・私立大学19校
おみくじ広告の内容
-大吉
-中吉
-小吉
-吉
-凶

※『タダコピ』とは
 株式会社オーシャナイズが提供するサービス『タダコピ』は、白紙となっているコピー用紙の裏面を広告スペースにすることにより、通常1枚10円かかるコピー料金を無料にするもので、新たな形の学生支援サービスとして注目を集め、首都圏を中心に全国の大学生協等で多くの学生に利用されています。
タダコピ:http://www.tadacopy.com/
株式会社オーシャナイズ:http://www.oceanize.co.jp/index.html

【MOOK概要】
タイトル:『就職・転職に役立つインターネット企業ガイド』
監修:ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社
判型:A4変形サイズ
総ページ数:オールカラー264ページ
発行:ソフトバンク クリエイティブ株式会社
価格:1,200円(税込み)
発売日:2008年1月30日
内容紹介:
『インターネット関連業界』にスポットをあて、最新の市場動向分析や100社以上のインターネット企業情報、注目企業のトップインタビュー、インターネット企業の採用試験テクニック等をまとめています。学生及び社会人の方が、業界動向や、企業紹介を通して俯瞰的にインターネット業界を理解し、同時にインターネット企業の採用試験テクニック、入社後の働き方を理解することができる、初めての就職・転職に役立つインターネット関連業界ガイド本です。


【会社概要】
■会社名:ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社
■代表者名:代表取締役 香山 誠
■設立:1999年9月30日
■所在地:東京都中央区日本橋浜町3-21-1 日本橋浜町Fタワー16F
■業務内容:インターネットを利用した転職情報サイトの開発および運営
■ホームページ:http://www.softbankhc.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
ソフトバンク・ヒューマンキャピタル ワークスタイル研究所
担当:小松
■TEL:03-5642-8681  ■FAX:03-5641-3446 ■ E-mail: pr@softbankhc.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社 >
  3. 日本初の“おみくじ型コピー広告”プロモーション~ソフトバンク・ヒューマンキャピタル MOOK発売にあたり、大学生向けプロモーションを実施~