社員やアルバイトの“悪ふざけ”投稿を常時監視する『ソーシャルパトロール』本年1月23日より提供開始

サイト炎上防止、早期鎮火への対応を可能に

株式会社ANALOG TWELVE(アナログトゥエルヴ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 赤松隆 http://www.analog12.co.jp/ 以下ANALOG TWELVE)は、従業員やアルバイトによりTwitterやFacebookなどのSNS上につぶやかれた悪ふざけ投稿を常時監視する『ソーシャルパトロール』を本日、2014年1月23日より開始します。

『ソーシャルパトロール』では、導入企業との協議の後に監視体制を構築。SNS上につぶやかれた従業員などの悪ふざけ投稿(写真、人事情報、インサイダー情報など)の常時監視パトロールを開始し、

① パトロールアカウントによる投稿者への警告
② 投稿者の「ブラックリスト」化
③ 導入企業への定期もしくは緊急でのレポート

を行い、炎上などを未然に防ぎ、また早期の沈下を可能にします。

パトロールに当たっては、ANALOG TWELVEの独自検索ツールによる該当投稿の洗い出しと、沖縄県那覇市に有す『オムニチャネルコンタクトセンター』の監視員による目視を融合させることにより、その企業にとって“リスク”となる投稿への迅速かつ正確な選出をします。

導入コンサルティングと検出ワードなどツール設定を伴う初期費用10万円、投稿数1,500件までの月間常時監視パトロール費用10万円(共に税抜)とし、1年間で20社の導入を目指します。
サービス詳細ページ http://omusubi.analog12.co.jp/service/#socialcommunication2


■オムニチャネルコンタクトセンターについて

2012年3月、沖縄県那覇市内(所在地:沖縄県那覇市久茂地1-7-1 琉球リース総合ビル7 階)開設。

琉球リース総合ビル外観琉球リース総合ビル外観

同年10 月からBtoC 企業向けに、その企業の商品やサービスに関する要望や不満・疑問といった“つぶやき”に能動的に対応することで問題点などを聞き出し解消を図る『アクティブサポート』を開始。
サポート経験豊富なスタッフの採用と、電話やメールによるカスタマーサポートの受託により、体制およびサポートノウハウを構築。2013年3月からは『あんどろっぷヘルプ』(スマートフォンアプリサービス事業者向けユーザーサポート業務代行サービス)を開始。30席、100 名のサポート体制を有し、本年1月より新サービス『ソーシャルパトロール』の提供を開始する。

オムニチャネルコンタクトセンターでは電話・メール・Web・ソーシャルでの顧客問合せを一手に対応するオムニチャネルコンタクトセンターでは電話・メール・Web・ソーシャルでの顧客問合せを一手に対応する



■ANALOG TWELVEについて

会社名 :株式会社ANALOG TWELVE( http://www.analog12.co.jp/
所在地 :東京都千代田区飯田橋4-6-1 東和ビル6F
代表者 :代表取締役社長 赤松隆
設 立 :2008年4月
事業内容:コンテンツプロデュース事業(モバイルを主軸としたコンテンツ企画・開発)
     ソリューション事業(ワンソースマルチプラットフォームを主軸とした企業向けサービス)
     コンサルティング事業(戦略立案・ビジネス/サービス企画)
関連会社:株式会社ヴォーチェ( http://www.voce.ne.jp/


※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ANALOG TWELVE >
  3. 社員やアルバイトの“悪ふざけ”投稿を常時監視する『ソーシャルパトロール』本年1月23日より提供開始