新型「マツダ アクセラ」を「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」に出展

「魂動」デザインを全面採用した新型「アクセラ」、「CX-5」、「アテンザ」を特別展示

マツダ株式会社は、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」において、「マツダ 魂動デザイン フィロソフィー展示」ブースを出展します。展示車両は、11月21日(木)発売予定の新型『マツダ アクセラ』、「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」となります。この3車種は、生命感と品格をあわせ持つマツダの新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面採用したモデルです。展示期間は10月18日(金)から10月27日(日)を予定しています。
main image

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013(トウキョウ ミッドタウン デザイン タッチ)」において、「マツダ 魂動(こどう)デザイン フィロソフィー展示」ブースを出展します。展示車両は、11月21日(木)発売予定の新型『マツダ アクセラ』、「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」となります。この3車種は、生命感と品格をあわせ持つマツダの新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面採用したモデルです。展示期間は10月18日(金)から10月27日(日)を予定しています。


新型『アクセラスポーツ 20S Touring L Package』

マツダの前田 育男(まえだ いくお)執行役員(デザイン本部長)は、「マツダデザインの考え方は、『クルマに、命を与える』ことです。それは、クルマを、単なる機械として向き合うのではなく、命あるものとして手掛けていきたいという思いです。我々アーティストは、自分たちが創る作品により、人と機械という関係を超えて、まるで愛馬と心を通わせるように、乗る人とクルマの関係を、よりエモーショナルなものにしたいと考えています。その為の造形を追求し続けるのが、マツダの『魂動』デザインです。この想いが具現化されたクルマが一同に揃うこの機会に、ぜひマツダデザインの美しさを感じていただけますよう、会場に足をお運びください」と述べています。


【イベント概要】
イベント名: Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013 「マツダ 魂動デザイン フィロソフィー展示」
日程: 10月18日(金)~27日(日) ※マツダの出展期間、イベントは11/4(月)まで開催
場所: 東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア 東京都港区赤坂9丁目7-1
展示車両: 「魂動」デザイン全面採用車3車種4台
・新型「アクセラスポーツ 20S Touring L package」
・新型「アクセラセダン 15S」
・「アテンザワゴン XD L package」
・「CX-5 25S 2013 ANNIVERSARY L package(プロトタイプ)」
参考: 「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」…本年で7回目。東京ミッドタウンのガーデン、ショップ、デザイン施設など、街全体を舞台に、誰もがデザインハンターとなって日常に潜む様々なデザインを探して、触れて、愉しめる多彩なコンテンツをミッドタウン全域で実施。
URL: http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2013/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マツダ株式会社 >
  3. 新型「マツダ アクセラ」を「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」に出展