未来に受け継げる家「新民家」認定を開始

新民家×古民家再築スタート。

この度、平成26年8月25日より新築における持続可能な循環型建築に関して「新民家証明書」を発行するサービスを開始致します。
新民家証明書とは、木の住まい支援協会に認定された「国産自然乾燥材を構造材の50%以上の使用」並びに全古連認定の施工店によって建築され「新民家申請」をされた全古連にて承認された物件が認定物件となります。
改修・リフォーム(再築)に関しては「古民家再築証明書」の発行サービスも同時に開始され全国に広がる古民家鑑定士を始め、伝統再築士所有者( http://hepa.or.jp/credential/dentousaichikushi )による古民家の専門的な改修・リフォーム(再築)が可能となります。
全国古民家再生協会連絡会議(略称:全古連 http://www.g-cpc.org)は全国に広がる一般社団法人古民家再生協会45団体とその会員、連携する専門法人6団体にて構成される会議体であり、日本に元来受け継いで来られた「持続可能な循環型建築」を世の中のスタンダードにする為に、様々な活動を全国にておこなっております。



この度、平成26年8月25日より新築における持続可能な循環型建築に関して「新民家証明書」を発行するサービスを開始致します。



新民家証明書とは、全古連に登録する木の住まい支援協会にて承認された「国産自然乾燥材を構造材の50%以上の使用」並びに全古連認定の施工店によって建築され「新民家申請」をされた全古連にて承認された物件が認定物件となります。認定物件に関しては、「新民家証明書」ならびに使用木材等の「50年後買取証明書」を発行致します。



また、改修・リフォーム(再築)に関しては「古民家再築証明書」の発行サービスも同時に開始され全国に広がる古民家鑑定士(厚生労働省認可財団法人職業技能振興会認定資格)を始め伝統再築士(一般社団法人住まい教育推進協会認定資格 http://hepa.or.jp/credential/dentousaichikushi/ )所有者による古民家の専門的な改修・リフォーム(再築)が可能となります。



この活動を通じ、次世代に持続可能な循環型建築が世の中のスタンダードになることを願っています。



○全国古民家再生協会連絡会議 ⇒ http://www.g-cpc.org

◯新民家×古民家再築 ⇒ http://www.g-cpc.org/topics/1785.html

◯伝統再築士 8/23 東京開催 ⇒ http://hepa.or.jp/credential/dentousaichikushi/




【お問い合わせ先】

事務局:一般社団法人住まい教育推進協会愛媛事務局

担当:藤田 〒791-8042 愛媛県松山市南吉田町2821−4 A505

電話:089-968-7723 FAX:089-968-7787 HP:http://www.hepa.or.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人住まい教育推進協会 >
  3. 未来に受け継げる家「新民家」認定を開始