高感度・高画質を実現した、業界最小クラスの車載地デジハイビジョンチューナー「HIT7700」

main image
自動車アフターパーツメーカーの株式会社データシステム(東京都新宿区、荒井弘之社長)は、4チューナー×4アンテナ方式を採用した、業界最小クラスの高感度地上デジタルハイビジョンチューナーを2010年12月15日に発売いたします。家庭に比べて地デジ化が遅れているクルマのテレビも、これがあれば手軽に地上デジタル放送が楽しめるようにできます。
HIT7700は、ハイビジョン出力が可能なD端子出力を装備し、D3以上のD端子入力を持つモニターと接続すれば高精細なハイビジョン映像で地上デジタル放送が楽しめます。
アンテナは最新型のフィルムアンテナを採用、車両の進行方向による影響を受けにくく、広範囲の電波を安定して受信します。
そのほかiPhoneやDVDなど他のAV機器を接続できるAV入力を備え、リモコンで切り替えられるAVセレクター機能も搭載。12セグ/ワンセグ自動切換機能、自動中継局サーチ機能、緊急放送警報対応など、車載用地上デジタルチューナーとして必要な機能も充実させました。

【HIT7700の主な特長】

●業界最小クラスの小型化を実現
受信感度の向上と小型化を両立させた独自の設計技術と、miniB-CASカードの採用により、外形寸法156(W)×92(D)×21(H)mm(突起部含まず)の業界最小クラスのコンパクトサイズを実現。

●4チューナー×4アンテナ方式で、安定した受信
HIT7700は4本のアンテナで広範囲の電波を受信し、独立した4つのチューナーがそれぞれの映像情報の不足部分を補完。高度に合成して出力することにより、電波状況が不安定なクルマの中でも、安定した受信が可能です。また、チューナー部にはシャープ製モジュールを採用し、優れた受信感度と高画質を実現しました。

●高感度フィルムアンテナを採用
世界トップレベルのアンテナメーカー原田工業とのコラボレーションにより、360°全方位受信を実現した最新型高感度フィルムアンテナを採用。L字形状のアンテナは、車両の進行方向による影響を受けにくく、電波を安定して受信します。また、狭い場所でも配線しやすいスリムタイプのアンテナケーブルを採用。

●ハイビジョン出力が可能なD端子出力を装備
一般的なRCA(ピン)端子出力に加え、ハイビジョン出力が可能なD端子出力を装備。D3以上のD端子入力を持つモニターと接続すれば、高精細ハイビジョン映像で地上デジタル放送が楽しめます。

●AVセレクター機能を装備
3.5φ4極ミニジャックAV入力を1系統装備。iPhoneやDVDプレーヤーなどのAV機器やゲーム機をHIT7700に接続することができ、地上デジタル放送とAV入力をリモコンで簡単に切り換えて楽しむことができます。

●自動中継局サーチ機能搭載
受信中の放送局のエリアを外れても、電波状態の良い別の中継局を自動的にサーチし、切り換えを行なう自動中継局サーチ機能を搭載。移動中でも常に最良の受信状態をキープします。

●12セグ⇔ワンセグ自動切換機能搭載
12セグ放送の電波を受信しにくい状況になった場合、より受信範囲が広いワンセグ放送へと自動的に切り換えます。12セグ固定・ワンセグ固定も可能。

●見やすい番組表・字幕表示
電子番組表や現在視聴中の番組の字幕・番組情報を表示することが可能です。
小さな画面でも見やすい、大きな文字を採用しています。

●安心の緊急警報放送(EWS)対応
大地震、津波などの災害発生時に発信される緊急警報放送(EWS)に対応。緊急警報放送が発信されると、緊急警報放送開始を伝えるメッセージが表示されます。

●小型&薄型リモコン付属
手にフィットして使い易い小型&薄型のリモコンを付属。HIT7700のすべての機能を手元で簡単に操作できます。

●純正ステアリングスイッチでHIT7700のチャンネル切り換えができるオプションを用意(別売) ※適合車種のみ
HIT7700の受信チャンネルを純正装備のステアリングスイッチから切り換えすることが可能になる、便利なアダプターHOP001Aを別売オプションで用意しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社データシステム >
  3. 高感度・高画質を実現した、業界最小クラスの車載地デジハイビジョンチューナー「HIT7700」