世界初! 抗ウイルス加工繊維搭載マスク "カテプロテクター"の発売へ

新カテキン技術”CateProtect加工不織布フィルター”がSEK 抗ウイルス加工マークを取得!

世界中で高まる感染症の対策に新提案

昨今の国内及び海外でのウイルス流行において世界的に抗ウイルス材料のニーズが高まっております。このニーズに応えるため、この度株式会社プロテクティア(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:内田 国克、以下 プロテクティア)の開発した不織布フィルター”CateProtect加工フィルター”が、(一社)繊維評価技術協議会(JTETC)の新規格である”SEK 抗ウイルス加工マーク”を取得致しました(認証番号 UK04A15)。抗ウイルス加工フィルターを用いた世界初のウイルス対策マスクを2015年6月22日より販売を開始致します。今後も多くの抗ウイルス製品開発を続けて参ります。


【「ここ一番のマスク カテプロテクター(抗ウイルスマーク)」の商品概要】
ここ一番のマスク カテプロテクターはマスク第2層目に、(一社)繊維評価技術協議会(JTETC)の定めた規格である抗ウイルス加工マーク※の認証を受けた抗ウイルス加工フィルターを用いた世界初のマスクです。

[ここ一番のマスク カテプロテクター商品概要]
発売日   : 2015年6月22日
URL     : http://www.protectea.co.jp/当社販売サイト すごいカテキンの研究所、Amazon、楽天サイトなど
 

 

 

SEK抗ウイルス加工マークは繊維上のウイルスの数を99.9%以上減少させ、(抗ウイルス活性値3.0以上)、且つ人に対する無刺激性や高い安全性等、厳しい試験をクリアした繊維にのみ与えられる新しい認証マークです。

[SEK抗ウイルス加工マーク 認証内容]
認証機関:      (一社)繊維評価技術協議会(JTETC)
認証内容:      抗ウイルス加工
認証番号:      UA04A15
剤名    :      天然有機系(カテキン)
加工部位:      マスク第2層

【新カテキン技術CateProtectの概要】
近年、新型インフルエンザなど様々な感染症伝播への対策が必要とされており、新たな機序によって広範なウイルスに直接作用する感染予防部材の開発が急務となっています。そこで、プロテクティアは、大阪大学産業科学研究所の開發 邦宏 特任准教授が研究していたカテキン(EGCG)誘導体に着目。大阪大学発の産学連携ベンチャーとして、その研究の実用化に取組み、新カテキン技術『CateProtect』を開発しました。
(特許 第5270954号 外国特許出願中/登録商標 第5604421号)

<1.ウイルスに直接作用する優れた抗ウイルス機能>
天然カテキンに脂肪酸をハイブリッドさせた『CateProtect』は、ウイルスの膜に対して、天然カテキンの約40倍以上優れた作用を示します(ウイルス種によってその効果は異なります)。

<2.黄色ブドウ球菌をはじめ、幅広い菌に抗菌機能を発揮>
黄色ブドウ球菌、大腸菌、肺炎桿菌など、幅広い細菌に対しても効果を確認しています。また、近年問題視されている薬剤耐性菌に対しても効果を確認しています。

<3.カテキンをベースにした高い安全性>
『CateProtect』は、天然由来成分をベースにした安全性の高さが特長です。原末における経口毒性、変異原性、皮膚刺激性及び皮膚感作性は確認済みです。

■会社概要
商号      : 株式会社プロテクティア
代表者   : 代表取締役社長 内田 国克
所在地   : 〒567-0085
大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-15 彩都バイオインキュベータ201
設立    : 2010年6月
URL      : http://www.protectea.co.jp/
事業内容: 感染症対策部材の研究開発、製造、販売(カテキン誘導体を利用した各種製品の研究開発、製造、販売)、化合物、技術シーズに関する受託合成、分析、評価

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社プロテクティア
担当:田中
Tel:072-657-7816  E-Mail:info@protectea.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プロテクティア >
  3. 世界初! 抗ウイルス加工繊維搭載マスク "カテプロテクター"の発売へ