夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015『PLAY × PRAY』第二夜」を開催!

エンターテインメントの第一線を走り続け、40年以上のキャリアを誇る「夏木マリ」が、2015年11月19日(木)、世界文化遺産である清水寺[経堂]にて、「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015 『PLAY×PRAY』 第二夜」 を開催。パフォーマンス集団MNT(マリ・ナツキ・テロワール)と共に創り上げる「印象派」から派生したパフォーマンスと、清水寺・執事補 森清顕氏の声明とのコラボレーションで文化奉納いたします。

エンターテインメントの第一線を走り続け、40年以上のキャリアを誇る「夏木マリ」が、2015年11月19日(木)、世界文化遺産である清水寺[経堂]にて、「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015 『PLAY×PRAY』 第二夜」 を開催。パフォーマンス集団MNT(マリ・ナツキ・テロワール)と共に創り上げる「印象派」から派生したパフォーマンスと、清水寺・執事補 森清顕氏の声明とのコラボレーションで文化奉納いたします。

2015年春には自身初となる全国18カ所のライブハウスツアーを完走し、還暦を過ぎてなお輝き続ける「PLAYER-表現者」夏木マリ。彼女がライフワークと位置づけ、自己表現の探求の場として心血を注いでいるコンセプチュアルアートシアター「印象派」では、身体能力を極めた芸術表現を確立。2009年には、パフォーマンス集団MNTを立ち上げ主宰し、ワークショップを通じて後進の指導にも力を注いでいます。夏木マリとMNTが創り上げる「印象派」は、夏木自身がプレイヤーとして、フィロソフィー、エネルギーといったものを身体言語として奉納するパフォーマンスです。

2014年秋、同会場にて『PLAY×PRAY』を行い、世界中の愛と平和を祈ると共に、文化の奉納、そして支援活動「One of Loveプロジェクト」の一環としてパフォーマンスを捧げました。

2020年に日本で開催される「東京オリンピック・パラリンピック」の顧問に任命された夏木マリが未来のパフォーマンスを見据えた上で、今こそ本格的に日本で文化を根付かせたいとの想いから、日本文化象徴の地である“京都”にて本年も文化の奉納をいたします。この素晴らしい体験を毎年継続的に行うことにより、日本の文化に寄与していきたいと考えています。


「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015 『PLAY×PRAY』 第二夜」 概要
■日時:2015年11月19日㈭  / 19:30 - (30分予定)
■会場:音羽山 清水寺 [経堂] 京都市東山区清水1丁目294
■料金:清水寺拝観料のみ
※場内に募金箱を設置し「One of Loveプロジェクト」の支援へ繋がるお気持ちを募ります。


One of Loveプロジェクトとは...
音楽とバラで、途上国の子供たちの教育環境、そしてその母親でもある働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動です。継続的に途上国を支援し、子供たちの健全な教育と地域の振興を支えていきたいと考えています。
また、労働者が誇りを持って仕事に従事出来るよう、生活基盤の向上を目指します。
詳しくは公式WEBサイトをご覧ください。http://www.oneoflove.org

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MNS TOKYO >
  3. 夏木マリ、世界文化遺産「清水寺」にて文化奉納「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2015『PLAY × PRAY』第二夜」を開催!